« (29.6.22) 中国がこけて日本が白馬の騎士になる。 アセアンとのスワップ協定 | トップページ | (29.6.24) ブログの休止宣言 白内障が進みパソコン画面が見えなくなってしまった!! »

(29.6.23) 既往メディアの凋落と安倍首相のリップサービス

Dscf00481 

 二人の世界史を変えようとしている政治家がメディアとの戦いに勝利しつつある。
一人はトランプ大統領でニューヨークタイムズやワシントンポストの執拗なロシアゲートの追及に物ともしていない。もう一人は日本の安倍首相で、森友学園や加計学園の学園騒動で、朝日や毎日といった左翼新聞の追及をいとも簡単にかわしている。

 20世紀だったらトランプ氏はニクソン大統領のように辞任に追い込まれ、日本でも安倍首相が辞任するところだがどこ吹く風だ。
なぜこのような状況になったかというと新聞や雑誌やテレビといったメディアが急速に存在感を低下させ、大げさに言えばだれもそうしたメディアを読んだり見たりしなくなったからだ。

 特にひどいのが新聞で読売はピークの1000万部から900万部へ、朝日は800万部から650万部へ、そして毎日は400万部から350万部に漸減しており、この傾向はますます速度を増している。
しかも実際は新聞の3割は読まれることもなく廃棄されているから、毎日などを読んでいる人は実質250万人前後に過ぎない。
これは山崎所長のブログの読者とさして変わらないと言ったら言い過ぎだが、一方は一人でブログを作り他方は1万人程度の関係者がかかわっているのだから、偏差値でいったら明らかに山崎所長のほうが上だ。

 雑誌も凋落といってよく文春や新潮をはじめ各社の発行部数は低減の一途をたどり、次第に影響力を失っている。テレビ報道もNHKのニュースウオッチ9のように左派色を鮮明にした報道は視聴者からそっぽをむかれつつあり、7時のニュースが15%程度の視聴率なのに対しニュースウォッチ9は10%前後と低迷している。

 既存メディアの凋落の最大の理由はインターネットの利用者が格段に伸びていて、人はスマホやパソコン検索で必要な情報を得ているからだ。電車に乗っている人を見るとほぼ全員がスマホを覗いており、かつてのように新聞や週刊誌を読んでいる人は皆無といった状況だ。
こうした中で朝日や毎日やニュースウォッチ9のような左翼メディアがいくら安倍首相のネガティブキャンペーンをしても影響力はほとんどない。また、アメリカも同様でニューヨークタイムズやワシントンポストのような左翼メディアをトランプ氏はフェイクニュースといって一顧だにしない。

 最近安倍首相は通常国会終了にあたって談話を発表し「自分の強い口調がいたずらに国会を紛糾させた」と陳謝したが、これはあくまでリップサービスであって、勝利した後の敗者に対するいたわりの言葉で本心は「野党も左翼メディアも蹴散らした」との勝利宣言だ。
メディアが第4の権力としてわが世の春を謳歌したのは20世紀のことだが、これは一般人が自分の意見等を発信する手段がなく、すべてメディアが発信手段を独占していたからだ。そのメディアの独裁が崩壊し、いまは一億総発信者の時代になってメディアの役割は終えつつある。

 21世紀に入り世界は従来の政治家とは異なったキャラクターが出現しており、簡単に言えばメディアに強いキャラクターといえるが、実際はメディアが弱くなったからだ。
毎日新聞が山崎所長に追い上げられるようでは、安倍首相が「丁寧な説明をする」とリップサービスだけでメディアや野党を無視できるのは当然だ。

|

« (29.6.22) 中国がこけて日本が白馬の騎士になる。 アセアンとのスワップ協定 | トップページ | (29.6.24) ブログの休止宣言 白内障が進みパソコン画面が見えなくなってしまった!! »

評論 日本の政治 安倍内閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (29.6.22) 中国がこけて日本が白馬の騎士になる。 アセアンとのスワップ協定 | トップページ | (29.6.24) ブログの休止宣言 白内障が進みパソコン画面が見えなくなってしまった!! »