« (2.4.25)  人類っ衰亡史序説 EU その1 崩壊のはざまで | トップページ | (2.4.27) 人類衰亡史序説 地方空港 再び存続の危機 »

(2.4.26) 人類衰亡史序説 北朝鮮 その5  隠されていた真実  

22419_036

 ついに北朝鮮が隠ぺいしてきた北朝鮮におけるコロナウイルスの蔓延状況が明らかになった。北朝鮮は今もWHOに対し感染者も死亡者もいないと豪語しているが、中国と最も人民の往来が激しい北朝鮮に感染者がいなければ、世界中に感染者など一人もいないはずだと笑いの種になっていた。
今回韓国の脱北者団体が入手した北朝鮮内部の幹部向け情報によると、「疑いのある感染者数は約5万、死亡者数は267人」だという。
感染者数は人口割にすればほぼイタリア並みで、これは地理的関係と人の往来の激しさからすればかなり妥当な数字だが、死亡者数の267人はいかにも少ない。

 感染者数が多いイタリア、スペイン、フランスの例では致死率は10%を越えているから、その比率から言うと北朝鮮の死亡者数は約5000人程度にならないとおかしい。
北朝鮮の医療状況は世界最悪レベルで、金正恩氏や党幹部だけは十分な医療を受けられるが、一般人民は体力だけが病気に打ち勝つすべてだ。
しかも北朝鮮の食糧事情は極端に悪く、金正恩氏が人民の食糧のほとんどを食べて異様に膨らんでいて、一般人民はがりがりに痩せこけている。
当然免疫力などないも同然でいったんコロナに襲われるとほとんどが死に絶えてしまうだろう。

 在韓米軍の指揮官が先に「1か月程度北朝鮮軍の通常訓練がなされておらず、これはコロナとの関連があるはずだ」と述べていたし、また金正恩氏が首都ピョンヤンを意図的に避けて東部の海岸地帯の保養地にいるが、これなどもコロナがピョンヤンで蔓延していることの例証になりそうだ。

 実際にコロナの蔓延が幹部報告の通りで、北朝鮮がその事実を認めれば韓国の文大統領としては人道支援を名目に北朝鮮に大量の医薬品や食料を送れる。しかし北朝鮮はそうした事実を一切認めないから人道支援をしたくても名目が立たない。

これを機会に南北朝鮮の統一ができるのに・・・・・・・」文大統領としては歯がゆい限りだろう。

 しかし北朝鮮がコロナ感染を一切認めないことは世界平和にとっては実に喜ばしいことだ。

東京を火の海にする」と絶叫していた北朝鮮軍が、コロナで兵士が兵舎で寝込んで動けなければ火の海にすることは不可能だ。さらに金正恩氏もコロナ怖さに別荘から一歩も出られず逼塞しているし、北朝鮮経済はガタガタに崩壊しているから、戦争どころでなくなる。

 

 

 私は前からある国家や文明が崩壊した原因は感染症の蔓延にあるのではないかと疑っていた。例えばある都市で感染症が蔓延すればそこに住んでいる人々の唯一の生き残り策はその都市を捨てることだから、多くの過去の見捨てられた遺跡群は感染症によって滅亡したとの仮説が成り立つ。

感染病による文明の興亡史というテーマは実に魅力的なテーマで、何とか研究したいと思っていたが、今回のコロナウイルスの蔓延で多くの都市や国家が崩壊したならば、目の前でこの仮説が実証できることになる。

 特に北朝鮮は他国との国境を閉ざして純粋培養のようにコロナにおかされているのだから、このままいくと他国からの支援もなくひたすら衰亡するはずで実にこのテーマにふさわしい末路を向かえてくれそうだ。

 

 

 

 

|

« (2.4.25)  人類っ衰亡史序説 EU その1 崩壊のはざまで | トップページ | (2.4.27) 人類衰亡史序説 地方空港 再び存続の危機 »

評論 人類衰亡史 北朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (2.4.25)  人類っ衰亡史序説 EU その1 崩壊のはざまで | トップページ | (2.4.27) 人類衰亡史序説 地方空港 再び存続の危機 »