« (30.5.24) 日大藩 平成のお家騒動  | トップページ | (30.6.7) ライオンの子殺しは必ず起こることを前提にせよ »

(30.6.1) ブログ休止宣言から一年。私の見通しは当たっていたのだろうか。

20617_0331 

 昨年の6月24日
ブログ休止宣言をしてから早1年が経過した。当初は白内障の手術が今頃までかかる予定だったが、病院を変更して手術を早めにしてもらったため、意外に早くブログの再開ができた。
従来とは異なり毎日書くわけではないがそれでも1週間に1~2回は記載している。

 昨年ブログを休止したときに、1年から数年先の政治経済の見通しを記載しておいたので、その検証をしようと思い立った。自分の能力の検証にも役立つ。
その時の見通しは以下の通りだったので実際との比較を行ってみたい。

(29.6.24の文書)

 なお、最後のブログとして向こう1年から数年先の見通しを書いておこうと思う。
ランダムな記載になっているが許してほしい。

・ トランプ政権と安倍政権は左派メディアや野党の追及をかわして安泰だと思う。
左派メディアはその影響力を低下させておりとても追及するだけの力量がない。

 
これは見通し通りになっている。朝日や毎日は今にも政権が崩壊するような記事を連載しているが、実際は安倍政権は盤石で財務省の森友学園に関する決裁文書改ざんでも大阪地検特捜部は不起訴の決定をした。モリカケ問題は一部左翼メディアと左派政党のマスターベーションと化している。

・小池都政は二つの市場を運営するというが失敗に終わるだろう。今でさえ卸売市場は縮小しているのに二つも運営するとはとても不可能だからだ。


 豊洲市場に娯楽施設を建設する案は小池知事が築地にも娯楽施設を建設すると表明したため、万来倶楽部がへそを曲げ撤退声明を出したため、大騒ぎになっている。最近小池知事は五輪後に万来倶楽部が進出する基本合意ができたと公表したが、万来倶楽部の本心は築地の再開発の内容を見てからであり、自らまいた種で小池都政はダッチロールを繰り返している。

・韓国経済は急進左翼政権の下で完全に崩壊する。相変わらず従軍慰安婦問題ばかり持ち出して日本非難の大合唱だけは収まることなはい。

 
文政権は南北会話にこぎつけて現在は有頂天になっているが、これはすべて米朝会談の結果に左右される。話し合いが決裂すれば地獄、成果が出れば天国で今のところはどちらに転ぶかわからない。

・中国経済は統計官だけの力量で大躍進しているが、粉飾決算と海外投資の焦げ付きで身動きがとれなくなる。東芝と全く同じだと思えばイメージがわく。

 
中国経済の高成長が終わったことは誰の目にも明らかになっているが、相も変わらない統計の粉飾が終らない。これは共産党一党独裁の下では報告者と評価される人物が同じであるため永遠に繰り返される詐術だ。中国の統計を信用するなどということはマムシを手で握ってもかまれないと思うほどに馬鹿げている。

・イギリスのメイ政権はEU からの離脱も残留もできず漂流する。イギリス経済は低迷したまま上向くことなない。

 
何ともさえないままイギリス経済は推移している。このままの生殺しの状態がいつまでも続く。

・安倍首相は改憲に成功して歴史的宰相になる。

 
これについては改憲の機運が今はしぼんでいる。いつ復活するかは今のところ未定。

・北朝鮮が暴発する前にアメリカ軍の限定的空爆が行われ、ミサイル基地と核施設の爆破が試みられる。北朝鮮は対抗して韓国や日本に向けミサイルを発射するが限定的な損害しか発生しない。

 
この見通しは完全にくるってしまった。互いに今はブラフを用いながらも米朝会談を目指しているが、アメリカが北朝鮮の完全非核化を求めているのに対し、北朝鮮は朝鮮半島の非核化(したがってアメリカ軍の撤退)を求めているので合意は難しいだろう。
またたとえ合意したとしてもイラン並みの玉虫色の合意になる可能性が高い。
話し合いが行われている間は限定戦争はないので当面戦争はない。


・世界経済は完全に頭打ちになり、成長の時代が終わる。GDP の上昇
は金融緩和さえすれば伸びる不動産と株式とビットコインといった投機物件でのみの上昇となるだけだけだろう。

 
表面的には先進国も成長しているように見えるが、実際は浮利を求めての経済活動で資本主義文明が活力を亡くしたのは確か。

・日本は観光大国になりいたるところで民泊事業が花盛りになる。1000万戸近くの空き家があるのは日本ぐらいだから民泊こそ景気浮揚の起爆剤になる。

 
届け出が必要な民泊業者は多くないが、無届の業者が殷賑を極めている。外国人の約10%程度が民泊を利用しており、実際は観光事業は順調に拡大している。

・中国主導のAIIBは開店休業になり、経済は失速し共産党政権の断末魔が迫る。ソビエトロシアの崩壊と同様な崩壊が待っている。

 
AIIBなどまったく機能していない。中国が必要とする軍事基地建設と引き換えのインフラ整備だけが進んでいて、マレーシアの高速鉄道計画もとん挫することになった。


  
 ブログ休止宣言を出してから、変わったことといえば米朝会談がセットされたことぐらいであとはすべて予測の範囲内だった。

|

« (30.5.24) 日大藩 平成のお家騒動  | トップページ | (30.6.7) ライオンの子殺しは必ず起こることを前提にせよ »

システム ブログ ココログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (30.5.24) 日大藩 平成のお家騒動  | トップページ | (30.6.7) ライオンの子殺しは必ず起こることを前提にせよ »