« (28.2.24) 資源国の時代から消費国の時代に  日本にとっては天の恵みだ!! | トップページ | (28.2.26) 韓国経済はどこまで凋落するか!! 失われた20年が始まっている。 »

(28.2.25) トランプ現象 「外国人はみんな嫌いだ、出ていけ!!」

2321_009

  アメリカ大統領選は序盤戦が終わって共和党はトランプ氏民主党はクリントン氏が優勢に予備選を進めている。このままこの勢いが続くかどうかはまだ未知数だが、意外にトランプ氏の健闘が目立つ。
トランプ氏の主張は共和党主流派の主張とはあいはなれた、いままではアウトサイダーと見なされていた人の主張に近いがなぜか大衆の支持を得ている。

 イスラム教徒をアメリカに入国させるなとか、「メキシコ人は暴行魔だからメキシコ人の不法移民をすべて国外退去させろとか、世界株安は「中国人、おまえらのせいだ」といった主張は、今まではたとえいいたくても憚られて品のあるアメリカ人の主張する言葉でなかった。
あまりのひどさにローマ法王が「架け橋でなく壁を作ろうとする人は誰であれ、キリスト教徒ではない」とたしなめたほどだ。
だがトランプ氏はこの品の悪い言葉をひるむことなくさらに連発し、そしてアメリカ人がそれを支持している。
そうだ、トランプの言う通りだ、シリア人なんて嫌いだ、メキシコ人も嫌だ、みんなアメリカからでていけ!!!」

 どこの国でもそうだが中間層が多い国は国内が安定し極端な主張はでてこない。アメリカの中間層とは年収が500万から1500万程度で、工場労働者が多く、子供が二人で郊外に家と自動車を持っているイメージだ。
こうした人々はコミュニティーの中枢で地区活動にも熱心で、ほとんどがキリスト教徒で日曜日に は教会に通い間違っても犯罪を犯かすことのない人々だ。

 問題はアメリカではこの中間層が近年ますます少なくなって、低所得者と高額所得者が増加していることだ。
2015年にはこの中間層とそうでない層の人口が逆転したが、アメリカが安定していたころは7割程度が中間層だった。
そして圧倒的に増えているのが低所得者層で、こうした人々はアメリカの栄光や世界に対する責任などから最も遠い存在で、それよりも自分たちの日々の生活に追われている。
そして「俺たちの生活が貧しいのは移民が大挙してやってきたり、メキシコ人が不法入国したりして安い給料で仕事を奪っているからだ」と外国人に敵意を燃やしている。
また追いつめられてた中間層も同じくいらだっており、こうした人々はトランプ氏の主張に耳を傾ける。

 トランプ現象とは貧しい貧困階層と追い詰められた中間層が今までのようなアメリカ人としての余裕をなくし、すべて本音で自己主張する現象をいう。
もう世界のために働くなんてまっぴらだ。アメリカはアメリカ人のことだけ考えていればいい。イスラム教徒など見るも嫌でメキシコ人も追っ払え!!」

 トランプ氏が共和党の大統領候補になるかどうかは分からず、さらに大統領になるか どうかは分からない。しかし、もしトランプ氏が本当に大統領になると、世界政治に激震が走ることだけは確かだ。
アメリカが今の中国と同様に国益だけを主張し、自由気ままにふるまい、世界中から軍隊を撤退させようとするだろう。
世界のことなんて知らん、中国を包囲したかったらあんたら勝手にやれ。北朝鮮など本当はへでもない。アメリカが攻撃されないのであれば手を出さないのがアメリカの外交政策だ!!!」

 そうした意味で日本にとって非常に危険な大統領候補で、オバマ大統領が「アメリカは世界の警察官ではない」と公言したがそれを露骨な方式で推し進めるのがトランプ氏の外交になるだろう。

注)ただしこうしたアメリカの引きこもり現象は私が先に指摘した21世紀が新しい中世になるという現象の一つの例ともいえる。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/pppp-2.html

|

« (28.2.24) 資源国の時代から消費国の時代に  日本にとっては天の恵みだ!! | トップページ | (28.2.26) 韓国経済はどこまで凋落するか!! 失われた20年が始まっている。 »

評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題」カテゴリの記事

コメント

トランプ氏の発言はマスコミの断片的、そして極端な発言ばかり見聞していますがアメリカ下層白人の本音を代表してるんでしょう。
メキシコ人、シナ人、イスラム教徒そして我々ジャップが標的ですね。没落した中間層の不満と不安増大でその憎しみを増大させる大衆煽動家、今のところ好調ですが最終的には難しいと思いますが。極端に過ぎる発言はアメリカの金融マスコミを握るユダヤ社会の支持を受けられるでしょうか。また企業献金がムチャクチャ認められる選挙ですから結局は彼はダメと言う事でしょうし、そう願ってますがどうでしょうかね。

