« (30.4.7) 韓国恨みの連鎖 大統領はみんな投獄しろ!!! | トップページ | (30.4.18) 真田幸村朝日新聞の反撃 しかしそれも失敗するだろう »

(30.4.13) 最後の切り札 自転車旅行 前橋まで折り返し320km

Scanbmp


 これで自転車がなかったら私の人生は暗黒だったろうと思う。ほぼ2年ぐらい前から腰痛が再発して、1kmも歩けない。300mから400m程度歩くと腰と足がしびれ、それもしびれだけでなく激痛が走る。
もうやだ、歩くのはこりごりだ
かつてはリックサックを背中に背負ってフランスの巡礼路を歩き回っていたのにこの惨状だ。
私は自動車を持たないから今では移動はすべて自転車で行っている。
幸いなことに自転車では腰痛が出ないのだが、これはかなり思いっきり前傾姿勢をとって乗っているので腰への負担がほとんどないからだ。
やれやれ、これで自転車がなかったら町内すら移動ができないではないか・・・」
自転車に乗れることに心から感謝している。

 先日私の自転車仲間のイエティさんが「山崎さん利根川堤を遡行して前橋まで行ってみないか」と提案してきた。
イエティさんの話では利根川の自転車道路もかなり整備されており快適なライディングができるようになったと、群馬県と埼玉県の土木管理課が発行している「利根川江戸川サイクリングロードマップ」を入手して見せてくれた。
見ると江戸川を遡行し、さらに利根川を遡行すれば渋川あたりまでライディングができそうになっている。
私は江戸川を葛西臨海公園を出発して利根川との分岐点の関宿までは何回も自転車やマラソンでいっていたので知悉していたが、利根川堤は関宿から10km程度さかのぼった埼玉大橋までしか行ったことがない。
ううん、久しぶりにチャリ行をしますか」決心した。

 目的地は前橋市にある天神の湯という温泉と簡易宿泊ができるスパにしたが宿泊費が2000円程度と安いのが魅力だ。距離にしておよそ160km程度になる。
北海道の自転車旅行では一日140km程度走ったのだから160km程度は大したことはあるまい」
4月10日の早朝葛西臨海公園を出発した。江戸川堤60kmは何度も走っているのでルンルン気分で行けたが、利根川堤100kmはかなり苦戦した。
江戸川と異なり利根川では自転車道路用立体交差が一部しかなく、主要道や高速道路を通過するときにひどい迂回をさせられたり、道しるべが少ないためいつのまにか自転車道を見失うことが多かった。
群馬と埼玉の道路管理課は頑張ってはいるが、江戸川の自転車道に比較すると未整備な場所が多すぎるなあ・・

 最後は通る予定だった高碕伊勢崎自転車道を完全に見失い、仕方なしに関越高速道路に沿う下道を通って天神の湯までたどり着いた。
久方ぶりのライディングだったせいか私はフラフラになっていたが、さすがにイエティさんは疲れたそぶりを見せていなかった。
やれやれこれで明日また160km走るのは容易ではないな・・・」思いやられた。

 翌日は前日に地図をよく確認しなかった失敗に懲りて何度も道の確認をしたので利根川自転車道が順調に見つかり、関宿までの100kmはいたって快調だったのだが、そこからが地獄の苦しみが待っていた。
この日(11日)は日本海に強い低気圧が停滞しそれに向かって南からの強烈な風が吹き込んでいた。千葉の最大風速は後で知ったが秒速27mだったという。
関宿からは江戸川はほぼ南に向かって下るためこの暴風といってもよい風の直撃を受けてしまった。
自転車に風は鬼門だ。そこまで100km近くライディングをしていたので足に力が入らないため、風に向かって漕ぎ出せない。
ううん、天はわれらに試練を与えたもうたのか!!!」イエティさんもうなっている。

 時速はそれまでの25km程度から一気に10km~15km程度に落ちてしまった。しかも時間がたつにつれて風はますます強くなってくる。
とても江戸川堤を走る気力を失った。
イエティさん、この下の自動車道を走りませんか。この土手の上では吹き飛ばされてしまう」
堤にそってやや下に自動車道があるのだが、ここは自転車が通るとことを想定していないため、道に余力がなく自動車と競争して走らなければならない。
しかも風の強さは堤ほどではなかったがかなりのもので、しばしばよろけるので後ろの自動車がこの道から慌てて退避していたくらいだ。
あの自転車野郎をいつひき殺すかわからないので他の道を通ろう」そんな具合だった。

 「イエティさん、この道は命がいくらあっても足りそうもないので、自動車道の下の生活道路を走りませんか。あそこなら風が家並にさえぎられているから楽そうだ!!」
一番下の生活道路が最後の切り札になった。住宅に沿ってたしかに生活道路があるのだが、すぐに道はなくなり側溝の上に網やコンクリートが敷かれているどぶ板道路に代わる。
ままよ、江戸川堤では前に進むことができず、自動車道では命の保証がない。どぶ板道路も落ちれば大けがだが注意すれば何とか通れそうだ
江戸川のほぼ20km程度をこのどぶ板の上を走った。

 久しぶりの輪行だったが最後は散々だった。
まあしかし、こうしてけがもせず都合320kmも走れたのだから良しとしよう
イエティさんと安どの気持ちでハイタッチした。


「カンパの依頼 」

 市民の財産は市民が守る運動の一環として昨年に引き続き一人当たり3000円のカンパをお願いできないでしょうか。カンパは塗料、ベンチ補修用資材に使用いたします。

  30年度のカンパ目標を10万円とし、ベンチの補修目標を10基にいたします。

 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです(お礼のメールを出したいため)。

・千葉銀行 鎌取支店(092) ・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)
・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)


なお、おゆみ野クリーンクラブの活動状況については以下にまとめてあります。 http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat45485858/index.html

 

|

« (30.4.7) 韓国恨みの連鎖 大統領はみんな投獄しろ!!! | トップページ | (30.4.18) 真田幸村朝日新聞の反撃 しかしそれも失敗するだろう »

個人生活 自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (30.4.7) 韓国恨みの連鎖 大統領はみんな投獄しろ!!! | トップページ | (30.4.18) 真田幸村朝日新聞の反撃 しかしそれも失敗するだろう »