« (28.3.6) 「複雑怪奇なり」 沖縄辺野古移設裁判の和解という名の休戦 | トップページ | (28.3.8) 老人大国に向かった中国の苦悩 「未富先老」になってしまった!! »

(28.3.7) ビットコインが法規制の網に だがそれを信じて投機をするとひどい目にあう!!

22326_021

  ビットコインなどと言われても、「ああ、あのイカサマ商品か」と思ってしまうが、政府が「ビットコインを貨幣と見なして法規制の対象にする」といいだしたので驚いてしまった。
何しろ今から約2年ほど前にマウントゴックスというビットコイン取扱業者が倒産し、その時の負債総額が約82億円で債権者は約13万人(日本人が多かったいたが、当然のことに回収はおぼつかなく泣き寝入りになったばかりだ。
訳の分からない商品に手を出して一獲千金を狙う方が悪い」多くの日本人はそう思ったはずだ。

注)現在ビットコインが世界的に利用されている理由は以下の通り
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-9a7d.html

 私はもう日本ではビットコインはすたれたのかと思っていたが、どっこいしぶとく残っていて自民党に対し熱心なロビー活動をした結果、政府はこのたびビットコインを貨幣と見なす法改正をするのだという。
日本には7つのビットコイン取り扱い業者がいて、そこが実質的な取引所の機能を有しているので、金融庁がそうした業者の資産チェックや業務チェックを行って、顧客に害を及ぼさないようにするのだそうだ。

 現在日本人のビットコイン利用者は5万人程度と推定されており、世界的に見ると1200万人の利用者がいて、中国人の割合が5割程度と推定されている。
この中国人が主として利用しているというのが曲者で、中国にはビットコインで買い物や食事ができる店などほとんどないのに、やたらと中国人はビットコインの口座を持っている。
やましい使われ方をしているのだ。

注)ビットコインがどのようなものかの説明は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-6bdf.html

 ビットコインは通貨だが、ものを購入するのではなく中国では海外送金に利用されている。一種の口座振替の感覚で送金ができるのだが、銀行と違ってインターネット経由だから手数料は非常に安く、何より銀行を通さないから中国政府の目を盗んで海外送金が可能になる
今のうちだ、人民元をみんなドルにかえてしまおう」そのための手段がこのビットコインだ。
ビットコインとして送り、それを現地でドルにかえればいい。

 だがあまりに中国人がビットコインに殺到したためビットコインの価格が急上昇してしまった。ビットコインは商品としての性格もあるから、金やプラチナや原油と同様に需要と供給で決まる。現在はやたらと需要が多いので当初は1ビットコイン10ドル(1200円)程度だったのが、最近時点では4万7千円程度に値上がりしている。
当初は単純な通貨として登場したが、たちまちのうちに投機商品となって、金やプラチナと何ら変わらなくなってきた。

 単なる決済手段ならプリペイドカードと同じだが、投機商品として国際的に取引されており、簡単に言ってしまえば株の投資と何ら変わりがない。
ビットコインの利用者は投機のつもりで売買しているから、素人が手を出すと痛い目にあうのはマウントゴックスの事例を見れば分かるだろう。
政府が法規制に乗り出すことは分かるが、それを信じてこのような投機商品に手を出すと大損害を被ることだけは確かだ。

|

« (28.3.6) 「複雑怪奇なり」 沖縄辺野古移設裁判の和解という名の休戦 | トップページ | (28.3.8) 老人大国に向かった中国の苦悩 「未富先老」になってしまった!! »

評論 世界経済 金融問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.3.6) 「複雑怪奇なり」 沖縄辺野古移設裁判の和解という名の休戦 | トップページ | (28.3.8) 老人大国に向かった中国の苦悩 「未富先老」になってしまった!! »