« (28.4.6) 千葉の中学生の英語能力が日本一だという。 うれしいじゃござんせんか | トップページ | (28.4.8) 世界経済は低成長時代が続く  高度成長時代の終わり!! »

(28.4.7) 世紀のスキャンダル「パナマ文書」流出 習近平氏の晩年は真っ暗

22419_043 

 今度は「パナマ文書」の流出だそうだ。しばらく前にCIAの職員だったスノーデン氏が大量のCIA文書を流出させたが、今度のパナマ文書はパナマにある法律事務所から流出したもので、所得隠しや税金逃れやマネーロンダリングの情報が山のように含まれているという。
パナマの事務所は「自社のコンピュータがハッキングされて大量の情報が流出した」と事務所は被害者だと公表している。
パナマはタックスヘイブンの国だが、そこの法律事務所を通じて主としてバージン諸島等との取引が活発に行われていらしいことが分かった。

 この資料は膨大なもので約21万の団体の資料が含まれており、主要な政治家や著名人が120名、そのうち現役が12名だそうだ。
名前が上がっているのはロシア・プーチン氏の側近、中国・習近平氏の親族、イギリス・キャメロン首相の父親、シリア・アサド氏の従弟、マレーシア・ナジブ氏の息子やパキスタン首相、ウクライナ大統領、そしてアイスランドのグンロイグソン首相だが、直接本人がとりひきしていたグンロイグソン首相は辞任してしまった。
グンロイグソン氏はリーマンショックのさなかに資産を守ろうと妻との共同名義で自国の債券をタックスヘイブン地域に移していたという。
首相にもなろうとした人物が、自ら進んで自分の財産だけを守るとは何事か」つるし上げられてしまった。

 この「パナマ文書」にはいままでは極秘とされて証拠がないため見過ごされてきた多くの税金逃れやマネーロンダリングの情報が含まれている。
すっぱ抜いたのはドイツの新聞社で、これを精査して公表したのはICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連盟)という非営利法人だ。
私はICIJなる組織があること自体知らなかったが、今世界中で大騒ぎになっている。

注)ドイツの新聞社に情報を持ち込んだのはおそらくアノニマスのメンバーだろう。

 議会制民主主義の国では議会の追及が激しいからアイルランドの首相などは早速辞任においこまれたが、イギリス・キャメロン首相も枕を高くして寝られなくなった。
ロシアのプーチン首相の側近が取引に関与した問題ではロシアは「これはプーチン政権を陥れようとしたアメリカの陰謀だ」と反論しているが、いかにも謀略好きのロシアらしい。

 また中国では大急ぎでネット検閲をはじめ、ネット上から「パナマ文書」に関する情報をすべて消し去っている。何しろ習近平氏の実姉の夫が関与しており、この取引は習近平氏が主席になった途端終了したのだそうだが、明らかに習近平一族の資産隠しといえる。
俺がマネロンしていたことがばれてしまうと主席の地位すら危うくなる、くわばら、くわばら」というとこだろうが、まさか1978年から2015年のすべての文書が外にもれるとは予想していなかっただろう。

 中国は当面はネット検閲で逃れるつもりだが、今回発表されて資料はその一部に過ぎないから次々に暴露されては対応にも限界がくる。
くそ、中国人が汚職をしてそれを海外に隠すのは常識でないか。それをわざわざ暴露するとはICIJは世の中の常識をしらないとんでもない連中だ」ブツブツ。

 ネット時代は恐ろしい。政府の文書もタックスヘイブンの文書も一瞬のうちに世界に伝搬してしまう。
習近平氏にしてもプーチン氏にしても独裁者はこうした情報を抹殺するが、それは自身が権力の地位にいる間だけで、引退すればさっそく検察の手が伸びてくる。
習近平氏などは反対派が手ぐすねをしいているから晩年を全うすることなどほぼ不可能になってきた。
そしてこれからもこの「パナマ文書」に悩み続ける大物が続出しそうで、世紀のスキャンダルになってきた。

「カンパの依頼 」

 市民の財産は市民が守る運動の一環として昨年に引き続き一人当たり3000円のカンパをお願いできないでしょうか。カンパは塗料、草刈のガソリン代、ベンチ補修用資材に使用いたします。

  28年度のカンパ目標を10万円とし、ベンチの補修目標を10基にいたします。

 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです(お礼のメールを出したいため)。


・千葉銀行 鎌取支店(092) ・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)
・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)

なお、おゆみ野クリーンクラブの活動状況については以下にまとめてあります。 http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat45485858/index.html
 

|

« (28.4.6) 千葉の中学生の英語能力が日本一だという。 うれしいじゃござんせんか | トップページ | (28.4.8) 世界経済は低成長時代が続く  高度成長時代の終わり!! »

評論 世界政治」カテゴリの記事

コメント

 
パナマ文書で日本人の名前も取りざたされてるようですが、人間とは嫌な動物、弱い動物こんな誘いが耳元でつぶやかれるとやってしまうのでしょうね。
言葉も軽い 生活感のない二世政治家達は どうでしょう大丈夫かな。 また秘書が、秘書さんが勝手に・・・、でしょうがね。

日本死ね、は追い詰められた女の激情 言葉でした。 あの一瞬の言葉、激情が日本中を震撼させています。そして今度はパナマ文書が。
ワクワクしますね、日本の項目が公表されることが楽しみですね。

投稿: 絶望人 | 2016年4月 7日 (木) 11時50分

なぜかアメリカの富豪の名前が見当たらないので、CIAの陰謀説が流れています。

投稿: NINJA300 | 2016年4月 7日 (木) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.4.6) 千葉の中学生の英語能力が日本一だという。 うれしいじゃござんせんか | トップページ | (28.4.8) 世界経済は低成長時代が続く  高度成長時代の終わり!! »