« (28.10.11) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「桃ノ木 栗の木 左遷の木(第八回)」 | トップページ | (28.10.13) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「桃ノ木 栗の木 左遷の木(第九回)」 »

(28.10.12) 米大統領選の帰趨決まる。 ヒラリー氏の勝利が確実視されてきた!!

Im000001 

 史上最も醜い討論会
といわれた米大統領選の第二回目の討論会も終わり、どうやら決着がついたようだ。
トランプ氏のあまりの品の悪さに、共和党の重鎮がみなそっぽを向き、「あんた一人で選挙をやりな」ということになってしまい、とても共和党は勝利がおぼつかなくなった。
トランプ氏の下品な行動の影響で上下両院選挙でも民主党に席巻されそうなので、共和党のライアン下院議長などは「共和党はトランプ氏を支持しない」とすっかりトランプ離れをしている。共和党は完全に分裂してしまった。

 もともとトランプ氏の本当の支持母体は怒れる白人の中産階級で、かつてはアメリカ製造業の中核的な担い手だったが、すっかり中国や韓国に製造業が乗っ取られ、今や貧困階級に成り下がってしまった人々だ。
トランプ氏はこの怒れるプアホワイトの熱烈な支持を得ているが、だがそれだけでは選挙に勝てない。

 トランプ氏の本質はメキシコをはじめとするヒスパニック嫌いと、イスラムに対する敵意、そして女性蔑視、さらに外国人嫌いである。
今回の討論会でクリントン氏が厳しく取り上げたのは、トランプ氏の「スターになれば女は何でもしてくれる」というかなり野卑な発言だ。
本質的に女性蔑視主義者のトランプ氏の本音だが、これでは半分の有権者の女性を敵に回してしまうからとても勝てない。
トランプ氏はこれは本心でなく私は女性を尊敬している」と本音から最も遠いことを言って釈明したが、もはや覆水盆に返らずだ

 ここまで野卑な発言が続くと、トランプ氏の支持者はプアホアイトだけになるから、クリントン氏の勝利が決まったも同然だ。
クリントン氏も国務長官時代にリビアでリビア大使を見殺しにしたり、公的メールを個人のメールアドレスで打っていたりしたが、トランプ氏に比較すれはるかにましな候補だと評価されている。
討論会でクリントン氏は2勝して絶対の優位な体制を組めたので、今後信じられないようなミスをしない限りクリントン氏が大統領になるのが決まった。

 さてそこで問題はクリントン氏は日本にとってどのような大統領になるのだろうか。
日米安保の枠組みは基本的に堅持されるが、貿易ではTPPにクリントン氏が反対しており、また世界の潮流がグローバリズムの終焉を示しているのでTPP等の貿易拡大は望めない。
そこで今最も気になることはクリントン一族が中国に取り込まれてきたことだ。多くの中国マネーによってクリントン陣営は夫のクリントン氏をはじめクリントン女史も選挙を勝利してきた経緯があるので、再び日本パッシングバッシングではない)の可能性は危惧しなければならないだろう。

注)ヒラリー・クリントン氏と中国の関係は以下参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/20123-cdf7.html

 しかしいづれにしてもトランプ氏という大統領候補としては史上最低の人物が大統領にならずに済みそうなことは喜ばしいことだ。

 

|

« (28.10.11) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「桃ノ木 栗の木 左遷の木(第八回)」 | トップページ | (28.10.13) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「桃ノ木 栗の木 左遷の木(第九回)」 »

評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題」カテゴリの記事

コメント

大統領選挙後かの人物を類型化するTrumpyなる単語が生まれるのではと思っていました。もしかしたら既にあるかもとグーグルで検索してみました。そこには猫キャラ」にアレンジされた姿の彼がたくさん乗っています。ご興味がおありなら一度ご覧になられてはいかがでしょう。

投稿: makina670 | 2016年10月14日 (金) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.10.11) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「桃ノ木 栗の木 左遷の木(第八回)」 | トップページ | (28.10.13) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「桃ノ木 栗の木 左遷の木(第九回)」 »