« (28.3.15) ブラジル ルセフ政権の末路 中国を信じたブラジル経済はまっさかさま | トップページ | (28.3.17) 世界経済が低迷し、日本も海運不況・造船不況に突入した。 »

(28.3.16) 「エルドアンは嫌いだ、だがエルドアン抜きに難民問題は解決しない」 EUの苦悩

Dscf5309 

 トルコ政府
PKKクルド労働者党)との戦いはかつてのイギリス政府と北アイルランドのカソリック教徒との戦いのような様相を呈してきた。なにかアンカラベルファストのようにみえる。
昨年7月にトルコ政府は有志連合のIS掃討作戦に参戦したが、IS掃討とは名ばかりで本当の狙いはシリア国内にいるクルド労働者党の掃討をねらったものだった。
一方でPKKは対IS作戦の重要な地上部隊でアメリカやEUが最も期待している部隊なのでこのトルコのPKK掃討作戦に は歯ぎしりしている。
トルコのやつ、何を考えているんだ。これではISを絶滅できないではないか

 だがトルコにとってはISはどうでもよく、トルコからの独立運動を組織している天敵のPKKこそが第一の敵だから有志連合に参戦するのはPKKをたたくための口実にすぎない。
簡単に言えばどさくさに紛れてISと一緒にPKKを掃討しようというものだから、当然のことにPKKは猛反発をした。

 昨年の7月以降大小さまざまなテロ事件がトルコで発生し、特に首都のアンカラでは15年10月に100人を越える自爆テロ事件が発生した。
今年に入ってからもテロは続いており3月17日に はアンカラの繁華街で7回目の自爆テロが発生し犠牲者は37名に及んでいる。
従来PKKのテロは政府庁舎や軍事施設を狙った限定的なものが多かったが今回は明らかに一般人を狙った自爆テロで、もはやテロに は道義はないということのようだ。

注)トルコで発生しているテロに はPKKとISのものがあるがトルコ政府はすべてPKKの仕業としている。

 このテロに対しエルドアン大統領は「テロを実施するものだけでなく、犯行を可能にするものもテロリストと見なす」と強気の対応をとっているが、これはメディアを含めて、対テロ作戦に批判的な団体もテロ組織と見なして摘発対象にするということだ。
すでに最も批判的新聞だったザマンを政府の管理下において言論統制を強化したばかりだ。

 EUやアメリカはこの強権的なエルドアン体制に批判的だが、強くトルコを批判できない理由がある。
ヨーロッパにとって最も緊急な課題は難民問題だが、トルコの協力なしにこれは片付かないので、言論弾圧やPKKの掃討についてはポーズ以上の反対はせずトルコとの妥協を図ろうとしている。
現在シリア難民はトルコ経由ギリシャの離島へのゴムボートでの上陸が最も主要なルートだが、従来トルコ政府はこの渡航を黙認していた。
厄介者はさっさとギリシャにわたってくれ。あとはどうなろうと知ったこっちゃない

 EUは難民斡旋業者の逮捕や渡航禁止措置をトルコ政府に申し出ていたが、トルコとしたら難民を国内に抱えるのは嫌だから馬耳東風の対応をしてきた。
だがEUとしたらなんとかしてトルコ政府の協力を得て難民問題を解決しなければEUの体制までも崩壊しそうなので、トルコ政府と妥協を図ることとした。
トルコ国内の言論弾圧やPKKとの戦闘よりは、何しろ難民問題の解決だ。難民問題で協力してくれたら後は目をつぶる

 現在EUやギリシャとトルコとの間でおおよそ以下のような枠組みが図られつつある。
① トルコからギリシャにわたった難民はすべてトルコに移送する。
② トルコはトルコ国内にいるシリア政治難民を選別してこれをEUに送り付ける。
③ こうした措置をトルコが実施する見返りにEUはトルコに60億ユーロ(7500億円)の財政支援をする


 現在の無差別の移民や難民でなくシリア難民に限ってEUは受け入れることになるのでEU国内で反発が弱まるはずだというのがEU首脳の読みだ。
一方でトルコは巨額の難民対策費をEUの負担で支出することができることになる。
シリア問題は複雑怪奇で敵と味方が判然とせずIS掃討といってもトルコとロシアとEUやアメリカは同床異夢だ。
トルコは難民対策のキープレイヤーだからエルドアン大統領がいくら強権的でもトルコなしに は難民問題の解決はできそうにない。

 

 

|

« (28.3.15) ブラジル ルセフ政権の末路 中国を信じたブラジル経済はまっさかさま | トップページ | (28.3.17) 世界経済が低迷し、日本も海運不況・造船不況に突入した。 »

評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.3.15) ブラジル ルセフ政権の末路 中国を信じたブラジル経済はまっさかさま | トップページ | (28.3.17) 世界経済が低迷し、日本も海運不況・造船不況に突入した。 »