« (30.6.7) ライオンの子殺しは必ず起こることを前提にせよ | トップページ | (30.6.29) 西野ジャパンは快挙を成し遂げたけれど・・・ »

(30.6.13) トランプ大統領のディールの失敗。中間選挙を控えて北朝鮮に大盤振る舞い

21523_0331 

 いやはやひどいディールだ。昨日行われた米朝首脳会談のことである。トランプ大統領はディールの達人だと自他ともに認めていたがとんだ食わせ物だった。
今回の共同宣言では朝鮮半島の非核化が声高らかに歌われているが、具体的にどのような方法でいつまでにといった最も肝心のプロセスが一切明記されていない。
簡単に言えば「いつかは非核化をするはずなのでそれまで北朝鮮に援助をする」ということだ。

 金正恩氏としたらこうしたエサで米韓演習の中止韓国や中国の援助が期待できるのだから声高らかに国民に勝利宣言をするだろう。
アメリカは北朝鮮の足下に膝まづいた。すべては金正恩委員長の核とミサイル開発のたまものだ
アメリカはいままで繰り返し強調してきたCVID(完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」の主張を取り下げた。
非核化にも時間がかかる」というのがトランプ大統領の説明だ。

 国家間の交渉では独裁国家のほうが民主国家より交渉上手なのはソビエトロシア時代からよく知られていた。独裁国家ならば何を決めようが反対者がいても銃殺すれば済むが、民主国家では口うるさいマスコミや何事にも懐疑的なインテリが背後で足を引っ張ろうと手ぐすね引いて待っている。
こうしたうるさいマスコミを黙らすには華々しい成果を演出するのが一番で「これでどの大統領もなしえなかった朝鮮戦争の終結を宣言できる」といってマスコミを静かにさせるより手がない。
民主主義国家の首長には何としても華々しい成果がいるので、この点は独裁国家の指導者と全く異なる。

 特にトランプ大統領としたらこの11月に行われる上下両院の中間選挙でもし共和党が負けて民主党が両院を抑えでもしたら、さっそくロシアンゲート事件で弾劾の脅威におびえなくてはならなくなる。
民主党はロシアンゲート事件を黙殺するつもりは全くないから、多数派になれば下院で過半数の賛成と上院の3分の2の賛成で弾劾を目指すだろう。
今まで大統領で弾劾を受けて罷免されたものはないが、ニクソン元大統領は下院での弾劾が成立することが確実になった段階で辞任している。
「ニクソンのわだちだけは踏みたくない。だから何としても選挙に勝たねば・・・」焦ったのだ。

 トランプ大統領のしていることはすべてオバマ元大統領の業績を覆すことばかりだ。TPPから離脱し、イランとの核合意からも離脱し、また国際的な経済の枠組みを次々に壊している。NAFTAなど風前の灯火だ。
しかし11月の中間選挙で敗れてしまえばその段階でトランプ政権は終わりで、今後は議会との協調路線で政権運営せざる得なくなる。特に得意の大統領令も手足を縛られて何も出せなくなってしまうだろう。
だから外交で何としても業績を上げて外交に強い大統領と認めてもらわなければ・・・・

 すっかり焦ったトランプ氏は北朝鮮とのディールを大判振るいした。
何でもしてやるぞ。体制の保証か? もちろんOKよ。在韓米軍の撤退? それも視野に入れておこう。経済制裁? 韓国と中国が実質的に緩和するだろう。だからだから非核化だけはやってくれ!! 段階的でもいいよ
北朝鮮としたらすでに核開発をする資金もICBMを飛ばす資金も底をついてしまったので、当面は何もできない。地下核実験場などは何度も使用したためいたるところに断層ができて、次に核実験をしようものなら放射能が地上に流出してチェルノブイリや福島並みの惨事が起こることが予測される。
どうせ使用ができないなら宣伝に使おう」外国人記者を招いて爆破して得点を稼いだ。

 今回の北朝鮮とのディールはトランプ大統領の負けだ。北朝鮮はしばらくおとなしくして韓国と中国からの経済援助をえて資金が潤沢になれば核開発を再開するだろう。独裁者はいつまでたっても独裁者なのはヒットラーとチェンバレンの和平会議の前例がある。今は浮足立ってお祭り気分でいるが、それが金正恩氏の罠であることに気づく日が必ず来るといっておこう。

|

« (30.6.7) ライオンの子殺しは必ず起こることを前提にせよ | トップページ | (30.6.29) 西野ジャパンは快挙を成し遂げたけれど・・・ »

評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (30.6.7) ライオンの子殺しは必ず起こることを前提にせよ | トップページ | (30.6.29) 西野ジャパンは快挙を成し遂げたけれど・・・ »