« (1.6.17) 最後の仕事 医学部入学希望の児童を1名募集 | トップページ | (1.6.19) 無能な野党の言上げ 年金で不足する分はだれでも自助努力だ!! »

(1.6.19) すべての国が日本化し、人類がはびこる時代が終わろうとしている。

Dscf5184


 世界が急速に日本化しつつある。日本は1990年のバブル崩壊後約20年にわたって成長がストップし、その後安倍総理のアベノミクスによって1%前後の成長に戻ったが、そうした低成長が世界の趨勢になりつつある。
なぜ世界経済が低成長になるかといえば、成長する必要性がなくなってきたからだ。
日本が最も典型的だが、日本の人口は世界最速で減少し、昨年度は40万人も減少した。大都市が一つ消えた勘定だ。さらに人口比率は65歳以上の高齢者が約3割を占めており、さらに加速度的にこの比率は増加しつつある。

 考えても見てほしい。人がいなくなり残ったものが老人ばかりになってそれでも経済が成長するなどということはありうるだろうか。私は北海道が好きで夏になると北海道を旅するが東部や北部の村落では毎年のように人が減り、そこに住んでいる人の寿命がその集落の寿命である場所がいくらでもある。
北海道だけでなく私の住んでいる千葉県でも、都市はともかく山村部の人口減少は激しい。私は毎日千葉の中央部の山村地帯に自転車でサイクリングに出かけるが、田畑は耕作放棄され今まであった人家があばら家になるか取り壊されている。そしてキジやイノシシが爆発的に増えており、私の自転車コースの村田川沿いでは毎日のようにキジのつがいを見かける。

 人口減少と高齢化は世界の趨勢であり、その理由は子供を産む理由がなくなったからだ。貧しい社会で農林水産業が主な産業であった時代は子供は重要な働き手であり、子供が多いほどその家族は裕福だった。しかし産業構造の変化で子供が働くことがなくなり、一方子育てには莫大な費用が必要となると、子供はタダ馬鹿高いだけの消費財になってしまった。
世界旅行するのと子供を育てるのとどちらがいいだろうかという選択問題になっている。

 子供がかわいいのは幼児の時だけで、成長すると「うるせい、いつ産んでくれと頼んだ!!」などと減らず口をたたくし、学業やスポーツや音楽ができて将来性があれば親としてはうれしいが、ほとんどの子供は親の期待を裏切るばかりで「こんなことなら子供を育てるのではなかった」と愚痴の一つも言いたくなる。
単なる消費財の子供は消費財としての価値がなければ育てる気力も失われる。

 今隣の韓国や中国でも同様の問題が発生しており、子供は結婚せずただ老人ばかりが増加して成長力が急激に失われている。ヨーロッパの先進国も同様でイタリアなどは結婚しないのがトレンドになっている。
子供が少なくなり老人ばかりが増えると、必要なサービスは医療介護だけになってしまう。私もすでに家もあり衣類などはタンスにあふれんばかりだし、食事などは胃が持たれるのでできるだけ少食にしようとしている。教育費などはかかりようもなく時折出る出費は孫の入学祝にランドセルを買うことぐらいだ。
旅行も足腰が悪くなれば控えなくてはならず、自動車など事故と隣り合わせだから乗ることもなくなり、やることといえば四季の道の清掃や草刈や剪定ぐらいで、すべてボランティアだからGDPには何の貢献もしない。

 こうした日本の現状は世界の最新モードであり、社会が裕福になれば必ずそうなる。今まで韓国や中国は「日本の低成長は日本人があほだからだ」などと言っていたが、そのあほの仲間入りを始めると急に「日本の轍を踏むな」の大合唱になっている。だがこれは人類史の必然の流れだから止めようもない。
日本とヨーロッパに特徴的に表れていた低成長の波は中国や韓国にもあらわれており、じきに東南アジアのタイやマレーシアにも伝搬するだろう。
まだ成長余力がある大国はインドぐらいで、インドの成長が終われば人類の傾向的縮小が決定的になる。

 産業革命以降の爆発的な人口増大が終焉し、ひたすら老人ばかりの世界になれば、だれもが成長などということは言わなくなり、GDPが死語になる日がやってきた。
田園は再びキジやイノシシの天下になり、山村は秩父山中花の後先のむつおばあちゃんが植えた桜やあんずの木が花を咲きほこる。
私は人類だけがはびこる20世紀という時代を苦々しく思っていたから、21世紀に入り先進国で人口減少が始まったことを実に喜ばしいことだと思っている。
人口がどこまで減少して他の種との共存が可能になるかは未知数だが、いづれにしても人類種だけがはびこる時代の終焉は喜ばしいことだ。

 

 

 

 

 

 

|

« (1.6.17) 最後の仕事 医学部入学希望の児童を1名募集 | トップページ | (1.6.19) 無能な野党の言上げ 年金で不足する分はだれでも自助努力だ!! »

評論 世界 文明論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (1.6.17) 最後の仕事 医学部入学希望の児童を1名募集 | トップページ | (1.6.19) 無能な野党の言上げ 年金で不足する分はだれでも自助努力だ!! »