« (29.3.8) 森友学園になぜ国有地が値引きされて売却されたのか? | トップページ | (29.3.6) FRBイエレン議長の利上げで世界経済は激変 新興国経済は総崩れ »

(29.3.5) 石原元都知事と小池知事とのバトル 判断するのが正しいのか判断しないのが正しいのか!!

22317_0081 

 先日石原元都知事が記者会見を開いたがその老衰しきった姿に驚いた。すでに85歳だから老衰しているのは当然かもしれないが2年前に脳梗塞を患い闘病生活をしていたという。
石原氏が都知事を辞めたのは2012年であれからたった5年しかたっていないがひどい変わり方だ。

 石原氏が記者会見を開いたのは豊洲移転問題100条委員会に招致されることになりいわば罪人のような扱いを受けることに耐えられなくなったからであろう。
それならばこちらから率先して自己の正当性を訴える」老骨を鞭打っての記者会見だった。

 石原氏の主張は「豊洲移転については最高責任者として決定した責任はあるが、専門的なことについて知見がなかったので、都庁の担当者や議会の意見を尊重して決定した」というものだった。
また土壌汚染問題についても「担当の局長が現在の技術レベルであれば汚染対策は十分にできるとの意見だったのでそのように判断した」と述べている。
簡単に言えば大勢に従って妥当と思われる判断をしたということだ。

 今一番の問題となっているのは東京ガスの瑕疵担保責任を78億円としたことの判断の是非で、実際の土壌対策費として900億円程度かかってほとんどが都の費用負担になったことの責任である。
これも「担当の副知事に任せていたので自身では専門的過ぎて判断できなかった」と述べている。
今後100条委員会が開催されても同様な証言をするとみられ100条委員会で何か新たな証言を得ることはできないだろう。

 私は石原都知事の都政にについては、新銀行東京のような明白な失敗はあるがおおむね妥当だったと思っており、今回の豊洲移転についても石原氏が豊洲移転問題を特別に研究していたわけでないので、その時点では致し方がない判断だったと思っている。
現在豊洲移転で紛糾したのは小池都知事が自己の権力を示すために移転に待ったをかけたことから始まったが、その結果豊洲移転はほぼ不可能になり、業者に対する補償金を半永久的に支払うことになってしまった.

  今は豊洲での土壌汚染が問題になっているが、実際は築地市場でも同様な問題があり戦後アメリカ軍のドライクリーニング工場が築地市場に設置されて有機系の洗剤を使っていたので土壌汚染がされている可能性が高い。また小型運搬車の修理工場があって周囲の土壌が汚染されている。
都は一度も汚染調査をしたことがないがこちらも調査を実施すれば豊洲と同様の国の基準を上回る汚染が確認される可能性がある。
小池都知事は「築地市場は上部をコンクリートで覆われているのでたとえ土壌汚染があったとしても問題がない」と説明したが、それなら豊洲市場もコンクリートで覆えば問題がなくなることになる。

 反対にたとえ豊洲をコンクリートで完全におおっても問題があるのなら築地市場も同様だ。
石原元都知事が「現在の豊洲移転の混乱は小池知事に責任があり、解決不能にした責任は重い」という趣旨の発言をしていたが、どこにでも問題はありそれをいかに処理して事業を前に進めるかが行政の責任で、まったく100%問題がないような案件はこの世に存在しない。
私が小池氏の都政に不満なのは他人がした欠点をコトアゲすることはするが自らの責任でモノを決しようとはしないことで、こうした態度はいずれ墓穴を掘ると予想している。
石原元都知事の言う判断しないことの責任問題が発生するだろう。


 

 

|

« (29.3.8) 森友学園になぜ国有地が値引きされて売却されたのか? | トップページ | (29.3.6) FRBイエレン議長の利上げで世界経済は激変 新興国経済は総崩れ »

評論 日本の政治 小池都知事」カテゴリの記事

コメント

人が全知全能になることは不可能だから 専門家に任せることじたいは全く問題ない 下手に素人が判断することの方が危険
この問題に関しては小池知人の落ち度だと思う

投稿: 焼肉食べたい | 2017年3月 5日 (日) 08時16分

小池知事の姿が、この頃、鳩山前首相に被ってきました。

投稿: ken | 2017年3月 6日 (月) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (29.3.8) 森友学園になぜ国有地が値引きされて売却されたのか? | トップページ | (29.3.6) FRBイエレン議長の利上げで世界経済は激変 新興国経済は総崩れ »