« (2.5.2) 人類衰亡史序説 ロシア その3  悪夢が続いている。 | トップページ | (2.5.4)  人類衰亡史序説 イスラエル その1 コロナと戦場のはざまで »

(2.5.3) 人類衰亡史序説  ネット環境 その1 テレワーク元年の試行錯誤

V22517_022

 私の家のネットワーク環境は、WiMAXの無線を使用しているのだが、このところ回線スピードが極端に悪くなってきた。しかも何回も回線ダウンが起こるので、ブログを記載しているときはイライラが募る。
回線スピードの低下は最近になってからだが、どうやらサラリーマンがテレワークに入ってこの回線を使用し始めたからではないかと疑っている。

 WiMAXを使用する以前はNTTの光回線を使用していた。とてもスムーズに画面が切り替わり、回線ダウンなどはほとんど起こらなかった。しかし問題があり、回線使用料が高いのだ。NTTの光回線の使用料が7000円で、これにヤフーのプロバイダー料3000円が加わり、毎月1万円の出資になっていた。
私が現役でまだ金回りがよかったころは、「何はともあれ品質重視だな!!」などと鷹揚に構えていたが、年金生活になり家計経済に余裕がなくなってくると、「品質より費用のほうが重大だ!!」などという気持ちになってしまった。Wimaxはプロバイダー込みで4000円で済む。

 意を決してNTTをやめ、WiMAXの無線に変えたのがほぼ2年前になる。変えてみてわかったことは、WiMAXはNTTの光に比較してかなり遅く、しかもしばしば回線ダウンが起こる。そのたびに立ち上げるのだが立ち上げに数分かかる。
やはり安いだけのことはある、だてにNTTに使用料を払っていたわけではないか・・・・
安い以上は納得しなければならないと、遅さや回線ダウンはあきらめていた。

 ところがここにきてWiMAXのスピードがいちだんと遅くなり、しかも従来以上に回線ダウンが発生しはじめた。
くそ、安倍首相がテレワークを推進したため、私のネットワーク環境が悪化し始めた
テレワーク環境を整備するのに普通の人はNTTを使用するはずだが、私のように貧しいものは高品質で高価なNTTより、それよりか低品質で安価な無線(WiMAX)を使用し始めたようだ。

 しかし客観的に見て業務で無線を利用するのはどう見ても適切でない。第一私のパソコンのようにしょっちゅう回線ダウンが発生しては瞬時に情報のやり取りができなくなるし、最もひどい場合は打ち込んだデータが一瞬のうちに消えてしまうこともある。
私は何回かブログを書いている途中で、この回線ダウンに遭遇し、書いた記事が雲散霧消した経験が何度もある。
そうなると再び記事を書き直す気力が失せてしまい、半日ぐらいの時間をおかないと再び気力が蘇らない。

 実際テレワークで無線を利用している人の実態はどうなのだろうか。作成したデータが消失して地団駄踏むことはないのだろうか。テレワークといっても回線一つをとってもどれを選ぶかで生産性が全く異なるし、パソコンも安価なものはCPUやメモリーに制限があるから、どのパソコンを使用するかも重要な選択になる。
今年はコロナの影響で思わぬところでテレワーク元年になったが、環境を業務に耐えられるように整えるにはかなりの試行錯誤が必要だろう。

|

« (2.5.2) 人類衰亡史序説 ロシア その3  悪夢が続いている。 | トップページ | (2.5.4)  人類衰亡史序説 イスラエル その1 コロナと戦場のはざまで »

評論 人類衰亡史 世界経済」カテゴリの記事

コメント

上記エントリー拝読。
インターネット回線トラブルによるデータ消滅の苦いご経験のご紹介がありました。
入力済み内容を自動的に保存する機能があります。この設定により、入力済み内容の大幅な消滅の回避が可能です。
Google検索にて「ワード」ファイルの場合の設定方法として下記箇所がありました。ご参考まで:
https://www.google.com/search?hl=ja&sxsrf=ALeKk02Ps2Gcok8iBpE_nMr5GATuMppPKw%3A1588549636175&ei=BFivXt-jCpvfmAXhjZ3YBQ&q=%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%80%80%E8%87%AA%E5%8B%95%E4%BF%9D%E5%AD%98&oq=%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%80%80%E8%87%AA%E5%8B%95%E4%BF%9D%E5%AD%98&gs_lcp=CgZwc3ktYWIQAzIECAAQHjoECCMQJzoGCAAQBxAeULIvWLedAWCTsQFoCnAAeACAAXmIAZ0OkgEEOC4xMJgBAKABAaoBB2d3cy13aXo&sclient=psy-ab&ved=0ahUKEwjftZbG8JjpAhWbL6YKHeFGB1sQ4dUDCAs&uact=5

投稿: おゆみ野四季の道 新の一読者 | 2020年5月 4日 (月) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (2.5.2) 人類衰亡史序説 ロシア その3  悪夢が続いている。 | トップページ | (2.5.4)  人類衰亡史序説 イスラエル その1 コロナと戦場のはざまで »