« (28.2.6) 日本農業が世界に羽ばたきだした。日本食が大ブレイク!! | トップページ | (28.2.8) 高校受験が迫ってきた。 毎日特訓に次ぐ特訓だ!! »

(28.2.7) 商社大失速 資源価格の低迷で資源投資が大失敗

20128_029 

 私などはこのところの資源価格の低下を見て「日本のような資源輸入国は我が世の春を迎えた」と喜んでいるのだが、すべての日本人や日本企業がこの資源安を喜んでいるわけではないようだ。
特に資源関連の企業体は思わぬ含み損を抱えて四苦八苦している。

 何しろ原油や鉄鉱石といった資源価格はピーク時から4分の1昨年比でも約半分に低下したのだから、備蓄などしていたらひどい評価損が発生するし、また資源投資をしていたら完全に裏目に出てしまう。
特に商社はここ数年の資源の高騰や、東日本大震災による原発の全面停止を見て原油やLNGやシェールガスや鉄鉱石等の開発投資を積極的にしてきたが、どれもこれも評価損だらけになってしまった。

 昨年は5大商社の特別損失約7000億円だったが、今年も約3000億円の特別損失を計上するという。しかしこの3000億円は本来損失計上しなければならない金額の一部のようで、ブルームバーグの試算ではそれは6000億円から1兆5千億円の間だという。
しかもこの試算でさえ現在の価格を前提にしているからさらに価格低下などすればこの金額は上積みされる。

 中国は相変わらず7%前後の世界的に見ても驚くほどの成長をしていることになっていて、こうした数字を前提に総合商社は投資を行ってきたが、実際の中国経済は成長を止めてかえってマイナス成長に陥っている。
公式数字を信じて投資をしてきた我々がバカだったのだろうか・・・・・」反省しきりだがどうにもならない。
オーストラリアやブラジルや南アフリカ等の資源国は中国の需要が冷え込むなどとはよもや思っていなかったが完全に買い手不在になっている。

 こうした鉱山へ日本の商社が資本参加していて、その中でも特に住友商事は資源投資に失敗しており、今季はニッケルや鉄鉱石関連で1700億の特別損失を計上するという。
昨年も約3000億円の特別損失を計上して赤字だったがどこまで経営が悪化するか見えない状況だ。

注)住友商事が資源投資で失敗した経緯は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-b492.html

 私が現役のころは住友商事といえば商社の中でも手堅い商売をし利益もバッチリ稼いでいて「さすが住友さんは商売がうまい」と評価されていたがその評価も今は昔だ。
何度も言うが世界中が中国の統計数字にだまされ巨大投資を行ってきた結果がこの惨状だ。だまされた方も悪いのだが中国は何とも罪作りの国だとしみじみ思う。

|

« (28.2.6) 日本農業が世界に羽ばたきだした。日本食が大ブレイク!! | トップページ | (28.2.8) 高校受験が迫ってきた。 毎日特訓に次ぐ特訓だ!! »

評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事」カテゴリの記事

コメント

「お前たちは明日はどこそこに行って儲けてやろう、などと思ってはいけない」。 こんな言葉が新約聖書のどこかにありましたね。
この投機を戒め誠実に働く事こそが大事と、集まってきた庶民に話しかけるイエスの言葉など商社と称する博徒連中には馬耳東風、それがこのザマです。
ああ日本国家に日本経済に日本人全てに恩恵をもたらしている資源価格低下が商社には禍いとは何たる悪行の報いか。 言いすぎましたか。

貿易収支は劇的に改善、資源輸入量は減ってないのに金額は激減。 日本の富がアラブなどの贅沢三昧の国、思い上がったブラジル豪州南アフリカなどに行かなくて済むのです。庶民を馬鹿にした物価UPインフレを狙う日銀にも逆風ですが庶民には神風、神の恩寵でなくてなんでしょう。

株屋、商社、など自分は手に汗せず他人に働かせ空調のきいた部屋にいて投機をおこない暴利をむさぼっていたものに天誅が下された思いです。
国民生活を無視しつづける日銀のインフレ政策も同じく破綻する。 日本には今この穏やかなデフレこそが正しく好ましい常態なのです。

投稿: 絶望人 | 2016年2月 7日 (日) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.2.6) 日本農業が世界に羽ばたきだした。日本食が大ブレイク!! | トップページ | (28.2.8) 高校受験が迫ってきた。 毎日特訓に次ぐ特訓だ!! »