« (28.2.1) ベンチ補修のボランティア活動は懸命にしているけれど・・・体力との勝負になってきた!! | トップページ | (28.2.3) 「お願い、中国様、FTAの約束守って!!」 韓国の悲痛な叫び »

(28.2.2) 復興団地は作っても入居する人がいない。東日本大震災の5年後の現実

Dscf6362 

 きっとそうなるだろうなとつくずく思ってしまった。東日本大震災後に政府が音頭をとって実施している防災集団移転促進事業(防集)によって作られた団地に人が住んでいないと毎日新聞が報じていた。
津波が来ても絶対に被害にあわないためには高台に住宅団地をつくることになるが、そうした場所はほとんどが大変不便な場所だ。
災害にあうまえは海沿いに住宅があったが、こうした場所は災害危険区域に指定されたため住宅が建てられなくなっている。

 毎日新聞が報じた例は宮城県石巻市の桃浦地区という漁村だが、震災前は65世帯150人が暮らしていたという。このうち震災後も桃浦地区に残って生活すると意思表示したのは24世帯71人で、実際に団地ができて戻ってきたのは5世帯の6人になってしまったという。
しかも6人のうち5人が65歳以上の高齢者で、さっそく限界集落65歳以上の人口が半分を越えた集落)になってしまった。
毎日新聞の報道は団地が限界集落になっているということを中心に取り上げていたが、本質的には団地を作っても住む人がいない方が問題だ。

 日本は全体としても人口減少社会だが、特に東北の太平洋岸の漁村は毎年のように人口減に悩まされていて、若者がほとんど街に出てしまい残されたのは老人ばかりになっていた。
それが東日本大震災後ではその残っていた老人も避難生活で街に移り住むか他界してしまって、元の漁村に戻る人がほとんどいなくなっている。

 残された漁村に はスーパーもコンビニも病院も学校もないのだからそれだけで生活するのも大変だが、老人は病院がないことが一番心配だし、子供のいる家庭では学校がなくては住むこともできない。
従来は何とか最低限のこうした施設があったものの、いまでは漁港に復興事業の一環として建設された工場があるだけであとは何にもなくなってしまった。

 当初県ではこうした住宅地をまとめて大きな団地にするつもりだったが、住民の希望は元の土地に住みたいということだったため、小規模の団地があちこちにできることになった。
しかし実際に造成が済んでみるとこうした場所に移転してくるのは故郷に愛着を持った老人でまだ健康な人だけだから極端に人数が少なくなり、当初の移転希望者71人のうち住宅を建てたのは6人になっている。

 政府は創造的復興という概念を掲げて懸命に団地の造成をしているが、創造をすべき人がいないかあるいは高齢すぎて創造なんて言葉が最も遠い存在になっている。
その結果団地づくりは日本のいたるところにある無駄な公共施設の建設と同じ運命をたどっている。

 現在建設を計画しているこうした団地の数は314地区1万4千人が対象だそうだが、造成が終了して実際に入居が始まるとほとんどの人が故郷に戻ってこないというのが現実だ。
一旦便利な街に移り住んだら、復興団地以外には何もないこうした団地に人が戻るはずがない。
結局いたるところに小規模団地ができるが、ちょうどバブル崩壊後の工場団地や住宅団地と同じでぺんぺん草が生えているだけの場所になってしまうだろう。

 時間が経つにつれて老人は死に絶えていくし、そもそも若者はほとんどいないのだからもともと過疎地であったので、そこにいくら復興団地を建設しても入居者がいないのは当然だ。
この防集事業は見直しが必要な時期にきている。


 

|

« (28.2.1) ベンチ補修のボランティア活動は懸命にしているけれど・・・体力との勝負になってきた!! | トップページ | (28.2.3) 「お願い、中国様、FTAの約束守って!!」 韓国の悲痛な叫び »

災害 東日本大震災 政治」カテゴリの記事

コメント

地元です・・・なんとか集落を形成していた地域が、大震災によりトドメをさされました。土地造成に時間がかかることは理解するのですが、地元を離れ5年も暮らせば新しい場所になじんでしまうもの。もと居た場所に戻りたいのは、新しい環境になじめない高齢者だけとなってしまいます。さらに地元と言っても、高台を無理矢理造成した荒涼とした土地なだけで、もはや昔、住んでいた景色でも無く、支え合った人間関係も有りません。人間は知恵があります。無慈悲な災害を糧として、よりよい方向を考えていただきたいと思います。

投稿: ken | 2016年2月 2日 (火) 08時59分

直接のコメントでなく済みません。
「お前たち子供は多すぎる、日本は狭い国土に人が多すぎる。日本は江戸時代の人口程度がピッタリだ。」 田舎の小中学校で教師どもが子供たちに浴びせていた言葉、忘れられません。 田舎教師の狭い料簡で子供に吐いた言葉ですが、小面憎いご面相は未だ焼き付いています。
その九州の城下町は今人口減、かつストロー現象で中心部はガラガラ駐車場空地ばかり、周辺農村部から行く必要も魅力もなくなり江戸時代どころか・・・・、災害でなくとも地方はどこにも見られる現象でしょう。 あの街も思い出だけが、行っても昔の面影は自然の山、川、そして城跡の城壁だけ。

無理な地方活性策は無駄です。自然災害が直接のきっかけで衰亡の危機ということですが、県庁所在地さえ街によっては存在価値ご問われるご時世、一極集中に問題があろうと今東京大阪など大都市の競争力を高めないと外国に負けます。 アジアの中でシンガポールにもうとっくに負けてるじゃーありませんか。 東京に集中すべきです。 田舎はゆっくり静かな野山に戻っていくしか・・・、また田舎に行く人もきっといますよ。 無理な復興は無意味です。 鉄道復旧など狂気の沙汰、どうやって採算を取るつもりか。

投稿: 絶望人 | 2016年2月 2日 (火) 11時49分

私も少しずれます、すみません。
たいてい残された漁村、津波に襲われた地域には、
海の神様や村を護る神様がまつってある神社や寺があります。
ある正月番組で残された人々が修復された寺にお参りする姿をテレビで見ました。
本来、神や仏は信仰する者を護るのが使命のはずだが護らなかった、たくさん死んだ。
何故だろう?とその時思いました。
貢がれるだけじゃなくて護ってやればよかったのに。
そのことを、お参りしてた人や坊主や神主はどう思っているのでしょう?

投稿: 油ヶ池 | 2016年2月 2日 (火) 13時57分

憲法27条には「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う」となっています。老人も国民なので、勤労の義務があります。朝から病院ばかり言ってる場合ではありません。仕事がないならば、政府はなんとかすべきでしょう。

また、無理に危険な地域に住むことはありません。危険ではないところに住めばいいのではと思います。

肉体・精神的に働けない老人はもちろん別です。

老人のいなくなったところに、シナ人などがくれば治安は最悪になるのでそれだけはやめてほしいです。

投稿: NINJA300 | 2016年2月 2日 (火) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.2.1) ベンチ補修のボランティア活動は懸命にしているけれど・・・体力との勝負になってきた!! | トップページ | (28.2.3) 「お願い、中国様、FTAの約束守って!!」 韓国の悲痛な叫び »