« (28.9.9) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「友よ風に向かって走れ(その2)」 | トップページ | (28.9.11) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「友よ風に向かって走れ(その3)」 »

(28.9.10) 三反園鹿児島県知事の愚かないちゃもん政治 「何でもいいから原発を停止しろ!!」

23823_003 

 何か最近の知事の知能レベルは急速に低下しているのではないかと危惧している。
先日は小池百合子東京都知事が自身の権力を見せつけるだけの理由で築地市場の豊洲への11月移転を延期させたばかりだが、今度は三反園鹿児島県知事が九州電力にいちゃもんをつけている。
あんたのところの川内原発1・2号機は原子力規制委員会の新基準に合格して稼働しているから危険だ。すぐに停止しなさい

 もともと知事に原子力発電所を停止させる権限はないから、こうした申し出自体が本来はあり得ないのだが、そんなことはお構いなしだ。
熊本地震が起こって県民の原子力発電所に対する危惧は高まっている。すぐに停止しなさい
しかしこの原発は原子力規制委員会の新基準をパスして最も厳しい安全基準のもとに稼働しています。したがって知事の申し出と言われても、何ら停止権限のない人から言われて、はい止めますというわけにはいきません
うるさい、俺は知事だぞ。その言うことが聞けないというのか!!

 最近の知事はやくざにも劣る知性の持ち主なのだろうか。    
九州電力としたら迷惑なことだ。規則に従って稼働しているのにその規則を曲げろというのだからほとんどいちゃもんのたぐいだ。
もし知事が規則そのものが問題だとするなら、それは原子力規制委員会に異議申し建てをすべきだし、規制委員会の稼働許可の判断が間違いだというのなら、これも規制委員会に言うべき筋合いのものだ。
しかし知事はそうはせず「あんたは交通規則を守っている。だから問題だ」と言っているに等しいやくざの因縁のような申し立てを九電に二回にわたって行っている。

 三反園鹿児島県知事は16年7月の選挙で原発反対を公約して知事になったのだから、原発に反対であることはわかる。しかし知事なのだからその反対は合法的にすべきで、やくざの脅しではないはずだ。
小池知事は権力をかさに着て築地の移転時期を延長させたが、三田園鹿児島県知事もそのたぐいだ。
しかしレベルは最低で沖縄県の翁長知事がもっぱら法廷闘争という合法的手段で辺野古の移転に反対しているのに対し、三反園鹿児島県知事は脅し専門だ。

 これほどの低レベルの知事がいること自体が問題だが他の解釈もでき、選挙で原発反対派の支持を受けて当選したので、その恩返しをしているとも解釈できる。
ただし沖縄の翁長知事は本気で辺野古の移設を反対しているのに対し、三反園鹿児島県知事はジェスチャー原発反対論者だから、単なるパフォーマンスとして九電を脅しているだけかもしれない。

 しかしいづれにしてもやくざの因縁と全く同レベルの脅しを継続するこの知事は人間として最悪レベルの人物で、こうした人物が知事に選ばれることは実に嘆かわしい。

 

 

 

 

|

« (28.9.9) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「友よ風に向かって走れ(その2)」 | トップページ | (28.9.11) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「友よ風に向かって走れ(その3)」 »

評論 日本の政治 地方政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.9.9) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「友よ風に向かって走れ(その2)」 | トップページ | (28.9.11) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「友よ風に向かって走れ(その3)」 »