« (2.4.21) 人類衰亡史序説 アメリカ その7 原油価格がマイナスなんて!! | トップページ | (2.4.23)  人類衰亡史序説 治療薬 その1 アビガンがんばれ »

(2.4.22)  人類衰亡史序説 北朝鮮 その4   金正恩氏の重病説

23423_034

 このところコロナ関係以外のニュースはニュースでないような感度だが、アメリカCNNが報じた金正恩氏重病説には思わず目が釘付けになった。
内容は心臓の手術を受け現在重病の状態だというものだが、金一族は金日成も金正日もいずれも心臓病で死去しているから、「とうとう金正恩も家族病にかかったか」と一瞬思ってしまった。

 金正恩氏といえば北朝鮮で唯一のデブであり、他の人民はがりがりにやせ細っており、「われら人民の望みは一度でいいから首領様のように太って死にたい」という何とも涙ぐましい望みだ。
金正恩氏は極度の肥満で高血圧、糖尿病、心臓弁膜症、足底筋膜炎といった様々な疾患を抱えており、そのどれもが命取りになってもおかしくないほど症状は悪化しているといわれている。

 金正恩氏の今回の病気については他に足底筋膜炎が悪化し14年に手術をした足を再度手術をしているという情報もある。一方韓国政府は「そうした兆候は一切ない」とCNN情報等一切を否定している。

米軍が傍受している北朝鮮軍部の通信についても特段の異常は見られないということだから、病気であったとしても重篤な病状でない可能性が高い。

 

 そもそも金正恩氏の重病説が出たのは15日の北朝鮮最大の祝日日の太陽節金日成主席の誕生日を祝う祝日)につねに金正恩氏は幹部一同を引き連れて参拝していたのに、今回は参拝しなかったことによる。

太陽節という最大の行事に金正恩が出られないのは、やはり重病だからだ・・・・・・」という憶測が世界中に駆け巡った。


 北朝鮮では金正恩の個人独裁体制が確立していて、重要な案件はすべて金正恩の決定を必要とするから、重病人になってしまえば北朝鮮の政治がマヒしてしまう。
最近は妹の金与正氏が前面に出ることが多く、アメリカや韓国を口汚くののしっていたが、なにか金与正氏が次の後継者なのだろうかと思わせるような行動だ。

 北朝鮮情報については今一つ訳の分からないことが多く、北朝鮮で蔓延しているはずのコロナ感染についても対外的には全く感染者はいないとうそぶいているし、トランプ大統領が「金委員長からよい手紙を受け取った」とアナウンスメントした後で北朝鮮当局者は「最近わが指導部からどんな手紙も送っていない」と否定するコメントが出される始末だ。
何が起こっても驚かないようにしておくのが、北朝鮮に関しては最も妥当な態度だろう。

 

 

 

|

« (2.4.21) 人類衰亡史序説 アメリカ その7 原油価格がマイナスなんて!! | トップページ | (2.4.23)  人類衰亡史序説 治療薬 その1 アビガンがんばれ »

評論 人類衰亡史 北朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (2.4.21) 人類衰亡史序説 アメリカ その7 原油価格がマイナスなんて!! | トップページ | (2.4.23)  人類衰亡史序説 治療薬 その1 アビガンがんばれ »