« (29.3.3) 大統領特別顧問コンウェイ氏の名言傑作集 アメリカから資本主義文明の成果が消えつつある!! | トップページ | (29.3.5) 石原元都知事と小池知事とのバトル 判断するのが正しいのか判断しないのが正しいのか!! »

(29.3.8) 森友学園になぜ国有地が値引きされて売却されたのか?

 2333_004

 森友学園への国有地売却問題
についてはだんだんとその全容が明らかになってきた。なぜ9億5千万の土地が8億円も減額されたかの問題である。
民進党が「国会議員が介在しなければこのようなことは絶対におこらない」といって追及していたが、自身が国会議員だから内実はよく知っている。
実際に国会議員による口利きはいたるところであり、私も金融機関の現役時代に経験している。

 詳細は記載できないがある組合に対し私が預金運動をしたところ、当時自民党でも大物といわれていた議員から、「あんたのところでは組合に預金を強要しているがこれは大蔵省の通達に違反している。配慮がなければ大蔵省に通知する」という趣旨の電話が私の上司にかかってきて、上を下への大騒ぎになってしまった。金融機関は大蔵省にことのほか弱かった。

 今回の案件も国有財産の管理は財務省近畿財務局、小学校の認可権限は大阪府にあって、国会議員は直接何ら関係ないのだが口利きと称する介入がしばしば行われる。現在明らかになった国会議員は自民党の鴻池参議院議員で森友学園の籠池氏がわかっているだけで13回も鴻池議員に陳情に行っており、その結果鴻池議員が口利きを行っている。

 小学校の開設にあたっては前もって用地取得が前提で、大阪府は用地がなければ小学校開設の許可は出せないという立場だったし、一方近畿財務局は小学校の用地であるという公共の使用がはっきりしなければ払下げしないという立場だった。
籠池理事長としたら「卵が先か、鶏が先か」の問題となり、どうにも突破できなくなって鴻池参議院議員に泣きついたということのようだ。

 最初に面会したときには鴨池理事長が持参した手土産は商品券だったらしくこれを鴻池氏は突き返しているが、政治家としたら当然だ。
初めて会った海のものとも山のものともわからないような人物から商品券や金品を受け取ったらあとで何になるかわからない。週刊誌に投稿されて議員を辞職しなければならなくなることもあるから、初対面のものからそうしたものを受け取ることは絶対にしない。
相手を十分観察しもらっても外部に漏れないことを確認するまでは受け取らないものだ。

 最初の面接は失敗だったがその後何回も陳情しており、どうやら裏の取引が成立したらしくその後積極的に鴻池議員は籠池氏のために口利きを繰り返している。
そして最後は9憶5千万円の評価の土地が約1億5千万円に値引きされたのだが、この土地の評価というものも実際はかなりアバウトな金額だ。

 これも私が金融機関の職員の時に経験しているが不動産鑑定士に土地の評価を頼むと、鑑定士の方からどんな目的で評価してほしいのかを聞いてくる。
融資をしたいのだが、今の評価では担保不足になる。昨今の不動産価格の値上がりを考慮して○○円程度の評価になればいいのだが」などと言っておくと必ずそのような評価になったものだ。
友達の不動産鑑定士に直接聞いた話では「土地価格などというものは顧客の要望に応じていかようにも評価するものさ」と言っていたので笑ってしまった。
近畿財務局としても土地の値段をそのようなものと認識していたのだろう。

 現在会計検査院が検査に乗り出しており、この国有地売却が適正なものであったか否かの調査を行っている。
どう見ても適正だとの判断は出そうもないのでその時の関係者の処罰が問題になるが、どのような経緯で値引き交渉がされたのか確かに興味が尽きない。


 

|

« (29.3.3) 大統領特別顧問コンウェイ氏の名言傑作集 アメリカから資本主義文明の成果が消えつつある!! | トップページ | (29.3.5) 石原元都知事と小池知事とのバトル 判断するのが正しいのか判断しないのが正しいのか!! »

評論 日本の政治 森友学園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (29.3.3) 大統領特別顧問コンウェイ氏の名言傑作集 アメリカから資本主義文明の成果が消えつつある!! | トップページ | (29.3.5) 石原元都知事と小池知事とのバトル 判断するのが正しいのか判断しないのが正しいのか!! »