« (29.4.18) 日本の失われた20年を追う中国 公共投資の大盤振る舞いでかろうじてプラス成長 | トップページ | (29.4.20) 人はなぜ馬鹿げた投資話に騙されるのだろうか。 金融機関に裏口などない!! »

(29.4.19) 自殺者の事故に巻き込まれて死亡した児玉征史氏の冥福を祈る。

21_111 

 これほど痛ましい事故はあまりない。京浜急行八丁畷駅近くの踏切で、男性二人が列車にはねられて死亡した事故のことである。
死亡したのは77歳の老人と、それを助けようと踏切内に入った52歳の横浜銀行の職員児玉征史氏だったが、特に今回の事故が痛ましいのは、77歳の老人が自殺をしようとしていたことを知らずに懸命に救助をしようとして児玉氏が事故に巻き込まれたことだ。

 線路の途中で右往左往している老人を見たら、身体が自由が利かずそのために動けないと思うのが普通だ。児玉氏もそう判断して懸命に線路上から出るように声をかけたが77歳の老人が動かなかったため、実力で線路外に連れ出そうとしたようだ。
もしこの老人が自殺願望でなかったら児玉氏の努力も報われ安全な場所に連れ出せたろうが、不幸なことに老人は死を決心していたため動こうとしなかった。
動こうとしない大人を動かすことはほとんどの場合不可能だ。

 児玉氏は正義感の強い他人にやさしい性格の人だったと同僚が述べていたがきっとそのような人だったのだろう。もし生きていれば横浜銀行にとってもまた地域にとっても有用な人材として貢献できただろうに残念でならない。
えてして立派な人が早世することがあるが、児玉氏はそれにあたる。

 今回の事故死を見るにつけても、自殺者は他人を巻き添えにすることは絶対にすべきでないと思う。日本には昔から自殺をすること容認する考え方があり切腹がその典型例だが、この場合は自己の意思で一人腹をかき切っていくところに美意識がある。
現在は切腹はないが首をくくって一人で死ぬ人は多い。

 自殺にもルールがあり他人を巻き添えにしないこととその死が他人に迷惑をかけないことが基本的ルールだ。
ビルの屋上から飛び降りるなどとは論外で、しばしな通行人が巻き込まれて死亡したりする。 また今回のような鉄道への飛び込みもその後の車両の処理が大変で肉片がこびりついたりして元の状態に戻すまで多大な努力がいるし、事故処理が終わるまでは車両を運転できないので多くの乗客にひどい迷惑をかける。
そして今回のように自殺とは思わないで懸命に救助しようとする人を巻き込んでしまうこともある。

 さらに最近問題なのは自殺ができないので死刑になろうと無差別殺人をする例が後を絶たないことで、全く無関係の人を何人も鋭利な刃物で殺傷したり自動車をぶつける人がいるがこれなども最も忌むべき行為だ。

 今回犠牲になった児玉さんはまだ52歳という若さで通常であればあと30年近くは生き続けるはずだった。そうした人が不慮の事故で死亡してしまうことは返す返すも残念でならない。

(別件)

「カンパの依頼 」

 市民の財産は市民が守る運動の一環として昨年に引き続き一人当たり3000円のカンパをお願いできないでしょうか。カンパは塗料、ベンチ補修用資材に使用いたします。

  29年度のカンパ目標を10万円とし、ベンチの補修目標を10基にいたします。

 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです(お礼のメールを出したいため)。

注)カンパ募集の趣旨等は以下参照してください。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/29330-ddee.html


・千葉銀行 鎌取支店(092) ・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)
・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)

なお、おゆみ野クリーンクラブの活動状況については以下にまとめてあります。 http://yamazakijirounew.cocolog-

|

« (29.4.18) 日本の失われた20年を追う中国 公共投資の大盤振る舞いでかろうじてプラス成長 | トップページ | (29.4.20) 人はなぜ馬鹿げた投資話に騙されるのだろうか。 金融機関に裏口などない!! »

評論 日本の政治 新聞報道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (29.4.18) 日本の失われた20年を追う中国 公共投資の大盤振る舞いでかろうじてプラス成長 | トップページ | (29.4.20) 人はなぜ馬鹿げた投資話に騙されるのだろうか。 金融機関に裏口などない!! »