« (28.7.17) 病気療養中のため二日に1回の割で過去の旅行記を掲載しています。 「ロドリゴ自転車周遊記 その8」 | トップページ | (28.7.19) 病気療養中のため二日に1回の割で過去の旅行記を掲載しています。 「ロドリゴ自転車周遊記 その9」 »

(28.7.18) 中東の要石トルコの内部分裂 軍のクーデター失敗

 22725_057_2

  また一つ中東で不安定要因が増幅された。トルコで軍事クーデターが発生しクーデターそのものは失敗したが、一時は軍司令部や国会議事堂、国際空港、国営放送局が占拠され、主要な道路が封鎖されていた。
今回のクーデターは軍全体が関与したわけでなく軍の一部の不満分子が起こしたことで日本でいえば2・26事件と酷似している。

 トルコでは1960年以降でも4回のクーデターが発生しいずれも成功してきたが、このときは軍全体が一丸となってクーデターを起こしていたので、今回のような一部の軍の反乱とは異なる。
現在のエルドアン政権は国民の約50%の支持を得ており政権基盤はしっかりしていたが、エルドアン氏はかなり強権的な政治手法をとっており、軍や反対党やメディア勢力の削減に は容赦しなかった。

 特に軍に対しては2010年に軍が持っていた不訴追特権を剥奪したが、これはクーデターを起こした軍人の訴追を認めていなかった憲法を修正したものである。
これによってかつては軍は自由にクーデターを起こし、クーデターにともなう反対者への裁判なしの処刑を行ってもその訴追を免れていたが、その特権がなくなった。
くそ、エルドアンの奴、軍の力を弱めるために勝手なことをしているが今に見ておれ!!」軍内部に不満が蓄積されていた。

 トルコの軍隊は日本旧陸軍のような政府による統制の埒外にあったが、それは第一次世界大戦後現在のトルコ共和国を創設したケマル・アタチュルクが国会と国民を信用していなかったからである。
トルコは今も昔もイスラム教の影響が強く選挙など行うとイスラム政党が主導権を握ることになりイランのような宗教国家になってしまうので、軍隊を近代化してここで民主教育(反イスラム教育)を徹底して行ってきた。
そして政権がイスラム化したときには、クーデターを行って修正ができるシステムを構築し、それを軍隊の世俗主義、民主主義と位置付けた。
政治と宗教を分離しイスラム教の介入を許すな!!」
この世俗主義の軍隊と現在のイスラム政党をバックとするエルドアン政権が鋭く対立してきた構図がある。
エルドアン政権はこの世俗主義と対抗してのし上がってきたイスラム穏健政権だ。

 今回のクーデター失敗で軍隊内の反エルドアン分子は一掃されるだろうが、それは同時にトルコ軍の弱体化を意味する。
かつてロシアのスターリンが自身に敵対する軍の首脳部を徹底的に粛清したが、そのため独ソ戦の初期に はソビエト軍に指揮官がいなくなってぼろ負けをした経緯がある。

 現在トルコ軍はISや対クルド独立党と激戦をしており、イスタンブールやアンカラではISやクルド人と見られるテロが頻発している。これを抑えているのが軍だがその軍が分裂し弱体化しては戦争に勝てない。
中東の要石と思われていたトルコが実は内部に軍の不満分子がいることが明らかになり、IS等の掃討作戦に支障が発生することは確実だろう。

 今世界は分裂のベクトルが働いており、イギリスがEUから離脱することが決まり、今度は中東の要石と言われたトルコに激震が走った。
当面は反対派を逮捕粛清してエルドアン政権は乗り切るだろうが、世界の安定勢力がまた一つ消失したことは確かだ。

|

« (28.7.17) 病気療養中のため二日に1回の割で過去の旅行記を掲載しています。 「ロドリゴ自転車周遊記 その8」 | トップページ | (28.7.19) 病気療養中のため二日に1回の割で過去の旅行記を掲載しています。 「ロドリゴ自転車周遊記 その9」 »

評論 世界経済 トルコ経済」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。

 小室直樹氏の本で、「刺客やアサシンに社会的・歴史的意義を見出したのは中国(司馬遷『史記』の『刺客列伝』)とイスラム。どちらも『社会の根幹は変わらない、変わったらそれは堕落』という考えを持つ。社会が変わりそうになったらそれを阻止するのか刺客やアサシンの役割」といった事を書いてあったような記憶があります。「契約変更によって社会は変えられる」という考えの欧米では暗殺者は「抵抗勢力」とみなされているとも(例 「巨大な帝国になったローマを都市国家と同じやり方では統治できない」と考えたカエサルを「あいつは自分が王になりたいんだ」としかとらえられなかったブルータス)。

となればトルコ軍は「ケマル・アタチュルクの世俗主義に於けるアサシン」だったのでしょう。でそれが揺らいできているのが今回のクーデター失敗というわけで。イスラムから距離を置こうとしながら思考図式はイスラム的とは皮肉な事です。

投稿: ブロガー(志望) | 2016年7月19日 (火) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.7.17) 病気療養中のため二日に1回の割で過去の旅行記を掲載しています。 「ロドリゴ自転車周遊記 その8」 | トップページ | (28.7.19) 病気療養中のため二日に1回の割で過去の旅行記を掲載しています。 「ロドリゴ自転車周遊記 その9」 »