« (28.5.16) 病気療養中のため二日に1回の割で過去の旅行記を掲載しています。「蝦夷地探訪記 その3」 | トップページ | (28.5.18) 病気療養中のため二日に1回の割で過去の旅行記を掲載しています。「蝦夷地探訪記 その4」 »

(28.5.17) 「なんでパナマ文書に名を連ねるのが中国人ばかりなんだ。片っ端からしょっ引いてやる」

22511_031 

 だんだんとパナマ文書の内容が明らかになるにつれ、最大の顧客が中国人と中国企業であることが分かってきた。
全体で21万社の資料があるそうだが、現在まで判明した国別の件数では、中国と香港を合計すると約5万件になり、一方イギリスやアメリカはそれぞれ6000件程度、そして日本の場合は約800件にすぎない。

 圧倒的に中国人と中国企業ばかりだが、習近平氏がこれを見て息巻いていた。
何と言うことだ、中国人には愛国心というものがないのだろうか。儲けた金はすべてバージン諸島の投資会社の収益にしてしまうし、国内からの投資はすべてこの投資会社経由で行っている。俺が反腐敗キャンペーンをしなければならない理由が分かるだろう・・・・・」

 もっとも資産隠しは中国人だったら誰でも行っていることで、当の習近平氏の姉の夫がこのパナマ文書に名前を連ねているが、そうしたことはネット検閲で厳重に秘匿されている。
我が一族以外のものが資産隠しをするなんてとても許せない。片っ端からしょっ引いて隠し資産を没収して後は山わけだ!!!」

  中国では統計上存在するものが本当にあるかどうかは常に疑問だ。
王朝時代の中国では財宝はすべて紫禁城に集められ、そのカタログは膨大なものだったが、実際に調べてみるとほとんどが紛失していた。
頭の黒いネズミであった宦官が私的に売却して私服を肥やしていたからだが、皇帝が思い余って在庫調査をすると公言したら、その日のうちに倉庫から出火して宝物はすべて灰になってしまった。だが本当は宝物殿がただ焼けただけで中身は存在しなかった。

 現在の習近平王朝では外貨準備はピーク時4兆ドル480兆円)あったことになっていたが、本当はその半分程度しか準備金がないのではなかろうかと疑われていた。
統計上計上されている外貨がパナマやケイマン諸島に存在し、その実質的な所有者は国家ではなく個人であることが多く、また実際に投資した案件もブラジルやチリやアフリカの鉱山の買収資金で、今では何のための投資だったか分からなくなっているような不良資産のオンパレードになっていたからだ。

 中国人は地位を汚職の手段と考えているから、家族旅行の費用は国家の経費になるし、世界の美術品の個人コレクションも当然国家予算から支出される。
うるせい、これは世界でも行っていてマスゾエシンドロームというのだ。正当な政治資金の使用法でやましいことはいっさいない

 最近中国情報といえば南シナ海に建設した飛行場以外はさしたる情報がないのは、中国経済が崩壊過程にはいって公開すべき情報などほとんどなくなっているからだ。
1990年代、ワシントンでの日本情報がめっきり少なくなって愛国的日本人を落胆させていたが、今中国がそのワダチを踏んでいる。
中国の存在感が段々と小さくなっていて、パナマ文書以外に登場することが少なくなった。

 

 

 

|

« (28.5.16) 病気療養中のため二日に1回の割で過去の旅行記を掲載しています。「蝦夷地探訪記 その3」 | トップページ | (28.5.18) 病気療養中のため二日に1回の割で過去の旅行記を掲載しています。「蝦夷地探訪記 その4」 »

評論 世界経済 中国経済 社会問題」カテゴリの記事

コメント

>>、最大の顧客が中国人と中国企業

そりゃーそーでしょ。アメリカ人の秘匿先は係争があったパナマなぞではなくて、ケイマン諸島です。欧米人はスイスを本拠に欧州ところどころ(アイルオブマン、マルタなど)にあるタックスヘイブンに分散しています。また、アメリカの情報活動ではないかという根強い噂もあります。これがケイマンならアメリカの金持ちは大慌てでしょう。シナ人はパナマから南米に投資していたんでしょうね。習はそもそもしっていたことだし、シナ人という概念がないのもわかっているから。わかっているから、シナ人というフィクションをだしてきているだけです。シナ人に愛国心?そんなものはありえないし、政治の道具だってことくらいは習は承知の上です。

