« (28.3.4) 日下公人 「こうして2016年、日本の時代が本格的に始まった」 | トップページ | (28.3.6) 「複雑怪奇なり」 沖縄辺野古移設裁判の和解という名の休戦 »

(28.3.5) やったぜベイビー  指導していた中学生が高校入試に合格した!!

Dscf6104 

 今日はほとんど小躍りしてしまった。教えていた中学生が県立の高校入試に合格したからだ。私は家で中学生と高校生に勉強の指導をしているのだが、今年は2名の中学生が受験だった。ここ千葉県では公立高校の試験は前期と後期の2回あり、前期で約3分の2、後期で約3分の1が合格になる。
前期で不合格だった子供も後期にもう一回受験できる仕組みになっている。

 私が指導した2名の受験生のうち1名は前期で合格したが、もう一名は落ちてしまった。
後期でもう一度同じ高校を受験すると言うのだが、前期と後期の間には3週間しか時間の余裕がない。
毎日我が家に来い。特訓する!!」
それからは必死だった。
この子は実に真面目な子で私の指導を素直に実行して受験体制を整えてきたが、自身の学力ではやや困難と思われる学校を受験していた。
前期受験後自己採点してみたが合格に約40点程度足りない
40点か・・・・1科目10点余りアップさせなければならないな・・・・・・・
千葉県の入試は5教科で500点満点である。

 私が必死になったのには理由がある。私が指導している子供は掛け持ちで他の進学指導教室に通っている子も多く、夏休みや冬休みはそうした進学塾の夏期講習や冬期講習に参加して私の指導を受けない子も多い。
しかし今年の2名の中学生はそうした掛け持ちは全くなく私の指導がすべてだったので子供の合格不合格は本人の努力を別にすればすべて私の指導力にかかっていた
何としても合格させなければ・・・・・・・・」

 私が高校や大学の受験をしたのは今から50年以上も前だが、かつての受験テクニックを総動員して指導を行った。
過去問を徹底的に研究して出そうな想定問題に絞って強化したり、国語や英語の作文の強化をはかった。
いいかい、国語の作文の配点のウェイトは高い、何としても書き上げるのだ。現代文は恐ろしく難しいからこんな問題にかかわっているとすぐに時間がなくなるから飛ばすのだ!!」

「数学は50点は真面目に勉強した子なら誰でも取れるようになっている。また難しい二次関数や証明や特殊問題は最初の小問題だけは必ず解ける。だからこの最初の小問題だけは最初に解いておくのだ

ヒアリングのウェイトは20点とたかい、毎日過去問のヒアリングをするのだ。耳にならすのが一番だぞ!!長文を真面目にやっていると時間がなくなるので最初は飛ばして時間に余裕ができてから解け、最初はダメだぞ

社会のデータを読ませて回答を選択させる問題は、正解の選択肢が最後か最後から二番目にある場合が多い。だから回答の選択肢のチェック後ろから行うのだ。先頭から行うと時間がかかって仕方がないぞ

 3週間にわたりこうして過去問と大格闘だった。実際は昨年の夏休みごろから過去問の指導をしていたが、前期試験に落ちてからは完全にピンポイントの指導になった。
あまりに過去問をやったので最後にはどのような問題が出されるか推定ができるほどになってしまった。

 今朝(4日)合格発表を見に行った子供から「合格しました」という一報が入った時は。小躍りし、思わず泣きだしてしまった。
よくやった、実によくやった!!えらいぞ・・・・・・」
ほとんど自分が受験をしたような気持ちだ。
100%私の指導の下に受験勉強をしてきた子供が、当初やや無理と思われた目的の高校に入学で来たのだからこんなにうれしいことはない。
感極まり「いやいや、山ちゃんの進学指導もなかなかのものじゃないか」自分で自分をほめていた。

 

|

« (28.3.4) 日下公人 「こうして2016年、日本の時代が本格的に始まった」 | トップページ | (28.3.6) 「複雑怪奇なり」 沖縄辺野古移設裁判の和解という名の休戦 »

ボランティア 教育指導 数学・理科・英語」カテゴリの記事

コメント

先生 ご苦労様でした。
受験生を抱えここ数ヶ月間はプレッシャーで大変だったことでしょう。 ご努力が報われ本当におめでとうございます。
厳しい入学試験で入学できた高校には希望と厳しくも充実した雰囲気が満ちている事と思います。

(山崎)ありがとうございます。

投稿: 絶望人 | 2016年3月 5日 (土) 08時34分

鉄人、生徒さんの合格おめでとうございます。
嬉しさが溢れ出ている文面です。
鉄人のブログは毎日楽しみに読んでおります。
お体ご自愛なさってください。
ありがとうございます。

投稿: ぽんぽ | 2016年3月 5日 (土) 11時11分

所長様、合格おめでとうございます。
本当にお疲れ様でした。50年前の受験テクニックが現代でも通用するとは素晴らしいことですが、教育界と言うのは時間の静止した世界なのですね。

投稿: たぬき | 2016年3月 5日 (土) 13時11分

良い先生に巡り合えて生徒は幸せですね。不公平です。w

投稿: NINJA300 | 2016年3月 6日 (日) 03時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.3.4) 日下公人 「こうして2016年、日本の時代が本格的に始まった」 | トップページ | (28.3.6) 「複雑怪奇なり」 沖縄辺野古移設裁判の和解という名の休戦 »