« (2.2.3) 人類衰亡史序説 韓国 その2 | トップページ | (2.2.5) 人類衰亡史序説 韓国 その3 »

(2.2.4) 人類衰亡史序説 中国 その3

Dscf6364

 おそらく中国当局者としてもこれほどコロナウイルスが蔓延するとは予想してなかったろう。
4日現在患者数は2万名を超え、死者は420人を超えた。2003年のSARSの患者数と死者をはるかに凌駕している。
習近平主席も「初期対応に間違いがあった」と述べたが、中国当局の初期対応はいつも隠ぺいである。

 例えば奇病が発生した場合、当局はインターネットでの検閲を強化してそうした奇病に関する情報を遮断する。もちろんメディアにはかん口令を引く。そうしておいて患者を隔離病棟に押し込んで奇病が蔓延しないような措置をとる。病死したらそっと火葬をして家族には当面知らせない。
これが中国当局の一般的な初期対応だが、こうした措置で奇病が終焉すれば万々歳だが、時に今回のようなコロナウイルスだと、蔓延のスピードが速すぎて当局の隔離政策が後手に回ってしまう。

 そうなるとインターネットではなく口コミで奇病のうわさが蔓延し、パニックが発生する。中国人も自分の命が惜しい。当局はこの段階になって初めて奇病の存在を明らかにするが、患者数も死者も過少に発表し、特に人から人への感染はないと虚偽情報をだす。これで収まればいいが患者数も死者も増大して地方当局の手に負えななると、隠しきれず初めて党中央が知ることになる。
地方幹部は蒼白になり「党中央に迷惑をかけた」と平謝りだが国民に対する謝罪はない。自分の出世がこれでおしまいとの喪失感だけが地方幹部の脳裏に宿る。

 現在コロナウイルスは武漢市とそこに隣接する黄岡市を中心に猛威を振るっていて、中国当局は武漢や黄岡を封鎖してしまった。道路も鉄道も航空路も封鎖のため市民はこの両市から一歩も外に出られない。
ちょうど第二次世界大戦でナチスドイツに包囲されたレニングラードのようになっている。
食料も医療品も十分でなく、医療体制はウイルスの蔓延に追いつかない。武漢(人口1100万)のような大都市ならそれでも病院が整備されているが黄岡市(人口750万)のような田舎都市にはまともな病院はない。
医療現場は戦争中の野戦病院のようで怒号が飛び交っていてもどうにもならない。

 今習近平政権は全力でコロナウイルスの封じ込めを行うと世界にアナウンスしているが、アメリカをはじめオーストラリアやニュージイランドやシンガポール等は中国人の入国を拒否している。また中国人でなくても14日以内に中国滞在した外国人の入国を認めない。
世界中がコロナウイルスに過剰反応しているのだが、自国でコロナウイルスが蔓延したらその対応が大変だから過剰反応であってもリスク管理の基本(最悪を想定するということ)で致し方ない面もある。

 今回武漢や黄岡の地方幹部の将来はなくなったが、習近平体制も世界的にメンツをなくしてしまった。中国人であれば世界中から締め出されているのだから、メンツが生きがいの中国人にとって、これほどの恥辱はない。
今は党中央の命令で外国旅行も国内旅行も基本的にできなくなり、北京やその他の大都市の目抜き通りには人影もなくなった。生産活動も春節が終わっても再開できない。再開して人が集まれば今以上の蔓延が危惧されるから、工場も商店もドアを閉めたまま逼塞している。

 日本への観光客もここ1か月で40万人もキャンセルが発生しホテルはガラガラになり観光客相手の商店は悲鳴を上げている。だが中国人に国内でウイルスをまき散らされ、日本も中国並みにウイルスが蔓延するようなことになったら東京オリンピックの開催もできなくなる。
今はただコロナウイルス騒ぎが収束するのを待っているだけだが、まいにち患者数は増加し死者も増加して収束のめどは全く立っていない。

 今回のコロナウイルス騒動で世界が認識したことがある。中国はその経済や軍事が突出していても公衆衛生の面では後進国だとの認識だ。アフリカ諸国のエボラウイルス並みの対応に世界中がびっくりしている。大国の条件はただ単に経済と軍事だけではない、公衆衛生や文化といったその他の機能も重要で、そうしたものがそろってトータルとして大国だが、中国はひどく偏った大国もどきだ
中国経済は完全にマヒし、中国進出企業は工場や商店の再開ができない。当面は春節後1週間の休業だが、その先の見通しも定かでなく上海総合指数は8%あまり急落した。中国人民銀行は約18兆円の資金を市場に供給したがその効果もさだかではない。
中国が昇り龍だった時代は今回のコロナウイルスの騒動で収束するだろう。まさに第二次世界大戦のガダルカナルやスターリングラードに匹敵する大事件だ。


|

« (2.2.3) 人類衰亡史序説 韓国 その2 | トップページ | (2.2.5) 人類衰亡史序説 韓国 その3 »

評論 人類衰亡史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (2.2.3) 人類衰亡史序説 韓国 その2 | トップページ | (2.2.5) 人類衰亡史序説 韓国 その3 »