« (28.5.13) ロドリゴ闘病記 原田病 その2 | トップページ | (28.5.15) 都民は都知事の選択を誤ったのだろうか? せこさだけが目立つ舛添知事 »

(28.5.14) 病気療養中のため二日に1回の割で過去の旅行記を掲載しています。「蝦夷地探訪記 その2」 

 病気療養中のため新しい記事は二日に一回の割合で掲載し、その間は過去の探訪記を再掲しております。

(22.8.28) ロドリゴ 蝦夷地探訪記 その2

002  

(様似から襟裳岬に海岸線を約36kmたどる

22824_061
今日の目的地襟裳岬

 ロドリゴにとってとても意外な気がしましたのは、この蝦夷地が相対的に衰退していることでございました。
蝦夷地全体としても1995年ごろの人口570万人から、現在は550万人に漸減しており、それは特に漁村部や農村部において著しい傾向となっております。

 ここ様似(さまに)においても1980年には約8000人いた人口が、今では約5000人の規模になり、アポイの火祭りを行うのにも事欠く有様のようでございました。
したがってこの集落にはたしてコンビニと称する食料調達地があるか、非常に不安だったのでございます。



 様似の駅を出立したのは元禄3年8月9日の朝6時ごろでしたが、信じられないことに国の道を約200m程度行ったところで、セイコー・マートと称するコンビニに遭遇することができたのでございます。

 このセイコー・マートは橙色の鳩のマークが目印ですが、長らく江戸表に住みセブン・イレブンローソンを見慣れた目からすると「セイコー・マートって何」という雰囲気でしたが、実際はその後このセイコー・マートに何度も飢餓一歩手前で助けられたものでございます。
主よ、主はロドリゴのためにセイコー・マートを用意してくださったのでしょうか

 何はともあれ、当日と翌日までの食料を入手できましたので食料問題は解決でき、泊まりはいつでも野宿が可能で、非常に晴れ晴れとした気持ちで出立できました。

22824_026
こうした海岸線が続いている

 今日は様似から襟裳岬(えりもみさきまで歩く予定で、距離はおおよそ36km程度と推定されました。時速4km約9時間の行程ですが、途中で休みを入れたりして10時間程度で襟裳岬に到着が可能に思われました。

 ここ日高地方の太平洋側に面した海岸線は日高昆布の一大産地で、この時期は漁家はあげてこの昆布の収穫に全精力を集中しておりました。
昆布は資源保護のために夏の4ヶ月と漁期が決められ、かつ朝方の3時間だけが許されるという制限の元に、ここに漁業権を持っている猟師が一斉に船を出して収穫を競い合っておりました。

 今回の探索はほとんど海岸線に沿ったものでしたので、この昆布漁の光景は幾度となく見ることができましたが、この昆布漁でその年の生活をまかなわれており、収穫量の多寡が生活を決定づけているようでございました。

22824_007
舟で収穫した昆布はトラックに積み替えられ干し場に運ばれていく。こうした作業は一家総出で行われていた

 そして概して言えば漁家は昆布のおかげでかなり裕福な生活をしており、家並みも江戸表のそれとそん色ないレベルでございました。
なるほど、松前藩の財力はこの昆布漁に負っているのか

 途中この地域の守り神である約800mほどのアポイ岳火のあるところの山)の麓を過ぎましたが、ここはアイヌの聖地のようでございました。
襟裳の国の道をひたすら南下し、朝方の霧も晴れ強い直射日光が肌を刺すほどの好天になったのでございます。

 山が海岸にまで迫っており、急斜面を川が流れ落ちており、おかげで水の苦労はなく、また身体が火照ると水浴びをして体温を下げることができたのでございます。

 えりも港を過ぎると、襟裳公園道という特別な道があり、周りの光景が一変し高山植物と笹が生い茂る荒涼とした景色が続いておりました。
ここは昨年歩いたフランスの高原地帯にそっくりだ」そんな感じの場所でございます。

 襟裳岬は江戸表の歌い手、森進一が「襟裳の春は 何もない春です」と歌った場所でございますが、この時期常に霧が立ち込め長袖を着込まないと寒さに耐えられないような場所でございました。

22824_057
こうした光景が延々と続く

 ようやくついたものの景色は霧にかき消されていましたので、灯台の後ろあたりにテントを張って寝ようとしておりましたところ、ここに住居を構えている和人が「旅の方、もし野宿をされるならバス停の待合室が戸もきっちり閉まって快適ですよ」と教えてくれたのでございます。

22824_063
このバス停が一夜の宿になった。戸が頑丈に作られておりヒグマでも開けられないようになっている

 ここ襟裳岬にはヒグマが出没しているらしく、有線放送でさかんに熊対策を放送しており、キャンプなどしていると熊の餌食になってしまいそうな雰囲気でしたので、喜んでこの和人の言葉に従い、バス停の待合室で一夜を過ごすことにしたのでございます。

|

« (28.5.13) ロドリゴ闘病記 原田病 その2 | トップページ | (28.5.15) 都民は都知事の選択を誤ったのだろうか? せこさだけが目立つ舛添知事 »

旅行 蝦夷地周遊記」カテゴリの記事

コメント

北海道へ秋から冬にかけて移住して、エゾシカ猟をやるならば、北海道のどの街辺りがお勧めでしょうか?体調の良い時におしえていただければと思います。、
体調悪いなら無視していただいて結構です。
想像ですが、いまの北海道の寒村は人口減で逆に住みやすいのではと思っております。

投稿: NINJA300 | 2016年5月14日 (土) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.5.13) ロドリゴ闘病記 原田病 その2 | トップページ | (28.5.15) 都民は都知事の選択を誤ったのだろうか? せこさだけが目立つ舛添知事 »