« (28.10.15) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「桃ノ木 栗の木 左遷の木(第十回)」 | トップページ | (28.10.17) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「桃ノ木 栗の木 左遷の木(第十一回)」 »

(28.10.16) 一般道の清掃はいつ果てるともなく 自転車清掃の毎日!!

018_2 

 いかんともしがたい性格というものがある。自分の性格のことなのだが道路や公園といった公共的な場所がごみで汚れていると気もそぞろになって、すぐさま清掃にとりかかってしまうことだ。その範囲が狭い場合には大したことはないのだが範囲が広がるともう半永久的な作業になる。
登山家の野口健氏の富士清掃登山のミニチュア版のようなものだ。

 私は引退してからの10年間、私が住んでいるおゆみ野にある遊歩道四季の道約6kmの清掃をほぼ毎日行ってきたが、今年の2月に突然両足が動かなくなってから徒歩でなく自転車で清掃を継続している。ここは毎日の日課で行っている遊歩道なので慣れており、またごみが出るといってもたかが知れている。

 問題は私が最近行っている一般の自動車道の清掃のほうだ。歩くことも走ることもままならないため健康維持のため毎日約15km程度自転車に乗っているのだが、このコースの約半分は遊歩道ではなく一般道なのだ。
しかも人家がほとんどなくもっぱら自動車しか通らないような山間の道もあって、こうした場所は道路がごみ捨て場になっている。
ペットボトルやアルミ缶やコンビニ弁当を食べた後のごみが主たるものだが、ときに意図的に家庭ごみが捨てられていたりして気にし始めるとまともに自転車に乗っていられない。
仕方ないこちらも清掃するか・・・・・・・
ひと月ほど前から自転車清掃を始めた。

 30リットルのゴミ袋をもって毎日出かけるのだが、すぐさま一杯になるので気持ち良いサイクリングというわけにはいかない。第一アルミ缶などでいっぱいになるとバランスをとるのも大変で油断するとハンドルを取られ思わぬ場所に突っ込んでしまう。
先日村田川の堤を通るときに強風にあおられて危うく川に突っ込むところだった。

 それでも一か月にわたって清掃を繰り返すと数年来放置されていた空き缶やペットボトルはどうにかかたずけたのだが、新たに毎日ごみが捨てられるので清掃サイクリングをやめるわけにいかない。
落穂ひろいじゃ、落穂ひろいじゃ、頑張れ!!」
相も変わらず清掃サイクリングを行っているが、今では放置されたごみがいつ捨てられたのか分かるようになっている。
このごみまだ新しく昨日捨てられた、インデアン嘘つかない!!」
ごみを見ただけで捨てられた日時をほぼ特定できるほど鑑識眼が肥えてしまった。

 しかし本当に困った性格だ。ごみを見るとめらめらと清掃意欲がわいて清掃しきるまで止めないが、ごみが捨てられることがなくなることはないので、これでは一生続けることになってしまう。
先日ちはら台の一般道の清掃をしていたら、おゆみ野の四季の道の清掃時間にいつも会う知り合いに見つかってしまい「山崎さんはどこに行っても清掃ばかりですね」などと笑われてしまった。
全く野口健氏のミニチュア版だ。

|

« (28.10.15) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「桃ノ木 栗の木 左遷の木(第十回)」 | トップページ | (28.10.17) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「桃ノ木 栗の木 左遷の木(第十一回)」 »

ボランティア おゆみ野クリーンクラブ」カテゴリの記事

コメント

毎日 読ませていただいております。世界の動き 日本各界の情勢。まことに 簡潔 明快かつ ユーモアある解説、他のいかなるメデイア 媒体より 信頼性あります。これが 楽しみで 早寝早起きの じじいです。わずかですが カンパさせていただきました。今後とも  ご健筆 祈念。

(山崎)カンパに感謝いたします。

投稿: hattori Goro | 2017年4月 7日 (金) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.10.15) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「桃ノ木 栗の木 左遷の木(第十回)」 | トップページ | (28.10.17) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「桃ノ木 栗の木 左遷の木(第十一回)」 »