« (28.2.4) 黒田バズーカが不発に終わり資源国経済が崩壊に向かっている!! | トップページ | (28.2.6) 日本農業が世界に羽ばたきだした。日本食が大ブレイク!! »

(28.2.5) またまた大逆転 シャープの経営再建方法 はたしてホンハイに決まるか?

Dscf5946 

 なにがなんだか分からなくなってきた。シャープの経営再建方法である。
つい最近まで産業革新機構から3000億円の出資を得、さらに金融機関から3500億円の資金援助をえることで再建の方向は決まったとされていたが、またまた大逆転の様相だ。

注)産業革新機構からの支援を受け入れるとの報道がされていた経緯は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/ppppsya-puno.html

 この1月末にホンハイ郭台銘薫事長)から再提案がなされ、従来の金額を1000億円程度上積みして7000億円の買収提案がなされたようだ。
さらに郭会長役員と従業員の首切りはしないことと、金融機関に資金援助を求めないと言ってきたようで、シャープ役員と金融機関が舞い上がってしまった。

 一方の産業革新機構の提案は役員は総退陣し、従業員のリストラを実施し、さらに金融機関に は3500億円の支援(債権放棄を含める)を求めるものだから、ホンハイの提案に比較すれば天と地の違いがある。

 それでも一時は産業革新機構のもとで再建を図ることにしたのは経済産業省の「シャープの液晶技術を国外のメーカーに持っていかれるのは何としても避けたい」という政治的要請があったためだが、シャープはホンハイの何とも魅力的な提案に飛びついた。
私だってシャープの役員だったら一も二もなくホンハイの提案に飛びつく。
よかった、まだ役員でいられる・・・・・・・

 シャープにとっては役員も従業員も首切りがないのだからこんなにうれしいことはなく、一方金融機関は債権放棄をしないですむのだから決算にも好影響する。
ホンハイは世界的な企業でシャープが最も苦手な営業力を十分に持っているし、従来の中国シフトからインドシフトに営業方針をかえていて、日本としてもとても相性がいい。

注)ホンハイが中国から追い出されている経緯は先に記載した。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-1547.html

 私は従来からホンハイの傘下でシャープが生き残るのはいいことだと思っていたし、そうした内容のブログを書いてきたので今回の報道 を好意的にみている。
シャープは技術力はあるが販売力に決定的な弱点があり、一方ホンハイは技術力はないが販売力は抜群だ。相性は抜群にいいし、日本と台湾の提携は対中国政策としても重要な一歩になるじゃないか・・・・・・」という気持ちだ。

 もっとも今回のシャープ役員会の決定内容は、ホンハイに身売りをすることが決定したわけでなく、優先交渉権をホンハイに与えただけだから、またどんでん返しがある可能性はあるが、経営的に考えればホンハイの提案がシャープにとって望ましいのは当然だ。
はたして経済産業省は次の一手を打つのだろうか?

 

|

« (28.2.4) 黒田バズーカが不発に終わり資源国経済が崩壊に向かっている!! | トップページ | (28.2.6) 日本農業が世界に羽ばたきだした。日本食が大ブレイク!! »

評論 日本の経済 シャープの経営問題」カテゴリの記事

コメント

今回の報道を聞いて、驚くとともに、山崎所長の指摘する通りになったなと思いました。
求められているのは販売力、営業力なのですから、両者は良い組み合わせだと思いますね。
我が家では、結婚した時に買い求めたシャープの電子レンジが、まだ現役で活躍しています。31年目です。関係ないですね。

投稿: バイオマスおやじ | 2016年2月 5日 (金) 07時42分

役所主導でジャパンディスプレイと統合が妥当なとこと思ってましたが鴻海が優先との報道、私には思わぬ展開と映ります。
先にホンハイはシャープに出資すると言って約束を反故にした前歴があり又同じ轍を踏むのではと甘すぎる話、信じられません。
約束履行の為の詰めを行う時間が必要で最終結論、つまり身売り話の最終結論は少し後日となったのでしょうね。

