« (30.11.29) 日本の固く閉じられた扉が、今外国人に開かれようとしている。 | トップページ | (30.12.3) IOCも驚く日本の酷暑 真夏オリンピック開催の馬鹿らしさ »

(30.12.1) 高校生の再生教育を開始する 1名募集

Dscf5912 
  私が子供に勉強を教え始めて7年程度の月日がった。その間のべ11名の子供の指導をしてきたが、今は高校生3名の指導を行っている。うち1名は高校3年生なので大学受験の指導を行っているか、まさか高校3年生まで教えるようになるとは思いもしなかった。
当初は中学生が主体でもっぱら数学を教えていたが、県立高校の受験科目は5教科でいづれも配点が100点なので、受験を突破するには数学だけできてもだめだ。
先生、理科がとても難しくて・・・・・・・・」などと言われるとほっておくこともできないので他教科も自らに特訓を課して県立高校レベルの問題は教えられるようになった。
やれやれ、これで中学生の指導は大丈夫だ!!」安心していたらその中学生が高校生になり引き続き指導をしてほしいという。

 「高校の勉強は数学だけしか教えないぞ!!」念を押したが子供から「化学と物理が難しくて・・・・」などと訴えられるとこれもほっておけないので、50年以上たって再び化学と物理の特訓を自己に課した。半年もうんうんうなれば化学基礎と物理基礎のレベルは指導できるようになり、ついでに生物基礎と地学基礎も特訓したので、センター試験の化学、物理、生物、地学は指導の範囲に入ってきた。
よしこれで理科系の科目なら指導できる!!やれやれだ!!」と思っていたら、今度は英語と国語を指導してほしいといわれてしまった。

 英語については私は古い時代の英語教育を受けてきたので読むことはできても話したり聞いたりするのはさっぱりだ。またいまだに英文法が高校英語で幅を利かせているが、英文法など知らなくても英語は読めるからすっかり忘れている。
また国語の古文や漢文も大学受験以来全くご無沙汰で久しぶりに読んで頭が痛くなった。
だがしかし頼まれれば嫌とは言えない。仕方ないから特訓だ!!
全く大学受験生と同じような立場になって毎日午前中は英語文法や漢文や古文を勉強していたら、昔の記憶がよみがえり始めた。
信じられないかもしれないが私はかつて通っていた高校の実力試験で国語が学年でトップになったことがある。
この高校はこの地区ではエリート校だったから、私の国語の実力は昔は相当なものだったはずだ。

 こうして今では高校生に受験に必要な全科目を教えることになってしまい、「あなたね、これは常識だよ。このぐらいは理解しなきゃ!!」なんて偉そうなことを言っているが、ほんの半年前までは自分でも全く理解できなかったことばかりだから、これは教師としての威厳を保つためのセールストークに過ぎない。

 ところでこの文章を記載したのは来年3月には3年生一名が大学生になるので、もう一人だけ生徒を募集しようと思ったからだ。個人指導の場合は3名程度が限界でそれ以上は無理だ。
中学生でも高校生でもいいが、出来うれば以下のような条件の高校生が最適だ。
中学時代は優等生で著名な高校(この辺では千葉高や千葉東高校あたり)に入学したが、高校での順位が真ん中程度になってしまい、「俺は本当はパーなのではないか・・・」などとおちこみ始めた子供がいい。
こうした高校生はたいていの場合数学や物理や化学でつまずいている場合がほとんどだが、実際はほんのちょっとしたことでつまずいているので、その点だけを指導してやれば再び優等生になれるのがほとんどだからだ。

 実はこの高校生の立場はかつての自分でエリート高校に入ったもののすっかり落ちこぼれたのだが、最大の原因は数学が理解できなくなったことだ
今私は高校数学のレベルなら指導できるようになっているが、これは社会人になってから「なぜ俺は数学ができなかったのだろうか・・・・」と不思議に思いその後暇さえあれば数学の勉強を継続してきたからだ。
原因は受験数学にあって、数学そのものは実に素直な学問なのだが受験数学には独特のテクニックが必要で、そのテクニックを頭に叩き込まなければならないことを知らなかったからだとわかった。

 せっかくエリートと高校に入っても落ちこぼれてはかつての自分を見るようでかわいそうだから、そうした子供の再生工場を作ろうとしたのが、塾をはじめた当初の目的だった。
しかし実際はそうした子供に巡り合うことはなく、実に熱心に勉強をする子供ばかり指導してきたが、来年は当初の目的にあった子供がいたらと思っている。
こうした再生工場は実は短期で行うのが大事で1か月から3か月程度の間にその学校の授業に完全についていけるレベルに戻すのが目的で、目的が達成されたらあとは自己努力するのが望ましい案件だ。
エリート校で落ちこぼれた子供は精神的にいじけている場合が多く、心の再生もしなくてはならないのでかなり難しいが挑戦してみる価値はありそうだ。

短期再生教育の募集条件

・おゆみ野周辺に住んでいること(遠くだととても通うことができない)
・高校1年生で勉強に落ちこぼれだした生徒(高校3年では再生は不可能)
・指導内容は数学か理科系の基礎
・期間は1か月から3か月の範囲(この間で再生が不可能なら無理)
・時間は話し合いによるが基本は毎日7時半から9時半ごろまで
・費用は実費程度はいただく(かつては無料でやっていたが眼病を患ってからは無理に本を読むと眼医者通いをせざる得なくなるのでその費用相当)
・希望者は事前にメールで問い合わせてほしい(このブログのコメント欄でも可)

 

|

« (30.11.29) 日本の固く閉じられた扉が、今外国人に開かれようとしている。 | トップページ | (30.12.3) IOCも驚く日本の酷暑 真夏オリンピック開催の馬鹿らしさ »

ボランティア 教育指導 数学・理科・英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (30.11.29) 日本の固く閉じられた扉が、今外国人に開かれようとしている。 | トップページ | (30.12.3) IOCも驚く日本の酷暑 真夏オリンピック開催の馬鹿らしさ »