« (31.4.3) 30年度のボランティア活動の報告とカンパの依頼 | トップページ | (31.4.26) 日本の検察制度は時代遅れ  自白至上主義のやまい »

(31.4.8)韓国文大統領の国連制裁破り

20120408_081203_2

 韓国の文大統領が国連制裁決議を無視して、盛んに北朝鮮に石油を供給している。もちろん表立ってすることはできないので、ひそかに韓国船籍のタンカーを使用して公海上で瀬どりという方法で原油を北朝鮮の船舶に移し替えているのだが、この実態を何度指摘されても知らぬ存ぜぬで押し通してきた。
すでに17年度から18年度にかけて韓国タンカーから移された原油は16万トン程度と見積もられ、その回数は27回だとアメリカ政府は認識している。
しかし何度証拠写真を提供しても文政権は韓国籍タンカーを証拠不十分で釈放し、いつまでたっても原油の供給をやめようとしない。

 ついにアメリカ政府は業を煮やし「これ以上白を切るならこっちも考えがある」と証拠写真を添えて韓国政府に迫ったため、いつものように証拠不十分で韓国籍タンカーを釈放するという手段が取れなくなっている。現在釜山港に拘留されているPパイオニア号がそれで、南シナ海の公海上で約4300トンの原油の積み替えを行ったと韓国海上警察が調べているが、もちろん文大統領としてはほとぼりが覚めたら釈放しようとタイミングを狙っている。なにしろ自身の忖度を受けての北朝鮮支援なのだから釈放したいのだが、今回はアメリカ政府も強硬なのでおいそれとは釈放というわけにいかない。

 瀬どりに関して厳しい監視活動をしているのはアメリカと日本だけで、韓国は瀬どりの張本人だからかえって護衛艦を派遣して瀬どり現場を押さえられないように韓国タンカーと北朝鮮のタンカーを守っている。
先月日本の偵察機が現場を押さえようと低空飛行した時、韓国の護衛艦から射撃用レーダーを照射されたのがそれで、韓国としては何としても証拠を握られるのを避けたいためだった。
日本政府が抗議すると「ばっきゃろう、うるせい。先に攻撃用レーダーを照射したのは日本の偵察機で、これは明らかな戦闘行為だ。ばっきゃろう。そんなこともわからないのか!!」などと喚きちらしたが、瀬どりの現場を押さえられないように偵察機を避けさせるのが韓国政府の方針だからだ。

 しかしこのわめきと恫喝作戦は日本には通用してもアメリカには通用しない。文大統領としては不満やるかたないが韓国は実質的に在韓米軍約3万に守られている現実があり、アメリカと正面切って敵対はできない。
仕方なしに海上警察によってしらべさせるというジェスチャーをとっているが、文大統領としては経済制裁そのものに反対なのは行動と会談の端々に本音がのぞいている。

 しかし文大統領のこの国連制裁破りは、文大統領の任期が終了すると反対派勢力から「国家反逆罪」で訴えられ投獄される可能性が高い。韓国の大統領ほど不幸な大統領はなく、誰一人として晩節を全うできない歴史がある。
最近でも朴大統領とその前の李大統領が逮捕されて裁判にかけられており、終身刑や死刑といった信じられないような重罰を言い渡される可能性が高い。
韓国人ならだれでも行う近親者による汚職だが、失職したとたんに逮捕されるのだからたまったものではないだろう。

 だがそうした汚職容疑と異なり現在の文大統領はひそかに国連決議を破って北朝鮮に援助物資を送っているのだから罪はさらに重い。次回の選挙では敵対派が政権を握ることはほぼ確実なので、韓国人特有の意趣返しをされ逮捕投獄されるだろう。朝鮮の歴史を見てみると政争だらけで、反対派が政権をとったとたんにそれまでの主流派が粛清され、この繰り返しで朝鮮人とは過去の恨みを晴らすのが先祖に対する最も重要な供養になっている。
韓国人が何度でも日本の謝罪を要求し徴用工等の裁判をやめないのは、この過去思考によるので日本人にとっては迷惑なことだが、過去思考は日本だけでなく同胞にも向けられいつまでたっても粛清の連鎖をやめない。

 韓国の大統領が政権を離れたとたんに逮捕投獄され終身刑や死刑を言い渡されるのが常態化しているのはこのためで、文大統領の末路も見えてきた。あと数年すれば検察にこづかれながら投獄される文大統領の姿を見ることができるが、過去思考の韓国人としては当然の末路ともいえる。

 

(カンパの依頼)

 今年も親方はベンチの補修を行うと明言しており、徒弟として協力せざる得ません。親方は現在岩手県の宮古で復興作業を行っていますが、月に1度東京に戻り、徒弟二名を叱咤激励してベンチの補修をしております。
緑公園事務所から昨年同様の木材の提供があれば(ただしまだ明確な意思表示は得ておりません)、私として塗装用ステインやねじくぎ等の資材費を集めればよいのですが、そうでないと木材費も集めなければならなくなります。

 毎年のことで恐縮ですが今年もカンパをお願いいたします。また従来は一口3000円でしたが、ここにきて塗装用ステインが倍近い値段になってしまっていますので、申し訳ありませんが一口5000円をお願いしたいと思っています。

・千葉銀行 鎌取支店(092) ・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)
・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852) 

(30年度の決算結果)

収入
   前期繰り越し  3,313
 カンパ   100,000
   合計    103,313

支出
 ステイン等防腐剤・ペンキ 50、484
 草刈陽資材        14,294
 ガソリン          2,900
 ねじ等           3,700
 その他          13,882
 合計           85,260

後期繰り越し        18,053

|

« (31.4.3) 30年度のボランティア活動の報告とカンパの依頼 | トップページ | (31.4.26) 日本の検察制度は時代遅れ  自白至上主義のやまい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (31.4.3) 30年度のボランティア活動の報告とカンパの依頼 | トップページ | (31.4.26) 日本の検察制度は時代遅れ  自白至上主義のやまい »