ジャパンディスプレイはソニー 日立 東芝の出身者で構成、そこにシャープが遅ればせ合併されても肩身の狭い思いがすると思います。
シャープは優秀な開発設計の人材はほぼ全て自主退社済との報道もあり、取得済み特許だけが財産で鴻海は高い買い物となります。
日本の企業でなくなったシャープの、鴻海/シャープの特許は精査され迂回特許で突破されるでしょう。その為に特許は次々と更新対抗する必要
がありますがその人材はもうシャープにはいないようです。人材が去ったシャープはたちまち路傍の石、無力な存在と化すでしょう。
役所主導で税金投入しなくて結果良かった、の話になるような感じです。 人材に見切りをつけられたこんな会社にはもう何にも・・・・。

投稿: 絶望人 | 2016年2月 5日 (金) 09時29分

表記の会社との液晶開発に関係していたものです。

FOXCONは狙いが見え見えでそっちに役員が引っ張られないか心配しておりました。
案の上そちらに傾きかけていますね。

やっぱり保身が透けて見えていてやりきれない思いです。

液晶技術は長年の名もない皆さんの努力の賜物であり、シャープやその関連会社を成長させた重要な柱でした。

決して一時期の一部の役員によってその将来の運命を左右させていいものでしょうか。

2012年末より、3年間の猶予の内に経営を立て直せなかった現執行部は、潔く退社すべきだと思っております。

そしてフォンハイがちゃんと7000億円も準備できるかどうか、現状の台湾、中国の経済状況を俯瞰しますとそれこそ大博打のように思えます。

社員諸氏、株主諸氏もよく考えてもっと意見を出すべきでしょう。自分が生きるか死ぬかという問題です。

現状ではあくまで私見ですが、社員とその家族を売って役員が自己保身しているとのそしりは免れないと思います。

しかも技術を更に流出させ国益も損ねています。

少々熱くなりすぎて、コメント欄を汚すことになり誠に申し訳ありません。

投稿: 関西在住 | 2016年2月 5日 (金) 12時56分

自殺で有名なホンハイは台湾企業ですが、すでにシナ共産党の手におちているそうです。つまり、純粋な台湾企業ではありません。日本のブランドと技術をシナにとられないために、産業革新機構が買収したほうがいいと思います。

投稿: NINJA300 | 2016年2月 5日 (金) 15時37分

東京都知事が尖閣諸島の買収を検討した際、その当てつけとしてホンハイの会長が尖閣買収を発表していました。
中国の習さんとホンハイの会長は個人的な繋がりが強いのは有名です。
台湾国会の学生デモでは、国民党側を支持し学生デモを強く批判しています。
外省人の暴力組織(暴力団)が学生へ大規模な殴りこみを掛けましたがそのトップとの繋がりも強いです。
所謂、外省系の台湾人=大陸回帰の中国人です。

シャープが買収されれば、特許を吸い上げられた上で人件費の高い日本人の大規模解雇が始まるでしょう。
煽った後に条件を変えて自分の利益だけ確定し、相手をボロボロにして契約を骨抜きにするタイプです。台湾で炎上王と呼ばれ台湾の若者から嫌われています。

今回の買収は台湾人・日本人の利益や友好とは程遠いものです、なぜ好意的な結論されているのか疑問です。中国+国民党と癒着した政商に期待しても裏切られるだけではないでしょうか。日本の政治的な判断で産業革新機構が動いたのも、中国側への技術漏洩と中国勢の勢力拡大を嫌ってのことです。

台湾人の皮を被った中国人、住んでいる台湾より大陸民族の意識が強く、中国や売国(国民党)と癒着する政商。それがホンハイ会長です。
分かりやすくいえば台湾版・孫正義です(日本人の皮を被った韓国人、住んでいる日本より韓国民族の意識が強く、韓国と売国の民主党議員と癒着する政商)。

投稿: うねび | 2016年3月16日 (水) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.2.4) 黒田バズーカが不発に終わり資源国経済が崩壊に向かっている!! | トップページ | (28.2.6) 日本農業が世界に羽ばたきだした。日本食が大ブレイク!! »