« (28.3.12) 高浜原発訴訟 絶対に安全でないと稼働は認められないと裁判官はいう | トップページ | (28.3.14) アジア人が日本に押し寄せてくる。「観光も仕事も日本が一番だ!!!」 »

(28.3.13) 大変だ、金融政策が効かなくなった!! ECBドラギ総裁も、日銀黒田総裁も、FRBイエレン議長も真っ青

Dscf6094 

 ここにきて中央銀行が行うサプライズがことごとく失敗している。
FRBは昨年12月にゼロ金利政策を終了したが、これを見て世界の資金は新興国からアメリカに怒涛のように逆流し、世界の株式市場がリーマンショック時のようなパニックに陥った。

注)イエレン議長の低金利政策終了の影響は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-92a3.html

 16年1月末に は日本経済に再び活力を取り戻させようと黒田日銀マイナス金利のバズーカを炸裂させたがこの効果はほんの数日で、再び円は円高にふれ株価は低迷したままになってしまった。
かつては日銀黒田が動けばすぐに市場が反応したのに、今では全く無視され日本経済が浮揚する兆候は全く見られない。今までと同じ1%前後の成長が続けば良しとする状況でインフレに はなりそうにない。

注)日銀黒田のマイナス金利導入については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/pp.html

 今月に入って欧州中央銀行ドラギ総裁が動いた。
今度は本当のサプライズだと用意したのは、マイナス金利を0.3%から0.4%に拡大し、資金の量的緩和として資金供給額を毎月600億ユーロ(約7兆円)から800億ユーロ(約10兆円)規模に拡大し、ECBが購入する債券は国債だけでなく高格付の社債も可能とするものだった。
どうだ、これだけ金融を緩和すればユーロ安になって物価は上昇し、低迷している経済も活性化するだろう」ドラギ総裁は胸を張ったが市場の反応はさっぱりだった。

 ユーロは逆に値上がりしてしまうし、これでは輸入価格上昇に伴う物価上昇など夢のまた夢だ。ヨーロッパはかつての日本のように何をやっても物価が低下するデフレのわなから抜け出せなくなっている。
資金緩和で資金が向かう先は不動産市場、株式市場、それとコモディティ市場と決まっていたが、ここに来てコモディティ は中国経済が崩壊し最終需要がなくなってしまったのでまったく動かないし、株式市場はFRBのゼロ金利政策終了を見て資金は国債といった安全資産に移し替えられている。
不動産市況だけは活況だがそれは優良物件だけだから中国市場のように鬼城だらけのところに はよりつかない。

 ここに来て量的緩和策やマイナス金利といった金融政策の効果がなくなってしまった。アメリカ経済も日本経済もヨーロッパ経済も長期低迷の様相を示してきたし、新興国は中国やブラジルやロシアといった国が経済の崩壊過程に入っており、これではいくら資金緩和を行っても使用する場所がない。
もともと先進国経済は成長限界に達しておりそれを資金緩和で無理やりバブルを作って無駄な需要を創出しては乗り切ってきた。
だがもともと老人になった経済に「まだお前は若い、走れ、もっと走れ」といっているようなものだから限界がある。

 一方で若手のホープといわれていた中国経済は体を壊して全く元気がないし、次のホープのインドはまだ若すぎてエースにならない。
21世紀に入り世界経済はこれ以上成長が不可能な成長限界に到達してしまったようだ。

注)21世紀が新しい中世になるとの指摘は何回も行ってきた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/pppp-2.html

|

« (28.3.12) 高浜原発訴訟 絶対に安全でないと稼働は認められないと裁判官はいう | トップページ | (28.3.14) アジア人が日本に押し寄せてくる。「観光も仕事も日本が一番だ!!!」 »

評論 世界経済」カテゴリの記事

コメント

日本だけも好景気になりませんかね・・・

投稿: chaichanpapa | 2016年3月13日 (日) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.3.12) 高浜原発訴訟 絶対に安全でないと稼働は認められないと裁判官はいう | トップページ | (28.3.14) アジア人が日本に押し寄せてくる。「観光も仕事も日本が一番だ!!!」 »