« (29.6.12) 在庫変動こそがGDPの最大の構成要素  この馬鹿げた現実 | トップページ | (29.6.14) 小池知事のブーメラン 結局豊洲しかないけれど都民を説得できないわ!! »

(29.6.13) 人間これほど体力が低下するものか。 江戸川堤125km自転車走

Photo 

  いやはや自分の体力がこれほど低下しているとは思わなかった。昨日(12日)、ほぼ2年ぶりに100kmを越す自転車走をしてもう少しでめまいで倒れるところだった。
場所は江戸川堤の日本で最も長いといわれる自転車道で片道60kmある。この自転車道路を葛西臨海公園駅から出発して往復したが、メーターでは125kmになっていた。
今回の自転車走は自転車乗りの相棒のイエティさんと一緒だったが、2年前に北海道東部一周をした自転車仲間だ。

 この日は曇りのち晴れの絶好の自転車日和だったが北風が強く北に向かってこがなければならない関宿までの前半は特に苦しんだ。
自転車になじんだ人は良く知っているが自転車は特に向かい風に弱い
2年間のブランクは何とも致し方なく懸命にペダルを回そうとしたが時速18km程度しか速力が出ない。懸命にこいでもそれ以上のスピードが出ないのだ。
頭がだんだんともうろうとしてくるし、足は棒のようになってくるし、致し方なくイエティさんに休憩を申出でた。自転車乗りは休憩を申し出るのは本当は禁句だ
イエティさん、すまない休憩をしてほしい
葛西臨海公園から25km程度のところに柴又の寅さん記念公園がある。そこで一息ついてようやくめまいが収まった。

 それ以降も30kmぐらいの間隔で休みをお願いしたが、当初は利根川と江戸川の分岐点の関宿を越えて利根川をさかのぼり東北新幹線の橋が架かっているところまで行くつもりがとても気力と体力が切れてしまった。
体力低下に陥ったのは2年前の北海道自転車旅行の後眼病の原田病が再発しその後は基本として激しい運動は控えていたからだ。
マラソンレースへの参加は取りやめ登山も行わずそして長距離の自転車走もやめていたが、かつては平気で100kmを越えていた自転車走が全く不可能になるほど体力低下をきたしていた。

 イエティさんは今年再び北海道の北部の自転車走をするという。
山崎さん、一緒に行かないか」誘われたがさすがに躊躇した。
体力の低下だけならトレーニングで回復できるが、白内障が進んでいたため白い物体の識別が非常に困難になっている。
今回も自転車道のところどころに設置されている車止めが白いペンキで塗られていると遠くからでは全く見えない。そばにちかずいて初めて車止めの存在に気が付くのだが危険この上ない。
イエティさん、今回は遠慮するよ。目を完全に治したらまた一緒にいこう
とても残念だったが断った。

 帰りは追い風になり時速23km程度まで出た。行きと帰りの速度の差の5㎞は風による効果のせいだ。
これじゃ自転車なんてたこと同じじゃないか
時間的には9時間程度の自転車走だったが、ひどい疲労感があり帰るとと寝込んでしまった。

注)なお前回のイエティさんとの自転車旅行記は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat62786961/index.html

|

« (29.6.12) 在庫変動こそがGDPの最大の構成要素  この馬鹿げた現実 | トップページ | (29.6.14) 小池知事のブーメラン 結局豊洲しかないけれど都民を説得できないわ!! »

個人生活 自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (29.6.12) 在庫変動こそがGDPの最大の構成要素  この馬鹿げた現実 | トップページ | (29.6.14) 小池知事のブーメラン 結局豊洲しかないけれど都民を説得できないわ!! »