« (2.5.4)  人類衰亡史序説 イスラエル その1 コロナと戦場のはざまで | トップページ | (2.5.6)  人類衰亡史序説 コロナ その 2 コロナ戦役の勝者はだれか »

(2.5.5)  人類衰亡史序説 日本 その15   新しい生活様式

23522_027

 安倍首相が緊急事態宣言5月31日まで延長することに伴って「新しい生活様式」を国民全体が身につけるよう要請している。
新しい生活様式」とは耳慣れない言葉だが、歴史的に見ると大きなパンデミックの後にはそれまでの生活様式が崩れ、新たな時代が始まっていることがわかる。

 西洋では中世末期にペストが大流行し、人口の約3分の1が死に絶えてしまった。人々は教会に集まり主に対し救いを求めたが、そこは3蜜状態でますます感染者が増え、神父も次々に死んでしまったためローマカソリックの権威は衰え、神の国だった中世が終わってしまった。その結果神の国から国王の国に様変わりし、人々は神よりも国王に忠誠を尽くすようになった。

また、第一次世界大戦のスペイン風邪では約5000万人の死亡者が出たが、戦場がヨーロッパだったため第一次世界大戦の戦死者1600万人を加えた国民が主としてヨーロッパからいなくなってしまった。その結果覇権はヨーロッパからアメリカに移ってしまい、今に続くアメリカナイズされた生活様式が主流になった。


 さて今回のコロナウイルスによるパンデミックで我々の生活様式はどのように変わるのだろうか。最も大きな変更点は人々が家や小さな共同体にとどまり人との接触をできる限り避けようとすることだろう
社会的距離の2m以内は基本近づかないほうが良いとされるのだから、従来の握手や抱擁や名刺交換はできなくなる。買い物も混雑が予想されるのでスーパーやコンビニにはできる限りいかないようにし、その代わりアマゾン等の宅配に頼るようになる
仕事はテレワークが主体になり、重要なのはネットワーク環境とパソコン等のリテラシーになる。
医者に行けばコロナにうつる可能性が高いため、在宅診療がこれも主体になっていきそうだ。
学校もクラスターの温床になるので、テレスタディが主体になり、子供は家に一日中いるため主婦のストレスがたまるだろう。

 旅行は旅行先がどのような情況か把握が困難だから、海外旅行は基本的にしなくなるので、飛行機に乗る人がいなくなりクルーズ船も岸壁に停留したままになるだろう。その代りバーチャル旅行が大流行になり人々はバーチャル用メガネをかけてはアラスカや南極旅行を楽しむはずだ。
健康のためのトレーニングはスポーツジムのような3蜜は避けられ、もっぱらサイクリングやマラソンをそれも一人ですることになりそうだ。
打ち合わせや懇談等は直接会うことは避けられ、もっぱらスカイプ等のネットワークでされるだろう。

 こうした生活様式は当初はコロナが収束するまでと考えられているが、ワクチン製造が軌道に乗り治療法が確立するまでには3年程度はかかると見なければならないから、この新しい生活様式はかなり継続することになる。
そしてこれが重要なことだが人々は新しいこの生活様式になれるにしたがって、3蜜を避けて人々はバーチャルでしか会わない生活に徐々に快適さを感じてくるはずだ。
うるさい上司や、宿題をしないと立たせる教師もいないなんて、天国だ!!!

 すでにアマゾン等の宅配業者は業績を伸ばし、学校や予備校はインターネットでの授業に切り替わり、医者はネットワーク診療に変えようとしている。人と会うのは本当にやむ負えない時だけで「こうしてじかにあうのは何年ぶりかね!!」などという会話が飛び交うだろう。
人々は家庭や狭い共同体の中でのみ生活するようになり、他県からの自動車が来ると徳島県の一部住民がしているように追い出しにかかるだろう。

 コロナ後の新しい生活は、人との触れ合いを最小になるようにすべて設計され、今までのグローバリズムという言葉がむなしく響き、人々は家とその周辺しか動こうとしないから、まさにローカリズムの世界となる。

そうした生活習慣に当初は戸惑うが、人々は徐々にその世界になれてくるだろう。



|

« (2.5.4)  人類衰亡史序説 イスラエル その1 コロナと戦場のはざまで | トップページ | (2.5.6)  人類衰亡史序説 コロナ その 2 コロナ戦役の勝者はだれか »

評論 人類衰亡史 日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (2.5.4)  人類衰亡史序説 イスラエル その1 コロナと戦場のはざまで | トップページ | (2.5.6)  人類衰亡史序説 コロナ その 2 コロナ戦役の勝者はだれか »