« (28.9.26) 安保理は機能せず、ユネスコは汚職の巣。 世界最大の汚辱にまみれた組織・国連をなぜ日本は支えるのか? | トップページ | (28.9.28) 中国海外投資の事例研究 インドネシア高速鉄道の崩壊過程 »

(28.9.27) 病気療養中のため二日に1回の割で過去のシナリオ等を掲載しています。 「桃ノ木 栗の木 左遷の木(第一回)」

Dscf5631

シナリオ「桃の木 栗の木 左遷の木」
この作品は私が喜劇に挑戦しようとして作成したシナリオです。



〇 山崎次郎(40歳  大手金融機関職員)の自宅 夜中

 うなされている山崎(40歳)。15年前島根県の小都市、A市に左遷された時の夢を見ている。
仕事に対する意欲をすっかりなくした上司と、糖尿病を患い失明寸前の同僚と、政治しか興味を持たない古参の女子職員、それに麻雀しか興味のない支店長がこの夢の主なメンバー。一人まじめに仕事をしている山崎(当時25歳)。

上司「山崎君、いつまでそのくだらない報告書を書いているの。ここは君も知っての通りまともな支店じゃないんだよ。適当に書いておけばいいんだ」
山崎「はあ、でも仕事ですからそれなりの内容にしませんと・・・・」
上司「君ね、それは内容がある場合だけ。ここに何がある。人口は犬と猫を合わせても2万もないんだよ。ふん、こんな田舎町にうちのような大銀行の支店があること自体がおかしいんだ」
女子社員「そうよ、山崎君、ここで仕事しようなんて馬鹿なことを考えちゃダメ。ここは左遷された人と病気持ちの人しか来ないの。いわば精神と肉体の療養所ね。もっとも君は若いから例外だけれども」
上司「何が例外なものか。ここで仕事をしようなんてまともな人間のすることではない。ワークホリックという病人よ」

 うんざりした表情でやり取りを聞いている山崎。そこに支店長が威勢よく事務室に入ってくる。

支店長「さあ、みんな5時だ。麻雀しよう、、マージャン」
同僚「(にっこり笑って)そうそう小生は糖尿病だが、糖尿病には麻雀が一番効くという」
山崎「(同僚に向かって)まだ終了まで10分ありますよ」
支店長「(聞きとがめて)きみきみ、この支店にきて何年たったの、第一今どこに客がいる。今日の来客数を言ってごらん」
女子社員「(ふざけた調子で)ハーイ、二人でございます」
支店長「『芽に青葉、客なき俺の目に涙』だ。さあ、さっさと仕事をやめてマージャンしよう、マージャンだ」

女子社員「(強い調子で)支店長、今日は山崎君を政治集会に連れていく予定です。マージャンなんか誘わないでください」
支店長「もう誘ったのかね」
女子社員「いえ、これから」
支店長「じゃ、こっちが先客だ。くだらない政治集会より麻雀のほうがよっぽどためになる」
女子社員「支店長、どうして政治集会がくだらないんですか?」
支店長「ふん、政治は老人と女子供がする遊びだ。男子の本懐はマージャンにありだ」
女子社員「それは偏見です」

 急に険悪な雰囲気になる。たまらず山崎が叫ぶ。
山崎「みんなやめてください。ここは職場です。みんなおかしいんだ」

〇 夢から覚める

 寝汗をひどくかいている。隣で不安げに山崎を見ている妻の和枝(37)

和枝「また、いつもの夢を見たのですか?」
山崎「ああ、そうだ。またA町に飛ばされた夢を見た」
和枝「A町のどこがいけないの、私の生まれた故郷です」
山崎「仕事をする場所じゃない。あそこは左遷者と病人と問題児ばかり集まっていた。いわば収容所列島だ」
和枝「私もあの支店で仕事をしていてあなたと結婚したんじゃない」
山崎「地元採用者は別だ。転勤できたものが問題児だといったのだ」
和枝「あなたもその転勤者だったじゃないですか」
山崎「(ムッとしながら)俺は別だ。若くてたまたま人事の都合であの町に転勤しただけだ。その証拠にその後の俺の足取りを見てみろ。本店のスタッフとしての道を歩んでいる」
和枝「(軽蔑した調子で)ならそれでいいじゃありませんか。普段は偉そうなことを言っているくせに夢ぐらいで、フン、まったく気が弱いんだから」
山崎「(大声で)気の問題じゃない、潜在意識の問題だ」
和枝「(邪険に)じゃあ、その潜在意識と相談していい加減うなされるのは止めにしてください。そのたびにいちいち起こされる私の身になってよ」
山崎「夢だからしょうがないだろう」
和枝「ふん、い・く・じ・な・し」

 寝返りを打って寝てしまう和枝

山崎「(独り言)くそ、転勤の時期になるとこの夢ばかりだ。なんでA町に左遷される夢ばかり見なくちゃいけないんだ・・・・・」

(続く)

|

« (28.9.26) 安保理は機能せず、ユネスコは汚職の巣。 世界最大の汚辱にまみれた組織・国連をなぜ日本は支えるのか? | トップページ | (28.9.28) 中国海外投資の事例研究 インドネシア高速鉄道の崩壊過程 »

シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.9.26) 安保理は機能せず、ユネスコは汚職の巣。 世界最大の汚辱にまみれた組織・国連をなぜ日本は支えるのか? | トップページ | (28.9.28) 中国海外投資の事例研究 インドネシア高速鉄道の崩壊過程 »