« (28.2.2) 復興団地は作っても入居する人がいない。東日本大震災の5年後の現実 | トップページ | (28.2.4) 黒田バズーカが不発に終わり資源国経済が崩壊に向かっている!! »

(28.2.3) 「お願い、中国様、FTAの約束守って!!」 韓国の悲痛な叫び

Dscf6441 

 中国と韓国が貿易戦争に突入した。ちょうど1か月前に中国と韓国はFTA(自由貿易協定)を発行させたばかりなのに、さっそく中国が新しい非関税障壁を設定したからだ。
非関税障壁の内容は「電気自動車に採用するバッテリー電池はLFP(リン酸リチウム電池)だけで、ニッケルコバルト電池は補助金の対象にしない」というものだ。

 じつはLFP は一世代前のバッテリー電池で中国企業はこの電池しか生産できない。一方ニッケルコバルト電池は最新の電池でこれを生産しているのは韓国のサムスンSDIとLG化学、それと日本のパナソニックしかない。
だから中国政府は中国の電池メーカー保護のためにLFPの電池自動車だけに補助金を出すことにし韓国企業の追い出しを図った。

 中国では大気汚染対策の一環としてバスを電気自動車化する方針を立て費用の半額以上の補助金を出している。今まではどのような電池でも補助金の対象にしていたが、それをLFPだけに限定することに変更した。
もっとも中国もFTAの手前露骨な非関税障壁は設定できないので「ニッケルコバルト電池は環境対策が十分でないためバッテリー電池はLFPだけにする」と何か訳の分からない説明をしている。
おさまらないのは韓国で中国の電気自動車市場の拡大を見込んで、サムスンSDIとLG化学はそれぞれ中国にバッテリー工場を建設したばかりだからだ。
ええー、工場を中国に新設したのに我が社の最新鋭の電池は補助金の対象外になるのかい・・・・

注)パナソニックも中国にリチウムイオン電池の工場建設をすることにしたが、これも補助金の対象から外されるだろう。

 韓国が真っ青になったのは理由があって、現在韓国企業の中で唯一黒字なのはサムスングループとLG電子グループだけで後の企業体は軒並み大赤字に陥っていることだ。
サムスンとLG電子が最後の望みなのに中国はこの2社を追い落とそうとしている。自由貿易協定がこれでは全く機能していないではないか・・・・・・・」

 中国は中国企業がこのニッケルコバルト電池の開発ができるまで旧モデルのLFPしか中国のバスに採用しないというからめ手に出てきた。
うるせい、中国の電池産業を守るためには韓国企業など知ったことではない!!」

 現在韓国経済は奈落の底に落ちつつある。16年1月の貿易も散々で、韓国自慢の輸出が対前年比で▲19%も落ち込んでいる。自動車▲22%、携帯▲7%、半導体▲14%、ディスプレー▲31%等と柳経済担当副首相がこの数字を見て「ああーーーーーーー」と叫び声を上げたほどの惨状だ。
そこに最後の砦と思っていた自動車用バッテリーも中国から締め出されては韓国の生きるすべがない。

 もっとも中国としてはFTAなど最初から守るつもりはなく、勝手気ままな適用と解釈はいかにも中国的だが、中国を信じた韓国が愚かだということだ。
パク・クネ政権は中国に媚びを売ることで生きながらえようとしてきたが、実際は今回の電気自動車用バッテリーに見られるように中国は韓国のことなど歯牙にもかけていないことが判明した。

 だがパク・クネ政権はあまりに中国に肩入れしたために今ではアメリカ組からそっぽを向かれており、自慢の蝙蝠外交は破綻してしまった。

 

 

|

« (28.2.2) 復興団地は作っても入居する人がいない。東日本大震災の5年後の現実 | トップページ | (28.2.4) 黒田バズーカが不発に終わり資源国経済が崩壊に向かっている!! »

評論 世界経済 韓国経済」カテゴリの記事

コメント

中韓FTA協定がどのような内容か全く存じませんが、この様な条約は締結国間の力関係で内容が大きく異なると聞いております。
おそらく輸出依存度が極端に高い韓国は条約締結交渉では高い代償を支払っているものと思います。
両国間で紛争が起きた場合(今回の事態をシナが協定違反と認めるか疑問ですが)仲介裁判をどちらで行うか、そもそも非関税障壁条項
取り決めがあったのか。 シナは自国に依存する韓国は属国と決め込んでいますので恐らく裁判でも協定違反など絶対に認めないでしょう。

米韓FTAを見ても韓国の立場は全くないがしろにされており、シナも韓国に対し同じ条件で臨んだはず韓国には同じような屈辱的条約でしょう。
ところでTPP条約は日米両国間だけでなく、周辺に多くの国々が並立するだけアメリカの横暴を抑制できる面があります。 この程度で済めば上々
の条約かもと思います。

投稿: 絶望人 | 2016年2月 3日 (水) 10時11分

サムスンやLGはたしかシティグループ(国際金融資本)ですよね。なぜ、シナなんかに電池工場を造ったのでしょうか?物流がよかったから?いずれにしても、シナ投資はリスクが高いと身にしみたことでしょう。ところで、サムスン、LGともに人件費の高いシナやタイからベトナムへ投資してきています。現時点では、部材・原料はシナからの調達する比率が高いですが、次第に下がっていくと予想しています。代替はインドとかASEANでしょう。

投稿: NINJA300 | 2016年2月 3日 (水) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.2.2) 復興団地は作っても入居する人がいない。東日本大震災の5年後の現実 | トップページ | (28.2.4) 黒田バズーカが不発に終わり資源国経済が崩壊に向かっている!! »