« (2.3.30)  人類衰亡史序説 日本 その10   公債依存度36%の不思議 | トップページ | (2.4.1)  人類衰亡史序説 日本 その11 東京厳戒 緊急事態宣言前夜 »

(2.3.31)  人類衰亡史序説 自動車業界 その1 そして車が売れなくなった。

Dscf5445

 私はほぼ10年前に自動車を使用することをやめた。移動はもっぱら自転車で半径10km以内ならば他のどの乗り物より早く到着できる。雨が降ったり大きな荷物を運ぶときは確かに自転車では役不足だが、そうした場合は娘に自動車を出してもらっている。
今では自動車の運転方法もすっかり忘れてしまった。

 20世紀は自動車の時代で、だれもがスピードが出ていかにもスタイルがよく、さらに燃費の良い車を求めてモーターショウに大挙しておしよせていた。21世紀に入っても新たに中国市場で爆発的に自動車が売れたため2017年までは右肩上がりだったが、2018年から販売が前年度を割り込むようになった。理由は世界最大の中国市場で自動車が売れなくなったことだが、これは中国経済がピークアウトした年と一致する。
この低迷は19年も続き、そして20年になるとほとんどパニックと言っていいほどの販売台数の低下に見舞われている。

 もちろん原因はコロナウイルスの蔓延で、当初はサプライチェーンが崩壊したため生産台数が減少していたが、今では需要が世界中で冷え込み、武漢ウイルスの発生源である中国では2月が▲80%、1~2月通算で▲42%となっており、ほとんど売れてないといっていい。
またドイツや日本でも2月の販売台数は▲10%、韓国が▲20%でアメリカだけが+8%だったが、3月に入りアメリカでもコロナウイルスが蔓延しているのでとても増加は見込めない。

 3月の統計はまだ出ていないが惨憺たるものになることは確実で、世界が国境線で区切られ、イタリアやスペインでは厳格な外出禁止令が出され、世界中が自国に閉じこもり、さらに家に閉じこもっている現状で自動車を購入しようにも販売店は閉まっている
アメリカのトランプ大統領やブラジルのボルソナロ大統領はウイルスより生産の低下を危惧し、特にボルソナロ大統領は「コロナはインフルエンザと全く変わりがないのだから、外で働け」とはっぱをかけているが、その呼びかけに応ずる国民はいない。
世界平均の致死率が4%程度でワクチンも治療法もなく、唯一有効な処置は酸素吸入器で肺に酸素を送り込むことだけだから、酸素吸入器がほとんど存在しないブラジルで大統領の指示に従うのは死を意味すると国民は思っている。

 もはや生産どころではなくまた食料品と医薬品以外の不必需品は人々は購入を控えるように言われ、一般の販売店が軒並みしまっているのだから必需品以外は購入することもできない。世界中が家に引きこもって静かにコロナが過ぎ去るのを待っているが、この状況はペストに襲われた中世のヨーロッパにそっくりだ。


 自動車産業はどこも生産量を抑え始めており、今後どこまで需要が減少するか見極めることもできず、トヨタでさえ金融機関に1兆円の借入枠を設定し資金が枯渇した時のラストリゾートにしている。
18年より自動車産業は構造不況に陥っていたが、コロナウイルスの世界的蔓延はそれにとどめをさした。経営基盤の弱い自動車メーカーは統合等で生き残りを図るだろうが、多くの最近できたばかりの電気自動車産業はつぶれていきそうだ。
ひところ中国で電気自動車の開発が喧伝せられ、未来の自動車産業は中国がリードするといったような宣伝がなされていたが、今はむなしく響く。

 自動車産業は世界最大の自動車王国になっていた中国経済が急ストップしたのだから、もはや楽観的な展望を描くことは不可能だ。自動車産業が産業のメインであった時代が今終わりつつある。

 

|

« (2.3.30)  人類衰亡史序説 日本 その10   公債依存度36%の不思議 | トップページ | (2.4.1)  人類衰亡史序説 日本 その11 東京厳戒 緊急事態宣言前夜 »

評論 人類衰亡史 業界 自動車業界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (2.3.30)  人類衰亡史序説 日本 その10   公債依存度36%の不思議 | トップページ | (2.4.1)  人類衰亡史序説 日本 その11 東京厳戒 緊急事態宣言前夜 »