日本も安倍さんが楽天の三木谷、人材派遣業になった竹中平蔵などの意見でTPP参加、移民受け入れ、労働派遣法改正、マイナス金利など国民の不安を無視した政策を強行しているが日本にも没落中間層、非正規労働者、生活不安の高齢者などアメリカと同じく不安不満層は増大しています。
TPPはクリントン氏まで反対を明言しているし、為替相場にまで言及し国内回帰、国内優先です。反日的発言からこの女もトランプと同根と思います。
弱小日本はいつアメリカに切り捨てられるか、いい加減なあの民間議員連中の提言ばかりの方向で政策強行していると日本は破滅へまっしぐら、そう思いませんか。

投稿: 絶望人 | 2016年2月25日 (木) 09時05分

メルケルの変心、仏ルペン、英国・デンマークなどでも保守化。
来年1月にトランプ就任、5月にルペン就任なら内向きが一気に進みますね。ブロック経済ではないが、精神は同じです。

投稿: NINJA300 | 2016年2月25日 (木) 10時21分

在米居住者の個人的な意見ですが、よほどのスキャンダルや「事故」がない限り、今のままで行けばトランプは共和党の大統領候補に当確でしょう。直接民主主義国家で多数の支持を得た候補者を潰すようなことをすれば、それを画策した当事者も潰される可能性が高いので、共和党主流派ですら出来ないと思います。
二大政党のうちのもう一党は、にわか民主党の社会主義派サンダース上院議員の追い上げによって、8年前から周到な準備を続け、盤石と言われたクリントン候補が苦境に立たされています。それほどまでに米国の一般民衆の不満は大きいと言わざるを得ません。仮に彼女が民主党の候補になっても大統領選挙は直接民主主義なので、景気がこれから大幅に良くなっていって(まあ今の経済指数を見る限りむしろ下がるでしょうが)一般民衆の賃金や職業的立場が改善されない限り、多数の米国民の不満をバックにしたトランプが勝つ可能性が高いです。共和党はルビオという、キューバ難民の息子の若い政治家を担ぎ出そうとしているが、彼の言っていることには中身がなく、彼が大統領になればいわゆるエスタブリッシュメントの言いなりになるのが見え見えなので共和党員のなかでも彼への支持は広まらないでしょう。
仮にトランプが大統領になれば、どこまで彼の言っている政策を実行するか(もしくは実行できるか)わかりませんが、少なくとも今のウォール街を筆頭とした世界を牛耳っている金融資本主義体制の終わりの始まりがスタートすると思います。それこそがロシア(そして程度の差はあれ中国やイランなどの反米諸国)が望んでいることであり、日本や欧州が望まないことです。ただし、これまで世界の消費を引っ張ってきた肝心要のアメリカ国民が借金苦、生活苦から大反乱を起した以上、今の金融体制が大幅な修正(もしくは崩壊)を迫られるのは間違いありません。
日本も真剣に米国抜きにどうやって自国を維持していくのか真剣に考え、対策を講じていかなければならない時期に入ってきていると思います。

投稿: KS | 2016年2月25日 (木) 14時23分

最初はトランプなんてと皆が思っていましたが、止まりませんね。ああいう無知なのが大統領になった本当に大丈夫なのか///怖くなります。
わたしはルビオが若くてハンサムでアメリカ人好みかとおもったのですが、そうですか。でも、それはエスタブリッシュメントにとっては都合の良い候補ですね。
オバマが安倍・プーチン会談を止めろとホットラインでいってきて、安倍が断ったことがリークされています。だれがリークしたのか?まさか、CIAのスパイが官邸にいる???

投稿: NINJA300 | 2016年2月25日 (木) 21時06分

ゴマメのひとり言。
オバマ大統領が「アメリカは世界の警察官ではない」と公言したが・・・。
とありました。私はこの件が前から気になっていました。
アメリカの誇りも、尊厳もない、腰抜けオバマの真骨頂でしょうか?
アメリカの「誇り」がなくなって、アメリカの活力が根本から失われてしまう。
もはや、あのアメリカがアメリカでなくなったのだ。
日本に力がついたら「世界の警察官となって」理不尽な国を戒めてもらいたい。
日本民族に誇りと、生命力が漲るのではないだろうか?
夢のまた夢・・・
トランプ氏は頭がすごくいいのでは?凡人の領域を遥かにこえていると思う。
ヒラリー如きが束になってもかなわない。

投稿: ゴマメの歯ぎしり | 2016年2月26日 (金) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.2.24) 資源国の時代から消費国の時代に  日本にとっては天の恵みだ!! | トップページ | (28.2.26) 韓国経済はどこまで凋落するか!! 失われた20年が始まっている。 »