« (28.12.27) 中国金融市場のメルトダウン 「今度は債券市場が大暴落か!!!」 | トップページ | (28.12.29) 原子力発電の時代の終わり 東芝は世界の潮流を見誤った。 »

(28.12.28) 壊すことは誰でもできるが作り上げることは知恵と説得力がいる。 小池都知事にそれがあるだろうか? 

Dscf0156 

 他人がした困難な仕事の欠点をあげつらって非難することは誰でもできるが、自らがその仕事を責任をもって完成させることは並大抵のことではなく、知恵と説得力を兼ね備えたリーダーがいなければ完成はおぼつかない。
小池都知事は豊洲移転問題で主要な建物の地下に盛土がされていなかったことを指摘して有頂天になっていたが、おかげで豊洲移転は半永久的に不可能になってしまった。

 次に小池都知事がしたことは都政改革本部の提言を受けてオリンピック3会場の変更提案だったが、こちらは変更提案そのものがお粗末だったためにいづれも却下されてしまった。
何しろオリンピック選手を東日本大震災の災害体験をさせるため仮設住宅にぶち込もうというのだからオリンピック関係者が目をむいた。
小池都知事はアホか!!!」

 会場移転問題はかたずいたが、今度はオリンピック実施のために最も重要な本命の費用負担問題に移ってきた。
当初の想定費用は7500億円程度だったが、組織委員会の最新の見積もりでは1.6兆円から1.8兆円がかかると試算されたからだ。
もともとの提案(立候補ファイル)には会場警備費と運送費が入っていなかったことと、提案に反して大会規模が大幅に膨れ上がり、さらに東京以外10自治体にまで開催場所が拡大したからだ。
チケットやスポンサー料の収入は約5000億円と見積もられており、また東京都の猪瀬元都知事が4000億円は用意できると公言していたので、不足額は7000億円から9000億円程度になると予測される。

 この金額を誰にどのように配分するかが大問題になっており、このたび東京以外の関係する自治体の知事4名が合同で小池都知事と森組織委員会会長に要望書を出した。
言っている内容は「我々は一銭も出すつもりはない。組織委から頼まれて大会を引き受けたのにさらに費用分担までされるいわれはない。これは東京オリンピックではないか」ということだ。

 今まで小池都知事は権力争いだけに興味を持ちオリンピックはどうでもいいと思っていたが、自分がオリンピックの主催者だったことをようやく認識した。
まずい、どうにかしないと開催もおぼつかない。今までは森会長の足を引っ張ることばかり考えていたが、組織委と国に費用分担を依頼しないとどうにもならない・・・・・これは東京オリンピックだったわ
ようやく正気になってきた。

 小池氏は森会長と丸川五輪担当相とは犬猿の仲だが、もともとは小池氏が権力闘争を仕掛け自分がトップになることだけを目指していたためで、オリンピックもそのダシに使ったまでだ。だが、国から費用を出させるには相手の欠点をあげつらっているだけではどうしようもない。
取りまとめの行政手腕が必要になるがこれは小池氏が最も不得意とするところだ。
何しろ周りを全部といっていいほど敵にしてきたので、ピンチの時に助けてくれる人がいない。

 ものごとをぶち壊すのは誰でもできるが成し遂げるには知恵と説得力が必要になる。その場合利益誘導も必要になるので公開の席などではできない。小池氏はすべて公開の席で行うと公言してきたが、こうした話を公開の席でしたら大ごとだ。
アメリカのスパイ組織CIAのことわざに「成功したミッションは何も存在しなかったミッションだ」という言葉があるが、これから小池氏はこうした大人の対応を迫られるが、果たしてそれができるか非常に興味がある。


 

|

« (28.12.27) 中国金融市場のメルトダウン 「今度は債券市場が大暴落か!!!」 | トップページ | (28.12.29) 原子力発電の時代の終わり 東芝は世界の潮流を見誤った。 »

評論 日本の政治 東京オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.12.27) 中国金融市場のメルトダウン 「今度は債券市場が大暴落か!!!」 | トップページ | (28.12.29) 原子力発電の時代の終わり 東芝は世界の潮流を見誤った。 »