« (29,6,2) 韓国国防省の準クーデタ 大統領の知らない間にサードが6基になっていた。 | トップページ | (29.6.4) 左派と右派の最後の戦い 前川幸村は大阪城を救えるか!! »

(29.6.3) アメリカがパリ協定から離脱しても、パリ協定の欺瞞が暴かれただけだ!!

Dscf7278 

 トランプ大統領
が温室効果ガス削減を目指したパリ協定から脱退すると表明して世界中のメディアが大騒ぎをしているが、本当は騒ぐほどの問題ではない。
元々パリ協定とはいかさまの妥協によってできた協定で、それまでの枠組(京都議定書による枠組)から外れていた中国、アメリカ、インドといった国々を協定に参加させる目的で、削減の自主目標を出させたものだ。
削減義務はなくまた京都議定書のあった削減未達国に対するペナルティもない。

注)パリ協定が妥協の産物だったことの詳細は以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/ppppp-2.html


 だから中国などは2030年までは温室効果ガスを増大するが、30年以降は削減するといった「これが削減目標か」と思われるような自主目標を掲げている。
世界の温室効果ガスの排出ウェイトは中国が26%、アメリカが16%でこの2か国だけで世界全体の42%を占めていたので、今までは他のEUや日本がいくら頑張っても温室効果ガスは一向に減少しなかった。

 パリ協定とはこうした中国とアメリカを含めるために、自主目標ということで手打ちをし2015年に発効したもので、アメリカのオバマ大統領削減目標を25年までに05年対比26~28%削減すると公約していた。
確かにオバマ大統領だったらこの削減目標を守ろうと努力したろうが、トランプ氏に代わればもともと努力するつもりはないのは明らかだ。だからパリ協定から離脱しようが離脱すまいが守られない目標なのだから、パリ協定からの離脱宣言は単に象徴的な意味しかない。
もともと守る気がなかったが選挙公約だから正式に守らないと宣言する」といっているのだ。

 地球温暖化問題は確かに緊急の課題だが、本当はアメリカの問題というよりは中国問題なのだ。中国が世界の4分の1の排気ガスを放出していてさらに30年まで排出量を増やすと宣言しているがこちらの方が実際は問題が大きい。
中国は「パリ協定を順守する」と大見得を切ったが、元々効果ガス増大計画なのだから当たり前だ。

注)地球温暖化問題は中国問題だということは前にも記載した。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-dcb6.html

 世界中で異常気象が発生しており、北極の氷は解けアルプスやヒマラヤの氷河は後退し、南洋の島国は水没し、日本は異常気象に悩まされている。
この中で最も大きな影響を受けているのは中国で、中国の大都市はpm2.5がまき散らされてマスクなしには外出ができず子供たちは喘息に悩まされている。肺がん患者が増大して中国人は生存の限界に近付いており、それでも排気ガスの増大を止めようとしない。

 結局自分の痛みにならない限り温暖化対策などはどこの国も行おうとしないということで日本でも水俣病や四日市ぜんそくで始めて目が覚めた。
アメリカも大型ハリケーンや竜巻の被害が甚大になってようやくトランプ氏も目覚めるだろうし、中国では北京や上海といった大都市の住民が肺がんで次々に死に絶えてから目覚める問題だ。
それまでは静かに放っておけばいいので最も大きな被害が及ぶのは中国とアメリカとインドなのだから騒ぐ必要などないのだ。


 

|

« (29,6,2) 韓国国防省の準クーデタ 大統領の知らない間にサードが6基になっていた。 | トップページ | (29.6.4) 左派と右派の最後の戦い 前川幸村は大阪城を救えるか!! »

評論 世界 地球温暖化」カテゴリの記事

コメント

トランプ大統領の主張を見ていると、地球温暖化問題はそれをお金儲けや生活の糧にしている政治家や研究者の作り話にも思えてきました。善意につけこむ不埒な輩もいそうで。

投稿: 森田辛口料理研究所 | 2017年6月 5日 (月) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (29,6,2) 韓国国防省の準クーデタ 大統領の知らない間にサードが6基になっていた。 | トップページ | (29.6.4) 左派と右派の最後の戦い 前川幸村は大阪城を救えるか!! »