« (28.12.21) ガソリン需要はじり貧 石油元売り各社はどうしたら生き残れるか? | トップページ | (28.12.23) オリンピック闘争の第二幕 誰が膨らんだ経費を負担するか? »

(28.12.22) 資金が海外に逃げている。 「中国人には愛国心がないのか!!」習近平氏の嘆き

2414_012

 何をそんなに慌てふためいているのかと思うほどのドタバタ対応である。このところの中国政府と中国人民銀行中央銀行)が行っている人民元の防衛策である。
ここにきて海外投資の送金上限約6億円500万ドル)に制限して一件審査にし、旅行者が使用する銀聯ぎんれん)カードの一日当たりの使用限度を約7万円に制限した。
また銀聯カードの新規発行も停止してしまうありさまで、もはや何でもありの状況になっている。
それでも人民元安は続いており、1ドルに対し7元を超える直前まで来ている。

 中国企業は海外投資をここ数年実に積極的に行ってきており、そのほとんどがM&Aでアメリカやドイツでは自国先端企業の防衛に躍起となっているほどだ。
しかし確かにそうしたハイテク企業を狙ったM&Aもあるが、実際はほとんどがM&Aを偽装した資金の海外移転である。

 中国では習近平氏のトラ退治が今も続いており江沢民派の企業はいつ査察が入るかわからず夜も眠れない日々が続いている。
今まで汚職で蓄えた資産はがっぽりあるが中国国内で使用すればすぐに汚職摘発の網にかかるため、資金を何とかして海外に移し習近平氏の網の目から逃れないと何のために汚職をしてきたのかわからない。

 中国では海外への資金送金は貿易に絡むものと海外投資に絡むものしか原則認められていないから、このM&Aを偽装した資金移動がしばしば行われている。
あまりにこの偽装が多くなりとうとう中国政府が切れてしまった。
もはや許せん。一件当たりの送金額が6億を超えるものはすべてチェックし、少しでも怪しければ認めるな

 アメリカのFRBが金利を引き上げることが分かった10月ごろから毎月5兆円規模で資金が海外に流出するので、中国政府と人民銀行は人民元の防衛のためになけなしのアメリカ国債を売ってドルを調達し、人民元を買い支えてきた。おかげで米国債の保有高は再び日本が一位になり世界一の金持ち国の地位を日本に明け渡した。
中国人民よ、愛国心をもとう。人民元を守るのは中国を守ることだ」懸命に愛国心に訴えるが愛国心も金が絡むとすっかり忘れるのが中国人民だ。

 企業による資金の逃避だけでなく人民レベルでの逃避も続いておりこちらはもっぱら銀聯カードと現金の持ち出しだ
最近まで銀聯カードの一日当たりの使用限度額は約15万円だったがこれ約7万円に引き下げられた。
中国人民は海外で爆買いしては中国国内でそれを売りさばいては鞘を稼いでいたが、中国当局としてはそれをやめさせるために銀聯カードに上限枠を設定した。
しかしこの程度でへこたれるような人民ではなく、現金をそっと懐に忍ばせて持ち出すので爆買いも収まらなかった。
が、ついにお土産と称する商品に税関で高率の関税をかけ始めたため、日本での爆買いもようやく終息し始めた。
儲からないんじゃ爆買いをしても仕方ないわ・・・・・

 こうして中国政府と人民銀行はM&Aと称する資金の海外送金を禁止し、銀聯カードに上限枠を設け、さらにマカオのカジノで銀聯カード全体の一日使用枠まで設けて人民元防衛に躍起となっている。放っておけば資金が全額中国から逃げ出すような勢いだからだ。
習近平氏の悩みは尽きない。

 

|

« (28.12.21) ガソリン需要はじり貧 石油元売り各社はどうしたら生き残れるか? | トップページ | (28.12.23) オリンピック闘争の第二幕 誰が膨らんだ経費を負担するか? »

評論 世界経済 中国経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.12.21) ガソリン需要はじり貧 石油元売り各社はどうしたら生き残れるか? | トップページ | (28.12.23) オリンピック闘争の第二幕 誰が膨らんだ経費を負担するか? »