« (29.12.8) 中東和平など関心がない。勝手に騒いでくれ!!!トランプ氏の決断 | トップページ | (29.12.16) オリンピック道路はないし、選手は競技場に行く手段がない »

(29.12.12) 朝鮮人倭寇の跳梁跋扈が始まった。 松前小島強奪事件

222111_009 

  約600年の時を隔てて倭寇(朝寇)が来襲してくるとは思ってもみなかった。
北海道松前町沖の松前小島に来襲した朝寇のことである。
私は当初松前小島にいたのはいつもの北朝鮮の難破船だと思っていた。舵が折れ燃料がなくなり、食料が尽きて瀕死の状態で日本の沿岸にたどり着くあの北朝鮮籍の漁船のことだ。が、松前小島に上陸した朝鮮人民軍第854部隊所属の漁船は海賊船だった。

 この船が松前小島に上陸したのは11月の中旬らしく海上保安庁の巡視船に発見されて函館港沖に曳航されるまでの約半月間をこの小島で過ごしていたという。
巡視船に発見された時はちょうど逃げ出す準備をして居た時らしく、松前小島の番屋年に50日程度使用する)の電気製品一切、布団等の日用品、それに灯台の発電用パネル等一切合切、金額にして800万円相当の品々を強奪して北朝鮮に帰ろうとしていた時だった。

 先日(8日)曳航されていたこの北朝鮮籍の船が突然エンジンを始動させて、巡視艇のロープ切って逃亡を図ったが、この時初めてこの船が難破船ではなくエンジンも舵も動く海賊船であることが分かった
保安庁の巡視船等とのシップ・チェイスは30分余りだったようだが、まったく運航に支障がないことが分かったからだ。

 おもえば足利義満が明との間で倭寇取り締まりを交換条件に勘合貿易を始めたのは今から約600年前のことだが、皮肉なことに時代が下がるにつれて倭寇の海賊は中国人や朝鮮人のあぶれ者が主体になって、明史においても「倭寇のうち7割は日本人以外だ」との記載がある。
その朝鮮人倭寇が600年の時を隔てて日本の沿岸を荒らしまわることになろうとは夢にも思わなかった。

 だが今回の朝寇は今後始まる北朝鮮の海賊行為の端緒となる可能性が高い。日本人はすっかり平和ぼけの意識下にあり、よもや海賊船が現れるとは思ってもみない。
しかし北朝鮮は今から40年近く前には日本海沿岸から日本人を拉致していたし、今また無人島に上陸して番屋の生活用品一式を強奪している。

 キムジョンウン氏はミサイルと核兵器の開発に血眼になって、国営放送は核兵器で日本を焦土と化すと喚き散らしている。
北朝鮮は一応国家という体裁を繕っているが、実際は日本人を拉致し、家電商品を強奪し、そして日本に核兵器を投下しようと虎視眈々と狙っている世界の中で最も悪質なやくざなのだ。

 こうしたやくざに対抗するにはトランプ氏や安倍首相が行っているように徹底的に干しあげるか、あるいはプーチン氏がIS相手に行ったように、一般住民の犠牲をもろともせず空爆でIS戦闘員を殺戮したようにする以外打つ手はない。
韓国の文大統領は相も変わらず話し合いを主張しているが、そうしたことが無駄なことは今までの北朝鮮政策が実証している。
北朝鮮とはやくざなのだ。かつては日本人の拉致を繰り返し、今度は海賊行為に及んできた。時間のたつにつれこのやくざ行為はエスカレートする。芽を摘むなら今しかないことだけは確かだ。

 


 
 

|

« (29.12.8) 中東和平など関心がない。勝手に騒いでくれ!!!トランプ氏の決断 | トップページ | (29.12.16) オリンピック道路はないし、選手は競技場に行く手段がない »

評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (29.12.8) 中東和平など関心がない。勝手に騒いでくれ!!!トランプ氏の決断 | トップページ | (29.12.16) オリンピック道路はないし、選手は競技場に行く手段がない »