« (29.10.13) 希望の党の支持者離れが始まっている。 安倍首相安泰 | トップページ | (29.10.19) 左翼系メディアの大崩壊 「もりかけ」問題は不発で選挙予想は大外れ »

(29.10.16) ガイア(地球)の逆襲 カリフォルニア、プエルトリコの惨状

060 

  ガイアの反撃
が始まっている。温室効果ガスをいいように排出し反省のそぶりを見せない人類に対する反撃だ。
特に中国とアメリカは温室効果ガス排出国の双璧で全世界の排出量の4割から5割はこの両国のものだ。

 中国は先のパリ協定で「2030年までは増加をするがその後は削減しよう」などといい加減な排出削減計画を提出し、アメリカは当初オバマ大統領が25年までに5年対比約3割の削減を約束していたが、こちらはトランプ大統領がパリ協定からの脱退をこの6月に表明した。
こうして地球の温暖化が進んでおり、1880年から2012年までの間に世界平均で0.85度上昇している。
さらに問題なのはこの温暖化の速度が加速化しており21世紀中には2.5度の上昇が予想されている。

注)パリ協定の欺瞞の詳細は以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-8e57.html

 これだけ地球をないがしろにすればその反撃がないほうがおかしい。
アメリカに限って言ってもハリケーンの規模は毎年のように巨大化し、9月にプエルトリコからフロリダに上陸したハリケーン・マリアはプエルトリコの家屋やインフラをほぼ崩壊させた。
最もトランプ大統領などはプエルトリコをアメリカとみなしていないから最初はその被害状況を無視していたが、マスコミや民主党にせっつかれて災害発生から2週間後に現地に出向いて連邦政府の支援を約束した。
その言葉にトランプ大統領の本音が出ている。
全面的に連邦政府に頼るな。君たち全員の面倒を見るほどの連邦予算はない
そう言って援助物資を群衆に放り投げていた。

 プエルトリコは自治州で多くの白人系アメリカ人はここをアメリカとみなしていないが、今度は金持ちのアメリカ人が多く住むカリフォルニアで大規模な山火事が発生し、ソノマ郡にある街を全焼させていた。すでに焼失した家屋は6000棟に及び38名の死者が出ている。
カリフォルニア一帯は暑く一方で雨量が少ないため乾燥地帯だが、地球温暖化の影響でますます乾燥化が進んでいる。
ここ数日強風が吹き荒れその結果乾ききった木々をこすり合わせたため、同時発生的に山火事が大発生してしまった。
現在9000名の消防隊員が鎮火に努力しているが、風が強まるたびに新たな火災が発生してとどまるところを知らない。

 ハリケーンが巨大になり狂暴化しているのは海水面の温度上昇のためだし、山火事は高温と乾燥のためである。アメリカ下院はプエルトリコとカリフォルニアの災害対策に4兆円の予算を採択したが、こうした災害対策費はアメリカ政府の財政を圧迫している。
アメリカなどは自業自得だからいわば天罰なのだが、問題は温暖化対策に熱心なヨーロッパや日本でもその余波が及んで、毎年のように集中豪雨に悩まされている。
50年に一度だとか、過去に例を見ない豪雨などという言葉が日常茶飯的に飛びまわっている。

 地球全体で見てもバングラディシュのような低湿地帯では大洪水に悩まされ住むことが不可能になりつつあり、スペインやイタリアやフランスといった地球海地方の乾燥地帯では大規模な山火事が常時発生している。
中国では大都市がスモッグに覆われ冬になると生存しているのが不思議なくらいに大気が汚れる。また揚子江沿岸は常時洪水に見舞われており、ここも自業自得といえるような惨状だ。

 ガイアの逆襲が始まっており経済成長の恩恵よりも災害対策費のほうが上回りつつある。ガイアの怒りはすさまじく、アメリカも中国もガイアにひれ伏し経済成長の時代が終わる時期が近づいてきた。

 

|

« (29.10.13) 希望の党の支持者離れが始まっている。 安倍首相安泰 | トップページ | (29.10.19) 左翼系メディアの大崩壊 「もりかけ」問題は不発で選挙予想は大外れ »

評論 世界 地球温暖化」カテゴリの記事

コメント

温暖化による平均気温の上昇は、総エネルギーの増加を意味していますので、気候の振れ幅がより顕著になるんですね。

投稿: たぬき | 2017年10月16日 (月) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (29.10.13) 希望の党の支持者離れが始まっている。 安倍首相安泰 | トップページ | (29.10.19) 左翼系メディアの大崩壊 「もりかけ」問題は不発で選挙予想は大外れ »