>>外貨準備

日本の外貨準備は経常黒字の積み上げですが、シナの外貨準備は外国からの借入金なども含むずさんなものらしいです。

>>マスゾエシンドロームというのだ

舛添は辞任に追い込まれるでしょうね。世間の空気が変わりました。しかし、都民は愚民ですから、都知事は首相任命にしたほうがいいです。ついでに沖縄も。
潜水艦の件で、シナはターンブル首相側近にカネをばらまいたようです。また、ベトナムだって高架鉄道からみで関係する共産党高官がシナから山吹色をもらったという噂が流れています。そんなものです。日本は世界で一番クリーンなほうでは?

>>南シナ海に建設した飛行場以外

南シナ海の埋め立て面積は6倍になったようです。昨日のニュースより。US海軍が近くを通る位じゃなにも影響ないです。シナとしては、オバマのうちに埋め立てるだけ埋め立てておこうということでしょう。オバマは広島にきますが、被爆二世の私からみれば、プラハでの絵物語演説でノーベル平和賞受賞して辞任前にやっておこうという完全なスタンドプレーです。偽善者です。まーー世の中はそんなものでしょうが、広島は碑文の文言といい馬鹿すぎますね。もう一度、原爆受けないとバカはなおらないんじゃないだろうか。

いま、高官汚職の情報は香港からの雑誌でどんどん大陸へ流れています。シナ人は日本人よりよほど賢い連中です。自己中なのですが、逆からいえばたしかに賢い。つまり、シナの中産以上は情報豊富なんです。インターネットが規制されていますが、日本の飼い犬、ペットフード育ちで綺麗な色、柔らかいもの、見栄えがいいものを好む国民性とはついをなす非情さと賢さをもっています。中産以上のシナ人にとっては、習王朝の汚職や資産隠しなんて公然の事実でしょう。だから裸官は憎まれるのです。

投稿: NINJA300 | 2016年5月17日 (火) 12時20分

シナというのは一枚岩ではなくて、雑多な民族・眷属の集まりと思っています。欧米列強がアジアを植民地にした時代、唯一白人と組んだのが、シナ人でした。日本人がアジアの独立を掲げたことは、植民地人と英米仏人等の中間管理職として、ベトナム、マレー、ミャンマーなどで現地人に憎まれながら金儲けをしていたシナ人にとっては都合の悪いことでした。もっとも、日本人がシンガポールを陥落しても、引き続き中間管理職として現地人から搾取できたのなら日本の家来になるのに問題はなかったでしょうが、日本人は自分らをばかにしていたマレー人と同等に扱うのでたまりません。
大陸シナでもドイツや英米の援助で、有色人種のなかで唯一白人と組んだのが、シナ人でした。要は、カネがすべてでカネでどうにでもなるのがシナ人です。同じシナ人であろうが、カネがかかれば、容赦はしません。シナの歴史によく表れています。あの国は今後5年は超乱世となると予想します。
日本はシナ移民を受け入れては破滅します。食いつくされます。それだけ、賢く、冷酷非情な連中です。
80年位に残留孤児を受け入れましたがどうなったか?統計的に、ほとんどは日本社会になじめず、シナヤクザとなりました。いまでも絶大な組織、権力となっています。同じことを繰り返してはだめですが、日本人は内海で育ったさざえのように棘がない「愚民」といわれて仕方ない感触なので繰り返すような予感がします。
今後5年、朝鮮半島有事を予想していますが、これは極東の運命を左右するでしょう。前回50年代の朝鮮戦争では日本は大儲けをしました。次もそうなるとは限りません。倭人自治省にならないことを祈っています。

投稿: NINJA300 | 2016年5月18日 (水) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.5.16) 病気療養中のため二日に1回の割で過去の旅行記を掲載しています。「蝦夷地探訪記 その3」 | トップページ | (28.5.18) 病気療養中のため二日に1回の割で過去の旅行記を掲載しています。「蝦夷地探訪記 その4」 »