« (28.4.2) オーストラリア ターンブル政権の二股外交 「俺はほんとは中国が好きなのだ!!」 | トップページ | (28.4.4) 文部科学省の大学入試改革は本当に必要か? 大学が独自に動き出した »

(28.4.3) JALのシステムトラブル  社長は徹底解明というけれど・・・・

22425_070_2 

 ここにきてANAJALが続けざまにシステムトラブルを起こしている。
安倍政権が観光大国日本をめざして、訪日客6000万人を目標にかかげたのに、航空会社がシステムトラブル続きでは様にならない。

 ANAとJALのトラブル内容は全く異なっていて、ANAシステム移行に伴う一時的なトラブルと思われるのに対し、JALの方は原因不明のトラブルで再発可能性が濃厚であるところが違う。
JALで発生したトラブルは「重量バランス管理システム」で発生している。機体の重量チェックとバランスを計算するシステムだそうだが、私はこうしたシステムがあることを知らなかった。
へー、昔は人が機内や倉庫を見まわして判断していたのに今はシステムでチェックか!!」

 このシステムはJALがルフトハンザから購入したものだが、基幹システム以外は外国製品をパッケージとして購入することは多い。
自社で開発するより安いし早くシステムが稼働するから便利なのだが、最大の欠点はトラブルが発生した場合JALのシステムマンが対処できないことだ
仕様書はドイツ語で書かれているし、自分で作ったのでないのでプログラムも分からないし、第一このプログラム言語は何だ、特殊言語でないか!!」なんてことによくなってお手上げになる。

注)私がかつて現役だったころIBMから紹介された国際取引システムのパッケージを導入したが、トラブルが発生した時はIBMも対応ができず、このシステムの開発者が海外からやってきてようやく解決したものの数か月かかった。

 このシステムは14年6月にもトラブルが発生して174便が欠航になっていた。この時のトラブル原因は今回と同じでメッセージを保管していたファイルにメッセージが異常にたまってシステムが動かなくなったのだそうだ。
ファイルに はため込める最大容量があってそれを越えるとシステムダウンするから、トラブルとしてはよくある内容だ。

 14年6月の時はこのメッセージファイルのメッセージを抹消するとシステムが稼働したので、それで復旧した。
やれやれ、原因は不明だがなぜかメッセージがたまってしまう構造になっている。仕方がないからファイル容量をチェックして、その都度メッセージを消すのがよさそうだ

 JALのシステムマンとしては原因究明はできなかったが対処方法は分かったのでそれで良しとしたらしい
ところが今回も予想に反してメッセージファイルにメッセージが異常にたまって再びトラブルが発生してしまった。今度は46便が欠航している。

「あんたら、不要なメッセージを定期的に抹消しているから二度とトラブルは起こらないといったのに、このざまはなんだ。必ず早期に原因を究明して二度とこのようなことが発生しないようにしろ植木社長が激怒した。
システム担当役員は恐縮してすぐに対処を約束したが、現場はてんてこ舞いだ。
そんなことを言ったってドイツ語なんてさっぱり分からないし、これはルフトハンザで開発を担当した担当者に来てもらう以外に手はないじゃないか・・・・・・・」

 だが、ルフトハンザとしてもすぐに担当者を送る体制になっていない。第一システム開発は外注だし、実際に開発したシステムマンはすでに退職しているかもしれない。
自社開発でなくパッケージを外国から購入すると必ず起こるトラブルで、JALはその罠に落ちてしまった
仕方がないからメッセージファイルの監視をさらに強化してすぐにメッセージを抹消しておこう
根本的解決までは対処療法しか手はないのだが、果たして根本的解決は可能だろうか。
植木社長はすぐに原因を究明せよと命令しているが、現場ではどうしてよいか分からないのが本音だ。

「カンパの依頼 」

 市民の財産は市民が守る運動の一環として昨年に引き続き一人当たり3000円のカンパをお願いできないでしょうか。カンパは塗料、草刈のガソリン代、ベンチ補修用資材に使用いたします。

  28年度のカンパ目標を10万円とし、ベンチの補修目標を10基にいたします。

 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです(お礼のメールを出したいため)。


・千葉銀行 鎌取支店(092) ・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)
・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)

なお、おゆみ野クリーンクラブの活動状況については以下にまとめてあります。 http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat45485858/index.html

 

|

« (28.4.2) オーストラリア ターンブル政権の二股外交 「俺はほんとは中国が好きなのだ!!」 | トップページ | (28.4.4) 文部科学省の大学入試改革は本当に必要か? 大学が独自に動き出した »

評論 日本の政治 航空行政」カテゴリの記事

コメント

先日のANAでは、私もひどい目に会いました。
折角築き上げてきた商談の、肝心の会議に担当者として参加が出来ず、相手に都合の良い議事録が出来てしまって、臍を噛みました。
いつも利用するLCCならある程度の覚悟があり、少し時間を取った日程を組むのですが、まさか天下の全日空が。そして今度は日本航空です。

場合によってはLCCの6倍以上の運賃をふんだくり、客室乗務員の過剰な接客と、ポイントがたまったVIP待遇客には専用待合室まで稼働させている大航空会社が、飛行機が飛びません」は許されません。余計なサービスはいいから、ちゃんと仕事しろよと言いたいですね。
システムは必ずトラブリますので仕方がないのですが、常に陳腐化を避け、要員を確保し教育訓練しておくべきです。

カンパ(4/4 振込予約)させていただきました。
毎日楽しませていただいているこのブログの購読料代わりです。

投稿: バイオマスおやじ | 2016年4月 3日 (日) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.4.2) オーストラリア ターンブル政権の二股外交 「俺はほんとは中国が好きなのだ!!」 | トップページ | (28.4.4) 文部科学省の大学入試改革は本当に必要か? 大学が独自に動き出した »