« (28.12.24) 少子高齢化社会では医療産業以外に成長産業はない | トップページ | (28.12.26) オバマ政権の8年とパックスアメリカーナの終焉 »

(28.12.25) 遅い欧州のリーマンショック対応 イタリア/モンテパスキの倒産

22121_006 

 イタリアの銀行で2008年のリーマンショックのくすぶりがついに火を噴き火事になった。欧州の各銀行はいまだサブプライムローンを仕組んだクズ証券をたっぷり持っておりその対応に苦慮してきたが、なんとか毎年の利益でその償却を図るつもりだった。
だがここにきてそれが不可能になり、イタリア第3位のモンテパスキが政府に救済を申請し実質的に倒産した。

 モンテパスキは自力で生き残ろうと6100億円の増資と、約1兆円のサブプライムローンの不良債権処理をしようとしたが市場からはまったく相手にされず万策尽き果てた。
後は政府に泣きつくより手段はなく欧州の決まりである銀行破たん・処理指令に基づく破たん申請を出した。
もはや誰も相手にしてくれません。政府の公的資金の投入で救済をお願いします

 この破たん・処理委指令では厳格なルールがあり、株主と銀行債保有者は相当の損失を覚悟しなければならない。
政府資金を導入するかわりに株主と銀行債の保有者は銀行に対する債権を放棄しなければならないきまりだ。
しかしイタリアでは多くの個人が銀行の劣後債を預金感覚で購入しており、モンテパスキでも約4万人が購入していたが銀行が破たんすれば紙くずになってしまう。
「株主や大口債権者はリスクを承知で投資をしていたが、劣後債はほとんど庶民の預金だからこれまでクズにすると社会的影響が大きすぎる・・・・

 イタリアでは今政治も経済も最悪でレンツィ前首相は憲法改正の国民投票で敗れ退陣し、また国内経済は低迷し若者の就職先がなく若者の失業率は約40%にも上っている。
ここにモンテパスキの劣後債問題が発生したらイタリアの政治は持たず、イタリア右翼が台頭してEUからの離脱が本格化する可能性がある。
ここはEUの破たん・処理指令を厳格に適用するのではなく個人の劣後債保有者は保護しよう。そうでないとイタリアの政治がもたない・・・・・・」イタリア政府はモンテパスキとその劣後債保有者の保護に乗り出す意向だ。

 この銀行問題は実はかなり深刻で、モンテパスキだけでなくイタリア一位のウニクレディトも同様の不良債権に苦しんでおり、1.6兆円の増資と再建計画を発表したばかりだ。
モンテパスキの処理を誤ればウニクレディトにも影響が及び、ここも増資に失敗すれば倒産処理に入ってしまう。
不良債権をたっぷり抱えているのはどこも同じだからそうなるとイタリアのすべての銀行が倒産危機に発展してしまう。

 欧州では2008年のサブプライムローン危機を表面を糊塗して逃れてきたのだが、その厚化粧がイタリアではがれれば次はフランスやドイツやスイスやスペインの銀行に影響が及ぶのは必然だ。
そうなると遅いリーマンショックの債権処理が一斉に始まることになり、欧州の金融危機に発展する。

 だから何とか火の粉はモンテパスキだけにとどめたいのが欧州各国の思いだ。
まあ、破たん・処理指令を個人の劣後債まで適用することはあるまい。小口の個人の救済をイタリア政府がするのは大目に見てやろう」欧州委としては条件を緩めて何とか延焼を防ぎたいが、そうなるかどうかは今のところ未知数だ。

|

« (28.12.24) 少子高齢化社会では医療産業以外に成長産業はない | トップページ | (28.12.26) オバマ政権の8年とパックスアメリカーナの終焉 »

評論 世界経済 イタリア経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.12.24) 少子高齢化社会では医療産業以外に成長産業はない | トップページ | (28.12.26) オバマ政権の8年とパックスアメリカーナの終焉 »