« (28.11.16) 人権外交の時代の終焉 オバマ氏からトランプ氏へ | トップページ | (28.11.18) 笛吹けど踊らない中国不動産市場 地方政府の借金だけが累積されている »

(28.11.17) 韓国の政治と経済が火を噴いても鎮火させるのは自助努力!! 日本は相手にしてはいけない。

222111_014 

 韓国の政治と経済が崩壊過程に入ってきた。
パク・クネ大統領チェ・スンシル氏という呪術者の呪術によって政治を行っていたことが判明し、21世紀の政治家としては不適切ではないかと韓国人も気が付いた。
これではウエノムの卑弥呼の政治と同じではないか!!」
支持率は5%に落ち、若者だけにかぎると0%だ。
韓国政界は大混乱に陥って弾劾一色になり、パク・クネ氏は何も手が付けられず完全なレームダックになっている。あとはいつ辞任するかのカウントダウンが始まっている。

 一方韓国経済の凋落はすさまじく自慢の輸出は月を追って低下して特に輸出に関連する企業の業績悪化は目を覆わんばかりだ。海運会社の韓進海運は倒産し、造船会社はほとんど作る船がなくなり、化学会社は中国との競争に敗れてあとは倒産を待つばかりになっている。
そして韓国の屋台骨といわれたサムスン電子アイフォーン7との火のような競争に打ち勝つべく投入したギャラクシー・ノート・7が本当に火を噴いてしまい、世界各国で販売中止に追い込まれた。当初はサムスンSDIが提供したバッテリーの不具合と思われたが、バッテリーを変えても火を噴くので設計上のミスだということになり、280万台販売した段階で生産中止に追い込まれた。その損失額は約1兆円と見積もられている。

 スマートフォンだけかと思っていたらアメリカで販売された洗濯機が異常な振動をし始め使用者にぶつかるので250万台の洗濯機のリコールに発展している。
サムスンが作る電気製品は火を噴いたり地震のように振動したり、少しどうかしているんじゃないか。まともに設計する気があるのか!!」世界中でサムスンに対する不信感が広がっている。

 韓国のGDPの約20%を稼いでいるサムスン電子もパク・クネ氏と同様世界での支持率の急低下に悩まされており、世界トップといわれた家電メーカーに黄昏が訪れた。
サムスンにさえ明日がなければ韓国経済はどうしたらいいのだ・・・・
韓国メディアは毎日嘆き節一色で、しばらく前までは「このままでは日本の失われた20年になる」と警告を発していたが、今はそれどころでないことに気が付いた。
今、韓国が崩落している。ほとんど福島の原発のようだ・・・・・・・

 かつては日本非難一色で非難するのがメディアの役割と思っていたが今では日本に援助を求める報道ばかりだ。      
日本とスワップ協定を再締結せよ。日本技術を導入して韓国経済の再生を図れ。アメリカ日本との連携を重視せよ。ただ日本を非難すればいいという問題ではない・・・・・・・」

 だがしかし日本が韓国に援助をして韓国の再生をはかるのは考え物だ。かつて朴正熙大統領の時代に日本企業は惜しみなく韓国企業に技術を提供し、また韓国企業が技術を無断で盗んでも鷹揚に見てきた。
「韓国経済の発展が日本との友好関係を深めるに違いない

 しかし実際に起こったことはサムスンを代表する企業が日本企業を駆逐しだすとイ・ミョンバク大統領は「日本はもう目ではないから何でも言っていい」と日本非難の大合唱になり、パク・クネ氏になると存在もしなかった従軍慰安婦問題で日本を世界中の笑いものにするのが韓国外交の基本政策になった。
日本は世界で最も悪辣な国家だ。くそったれの日本を葬り去れ」国連で、アメリカで、ヨーロッパで、そして中国でそう叫びまわっていたのがパク・クネ氏である。

 韓国を救うと日本非難の大合唱になるのが歴史の教訓である以上、日本は同じわだちを踏むべきでない。
ひたすら無視し相手にしないのが最高の政策で、隣に住んでいるやくざと近所付き合いをしないのと同じだ。
韓国さん、今度は日本は韓国救援は致しません。自力で再生してください。まあ、がんばりなさい」韓国は助けると恩にきることはなくそれを非難する国家だから無視して関係しないのが最高の戦略になる。
それが歴史の教訓だ。

 

|

« (28.11.16) 人権外交の時代の終焉 オバマ氏からトランプ氏へ | トップページ | (28.11.18) 笛吹けど踊らない中国不動産市場 地方政府の借金だけが累積されている »

評論 世界経済 韓国経済 社会問題」カテゴリの記事

コメント

青山参議院議員が番組でバラしてましたが、自民党部会に出席した外務官僚・財務官僚は韓国を助ける気、満々だそうですよ~通貨スワップして、とにかく韓国には恩を売れ、恩を売れと!

投稿: ken | 2016年11月17日 (木) 12時10分

受けた恩をあだで返す国、それが韓国です。

それはともかく、山崎所長様、激変の世界情勢で記事に元気が出てきたようで喜ばしい限りです。
これからも頑張ってください、ご自愛しながら。

オマケ:「SAPIO人気連載・業田良家4コママンガ」 を画像でググって下さい。よく捉えていて面白いです。

投稿: たぬき | 2016年11月17日 (木) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.11.16) 人権外交の時代の終焉 オバマ氏からトランプ氏へ | トップページ | (28.11.18) 笛吹けど踊らない中国不動産市場 地方政府の借金だけが累積されている »