« (28.12.29) 原子力発電の時代の終わり 東芝は世界の潮流を見誤った。 | トップページ | (28.12.31) 平成28年の私的回顧 ピンチだったが生き延びた!! »

(28.12.29)  安倍首相によって日本は救われた。 戦後日本政治の救世主

Dscf5912 

 日本は幸せな国家だとしみじみ思う。民主党3代で日本は崩壊の危機に立ったが自民党から安倍首相が救世主のように出現し、日本国家崩壊の危機を救った。
そして今や安倍首相はロシアのプーチン大統領と並んで世界の政治をリードしている。
この27日にハワイの真珠湾で行われた戦没者慰霊の式典に安倍首相はオバマ大統領とともに出席し、「パールハーバーを和解の象徴として記憶し続けてくれることを願う」と演説した。

 このニュースは世界を駆け巡り世界中の放送局がこの式典の模様を伝えていたが中国と韓国といったやくざ国家を除けば非常に好意的なものだった。
安倍首相は数日前にはロシアのプーチン大統領を日本に招き、北方領土での共同経済開発について合意し、その前にはアメリカのトランプ次期大統領と、どこの首脳よりも早く会談をしている。
安倍首相の外交力は際立っておりこのような外交力を持った元首は他にプーチン大統領しかいない。

 20世紀はアメリカの時代だったがオバマ大統領がシリア介入に失敗し世界の警察官をやめると公言してからは、地域覇権国家の時代に移ってきた。ここ日本周辺では中国が軍事力を強化して南シナ海を内海にし、次は東シナ海を内海にしようと虎視眈々と狙っている。
安倍首相はこの中国を封じ込めるためにロシア、台湾、フィリピン、ベトナム、インドとの包囲網を形成しているが、これはちょうど2000年以上も前の中国で、台頭する秦に対抗して形成された合従連衡策とおなじだ。

 経済が安定して誰もが幸福感を味わっているときは誰が政治を行っても同じようなものだが、反対に経済が崩壊過程にあり国家が疲弊し始めると宰相の能力がその国の運命を決める。
例えば隣のパク・クネ大統領は自国経済の疲弊をしり目に祈祷政治を繰り返し、セウォル号が沈没しているときにはチェ・スンシル祈祷師の下で「高校生を救いたまえ」と7時間の及ぶ祈祷を行ったが、これは大統領のする仕事ではなかったため、約300名の若い命が失われた。

 リアルポリティックスの安倍首相と、情念と祈祷政治を繰り返すパク・クネ大統領との対比は絶対で、安倍首相が首相に就任してからの日本の大復活と韓国の凋落ほど元首の差を示すものはない。
日経新聞が真珠湾の慰霊に安倍首相が出席した後の世論調査を行っていたが、64%という過去最高に迫る支持率になっていた。
世代別では30代は80%、40台で70%、60歳以上で60%の支持率だそうだが、この数字の出方は日本の将来を暗示させる。

 若者は圧倒的に安倍首相を支持しているのに対し老人の支持率が相対的に低いのは、私を含めた老人がその若いころに左翼の時代を経験しているからだ。
1960年代から70年代に青春をおくった当時の若者は安保闘争と全共闘運動のはざまで揺れ動いた世代だ。
今は名を聞くこともなくなった小田実や鶴見俊輔といった左翼の旗手が幅を利かしていた時代で、その影響を受けた老人が今も安倍首相の外交姿勢を反対している。
しかしそれはもはや死滅する寸前のダイナソーとおなじで、21世紀前半中には左翼思想は完全に払しょくされるだろう。

 現在日本は外交面で大復活し、経済面では黒田日銀による超金融緩和で何とか成長を維持していて、世界を見ても唯一といっていいほどの安定した社会になっている。
ヨーロッパのような移民と右翼に揺れることなく、アメリカのように持てる者と持たないものの鋭い国家分裂もなく、また中国のように人民は資産をいかに国外に持ち逃げするかだけを考えている国家とも異なる。
安倍首相の存在は戦後自民党政権の中興の祖といってもいいほどの存在で、江戸幕府でいえば8代将軍徳川吉宗に相当する。
日本人は日本崩壊の直前でこの日本を救ってくれた安倍首相に感謝すべきだとつくづく思う。

 

|

« (28.12.29) 原子力発電の時代の終わり 東芝は世界の潮流を見誤った。 | トップページ | (28.12.31) 平成28年の私的回顧 ピンチだったが生き延びた!! »

評論 日本の政治 安倍内閣」カテゴリの記事

コメント

 徳川吉宗公は、経済運営能力で言うならとんでもない亡国の指導者なんですが……。
(昨今の緊縮財政と消費税増税を唱える愚劣な官僚・政治家と軌を一にしています)
 まあ、財務省主計課に引き摺られた安倍政権は移民政策と緊縮財政を進めていますから。
 その点では、安倍晋三氏と徳川吉宗公は内政能力の愚劣さを対比させて良いと思います。

 しかしながら、ここで言いたい本質については、全く同意します。
 安倍総理の外交能力は、現在の世界を牽引しています。
 日本の国力と天皇の権威を背にしたとはいえ、世界史に残り得る秀逸なものと確信します。

 問題は、外交でこれ程の力量を発揮しながら、何故自滅的な内政を行っているかなのですが。
 自分は、安倍政権は優秀な危機管理内閣であり、それ以上のものであってはならないと確信しています。
 この世界的な危機が去ったならば(何年掛かるか分かりませんが)、直ちに政権の座を降りてもらいたい。

 今の欧米の混迷を見るに、危機は去る事無く『覇権国家亡き後の無秩序な世界』が来そうですけど。
 一体、現在の世界の指導者たちの知力と意志力の劣化はどうしたものなのでしょうか。
「日本以外全部沈没」が現実世界で起こるなんて、冗談では済まされない恐怖です。
 あの民主党政権三代の愚劣がかわいく思える欧米指導者ばかりで、対岸の火事ながら頭痛くなります。
 そう思えば、まだ安倍政権があって良かったとは、心から思えるのですが……

投稿: 「ど」の字 | 2016年12月30日 (金) 09時47分

左翼思想は、消滅と楽観視されていますが、未来永劫注意すべき思想と信じます。特に韓国は完全に飲み込まれ、日本は直接、その危機に曝されます。一種、人間の持つ支配欲の一つの形態で文明が進化しようと関係ないのではないでしょうか。

投稿: ken | 2016年12月30日 (金) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.12.29) 原子力発電の時代の終わり 東芝は世界の潮流を見誤った。 | トップページ | (28.12.31) 平成28年の私的回顧 ピンチだったが生き延びた!! »