« (28.10.16) 一般道の清掃はいつ果てるともなく 自転車清掃の毎日!! | トップページ | (28.10.18) 再び中世に近づいた日本  新潟県知事選挙で原発NO »

(28.10.17) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「桃ノ木 栗の木 左遷の木(第十一回)」

Dscf5828 

 シナリオ「桃の木 栗の木 左遷の木」(その11)

この作品は私が喜劇に挑戦しようとして作成したシナリオです。第一回目からの続きです。
 

〇 支店長住宅(真夜中)


 布団に入ったまま天井を見上げている。

山崎「(独白)いや、大川の言うとおりだ。このままではあの桃のような久子を若者に取られてしまう。然し、これは俺の夢なのだからそうはさせんぞ。自分の夢ぐらいこちらのシナリオどうりにさせて見せる。絶対にだ(思わず叫ぶ)」

山崎「だがしかし不思議だ。夢の中でもこうして何回も睡眠をとる必要があるのだろうか・・・・」

 天井をにらんだままの山崎。

山崎「時間がない。どう見ても時間は朝までだ。よし、決着をつけるぞ!!」

 〇 A支店フロア(翌日の昼)

 業務室が騒がしい。やくざが二名でロビーで騒いでいる。暴力団がえせ新聞の勧誘にきている。困惑して対応している神鳥総務課長。

男B「新聞買わんとはお高く留まりおるわな。銀行がなんぼのもんじゃい」
男A「なんやねん、ここはお客が来てるというのに茶の一杯もださんのかい」
神鳥「(恐る恐る)あっ、いえ、気づきませんで申し訳ありません。斉藤君、ほら、何してるの、早くお茶を持ってきなさい」

 恐る恐るお茶を運んで来た久子。久子の顔をじっと見る男A.。顔をそむける久子。

男A「おい、ねえちゃん、ここではお客にお茶を出すとき顔を背けて出せと教えとるんかい、えー」

 茶碗を投げつける男A.茶碗がコンクリートの壁に当たって欠ける。

男B「お茶よりねえちゃんのほうがずっといいんだよ、えへへ」

 久子の手をわしづかみにして引っ張る男B.

久子「あっ、いや、いや」
神鳥「(狼狽して声が出ない)こ、こ、ここは銀行です。それ以上すると警察を呼びま、す、す、す、よ」
男B「何が乱暴じゃい、乱暴というのはこういうふうにするんじゃい」

 強引に久子を抱こうとする男B.

神鳥「お、お客さんの新聞を購入しますので、どうか手を放してください。お、お金を出せば問題はないんでしょ」
男A「金さえ出せばとはなんじゃい。こっちとらはれっきとした政治新聞じゃい。バカにされては後へは引けんな、おい支店長を出せや、早うだせや」

 おびえている従業員。騒ぎを聞きつけて山崎が支店長室から出てくる。

山崎「一体、何が起こったのですか」
男A「おやおや、今度はやけに乙に済ましたおっさんが出てきたじゃないか。あんたは誰じゃい」
山崎「この支店の支店長です」
男B「(大声で)支店長がなんぼのもんじゃい」
山崎「いや、大した者ではないが、自分の夢にこんな下品な人間が登場するのは許せない」
男A「なんやて、下品とは言ってくれるじゃねいか。おう、そうかい、どうやらお前の夢はこの女だろう」

 久子の胸を服の上から触ろうとする男A。一瞬のスキをついて男Bの腕から逃れ山崎の後ろに隠れる久子。

山崎「(怒鳴る)馬鹿もん、出て行け蛆虫。夢が台無しになる」
男A「なんじゃい、おっさん、いい度胸してるじゃねいか。おう、死んでもいいんかい」

 胸ポケットから匕首を取り出してカウンターに突き刺す。

山崎「おどかしてもだめだ。目覚めたら何もないんだから」
男A「目覚めろだと、しゃらくせい」

 カウンターに突き刺してある匕首を抜いて、山崎に襲い掛かろうとする。ちょうどその時にA支店の前を救急車がサイレンを鳴らして通り抜ける。同時に隣の駐在所の警官がのんびりと預金をしに入ってくる。

男B「兄貴、まずい。サツだ」

 逃げ出す男たち。

男A「覚えとけよ」
山崎「駄目だ、朝まで覚えてられない」

 支店の職員が全員、安どの顔で山崎の周りに集まる。何も気づかず警察官はのんびりと預金窓口に向かっている。

神鳥「しかし、支店長の勇気には感服いたしました」
山崎「いや、勇気なんてものじゃない。自分で自分の夢をコントロールできないだけだ」
神鳥「私にはウジ虫なんてとても言えませんよ」

 山崎の後ろで震えている久子に向かって声をかけ、やさしく肩をふれて促す。

山崎「そんなにふるえてないで大丈夫だよ。私の部屋にきて休みなさい」

 黙ってついてくる久子。職員全員が持ち場に戻る。

(続く)



 




 

|

« (28.10.16) 一般道の清掃はいつ果てるともなく 自転車清掃の毎日!! | トップページ | (28.10.18) 再び中世に近づいた日本  新潟県知事選挙で原発NO »

シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.10.16) 一般道の清掃はいつ果てるともなく 自転車清掃の毎日!! | トップページ | (28.10.18) 再び中世に近づいた日本  新潟県知事選挙で原発NO »