« (2.2.27)  人類衰亡史序説  コロナ その1 | トップページ | (2.2.29)  人類衰亡史序説 イラン その1 »

(2.2.28)  人類衰亡史序説 韓国 その6

Dscf6418

 やはり天罰というものはあるようだ。悪行国家韓国に今天罰が下されている。
コロナウイルスの蔓延は日を追ってひどくなり、ついに韓国の感染者数は2000名を越え、死者は13名になっている。
ひところ韓国は日本のコロナウイルス対応を揶揄して「日本は衛生先進国の面目が丸つぶれだ」とか、クルーズ船の患者数をことさら日本の患者数にカウントして「日本は新型ウイルスの震源地」だとはしゃぎまわっていたが、今その言葉がそのまま韓国に返されている。

 コロナウイルスは中国から世界に拡散しているがその中で際立って患者数が多いのが韓国だ。日本はクルーズ船を加えても1000名程度だからその二倍で、しかも毎日のように韓国の患者数が増大しているのでこの先どこまで拡大するかわからなくなっている。
文大統領はいつもは日本バッシングをして祝杯を挙げていたが、そんな余裕は消え失せた。もはやパンデミックという状態だが、感染源は韓国によくある新天地イエス教会という一種の秘密結社のような団体の信者から始まった。

そこの熱狂的な女性信者がコロナウイルスを疑われ病院に入院していたが、ウイルス検査を拒否しさらに病院を抜け出して教会のミサに参加した。

主のみ心により、ウイルスはたちどころに退散する。アーメン」本人は病院より信仰心のほうがコロナウイルスを撃退すると確信していたが、実際はミサに参加した他の教会員に爆発的にウイルスが拡散してしまった。信仰心よりウイルスのほうが強力だったわけだ。

こうして韓国は教会のあった大邱市を中心に毎日500名近い患者が新規に発生し、文大統領としては、いつもの「あほな日本の感染症対応」という常套句すら忘れてしまうほど頭に血が昇り、今はすることなすことすべて後手にまわっている。

 

  現在、韓国経済は米中の貿易摩擦で自慢の輸出が19年度10%程度マイナスになり、現代自動車は中国からの部品が届かないため操業を再開してはまた停止するという自転車操業だし、サムスン等の半導体企業の営業利益は19年度半減してしまった。
経済状況は最悪で本来は経済活性化対策を最優先にしなければならないが、そんな余裕はどこにもなくコロナウイルスが文大統領の頭にとりついている。

 しかしそれは日本に対する悪行を重ねたことの天罰なのだ。文大統領をはじめ韓国の歴代大統領がしてきたことは、韓国の窃盗団が日本から仏像を盗むと「それは倭寇によって日本に略奪されたものだから韓国のものだ」と窃盗団を英雄扱いし、また従軍慰安婦問題ではいもしなかった従軍慰安婦(売春婦は多数いた)で、10億円の基金を設立させたものの、すぐに文大統領は「これではオモニのこころははれない」といって基金を解消してしまった。

日本から略奪する金額は10億なんてはした金じゃない・・・

さらに日本がユネスコに申請した「明治日本の産業革命遺産」では「朝鮮労働者を搾取した工場なので認めるわけにいかん」とユネスコと一緒になって日本にクレームを付けた。
最近では徴用工問題で韓国最高裁裁判所とグルになり、新日鉄等の資産を差し押さえ競売にかけると脅している。
日本に対してこうした悪行の数々をしていて、「日本に対しては何でもいいからケチをつけ引きずりおろせ」と叫んでいたが、そうした行為が永遠に続くと思うのは浅はかだ。

 日本政府も毅然として求償権問題は解決済みと突っ張ったが、さらにコロナウイルスが日本に味方した。山崎経済研究所の山崎所長がイエズス会のロドリゴに「韓国の悪行を主に伝えて罰してほし」と頼んでいたが、天の最後の審判が下され、韓国にコロナウイルスの惨禍をもたらすことになったという。
こうして悪行国家韓国は地獄の業火に見舞われているが、すべては自業自得というよりほかに言葉はない。

 

(別件)塾の生徒1名募集中

 

 私は現在3名の高校生の学業の指導を行っているのだが、そのうち1名は3年生で晴れて希望の大学に入れたので、3月以降は2名になる。

自宅でマンツーマンで教えるのだが、この方法だと教えられる人数は3名が限界で、それ以上の生徒をとることができない。

今回1名が卒業したので新たに一名の枠が空いたので生徒を募集することにした。
高校生でも中学生でも構わないのだが、中学生であれば全教科、高校生の場合は数学と物理と化学基礎を主体に教えている。

 高校生の場合は現在一年生で、数学や物理が理解できなくなって困惑している生徒が一番望ましい。高校の授業でまず挫折するのがこの数学と物理で中学時代成績が優秀だったが高校に入ったとたん、落ちこぼれ状態になってしまった学生は実に多い。
おれ(わたし)は馬鹿になってしまったのか・・・・・・」などと落胆してひどい場合は学校に行きたくなくなり、登校拒否の状態になる。
実は私も高校時代数学と物理が理解できず、「これじゃ、私立しか入れないじゃないか・・・・」などとひどく悩んだものだ。

 

 今私が数学や物理を教えられるのは社会人になってから数学や物理の再トレーニングをしたからで、今思えば良き指導者さえいればこうした学科も訳なく理解できたはずだととても残念に思う。
私が今高校生に数学と物理を教えるのは、自分の悲しい過去があるからで、私がそうであったような落ちこぼれ高校生を一人でも救いたいからだ。
おそらく私の指導を受けて再生すれば一生の行幸と感じることができるはずだ。人生で二度とない機会と思ってほしい。

 中学生の場合は今からばっちり指導し、本人にそれなりの素質さえあればどの高校でも大学でも入れる。一年生であれば向こう5年間も指導の機会があるのだから、十分な時間がある。中学生の場合はできれば大学は千葉大を狙ってほしい。ここ千葉県では千葉大に入るのが一つのステータスシンボルで本人に熱意さえあれば可能だ。

 以下に具体的な塾の条件を記載する。

1.日数(毎日教えているので連日でも構わないが、本人の希望に沿う)
2.時間 6時から9時半まで(開始時間は相談に応ずる)
3.送り迎え 女子の場合は必須、男子は自由(この条件だとおゆみ野界隈でないと実質的に無理)
4.特に教えてほしい学科(本人と相談して決める。短期トレーニングも可)
5.費用 当初は無料で教えていたが、教材費等がかかったりして持ち出しになるので、現在は月1万円を実費として徴求している。
6.1か月程度のおためし期間を設けることも可(互いの相性があるので取りやめも可)

 希望者はこのブログのコメント欄かメールアドレスを使用して連絡してください。
メールアドレス yamazakijirou1@gmail.com

  最近はもっぱら衰亡論を掲載しているが、私自身も73歳になって社会的活動ができるのはあと7年程度と思っている。子供に勉強を教えるのは私の最後のこの社会に対するお勤めと認識している。

 



 

|

« (2.2.27)  人類衰亡史序説  コロナ その1 | トップページ | (2.2.29)  人類衰亡史序説 イラン その1 »

評論 人類衰亡史 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (2.2.27)  人類衰亡史序説  コロナ その1 | トップページ | (2.2.29)  人類衰亡史序説 イラン その1 »