« (28.1.31) 日銀黒田バズーカの炸裂 「驚いたか、今度はマイナス金利だぞ!!」 | トップページ | (28.2.2) 復興団地は作っても入居する人がいない。東日本大震災の5年後の現実 »

(28.2.1) ベンチ補修のボランティア活動は懸命にしているけれど・・・体力との勝負になってきた!!

Dscf7087
(補修後)

 今日(31日)は本当にフラフラになってしまった。
久しぶりにベンチの補修作業をしたからだ。
金沢小学校の横にあるはちまんがた公園ベンチ4基の板をすべて新しい板に差し替え、台座にさび止めを塗布しておいた。
 
 私は昨年の5月に急に目が見えなくなってそれ以来今も病院通いをしているが、長期間副腎資質ホルモンの錠剤を呑んでいるせいか、免疫力がなくなってきたようで何かちょっとしたことで疲れてしまう。
本当は年寄りらしくベンチの補修などはやめて家でのんびりしていたいのだが、何しろおゆみ野界隈の公園のベンチをすべて新規に取り換える決心をした手前、休んでいるわけにいかなくなってしまった。

 ここおゆみ野は開発されてから40年近く経つのだが、その間ベンチは壊れた時だけ補修をしてきたものの、それ以外はそのままのため木の板が腐ってきたりして哀れな状況になっている。
2年前からおゆみ野クリーンクラブと緑の会議の共同事業としてこのベンチの補修を手掛けてきた。

Dscf7084
(補修前)

 だが実際に始めてみると技術的にはかなりハイレベルな作業になり、1年間に実施できる作業量は15基前後が限界で、周辺の公園のベンチすべてを交換するには何年かかるかわからないような状況になっている。
公園の数は20以上はあるから、こりゃベンチよりも私の寿命が先に尽きてしまいそうだ・・・

 実際の作業は緑の会議のカーペンターオクさんとクリーンクラブの私と小太郎姉さん3名で実施している。
ときどき他のメンバーが加わるときもあるがレギュラーはこの3名だ。
ベンチの板の大きさはそれぞれ異なる場合が多いため、おゆみ野の森であらかじめ購入した木材を製材し防腐剤を塗布して準備をし、当日は公園で古い材木を外し用意した新しい木材に変えている。

 作業としたらその程度のことなのだが実際に始めるとトラブルが必ず出てくる。留めてあったねじが外れないため新たにねじ穴を作らなければならなくなったり、ねじがスカスカになっていてどうにもならない場合もある。
今回は朝の10時から午後の4時までかかってようやくのことで4基の補修が完了した。
真新しいベンチはとても美しく今までの朽ち果てたベンチ比較すれば格段の差があるが、そうしたことを認識しているのは我々だけで、一般の市民はただベンチがあるので腰かけているといった状況だ。

 体力がなくなり今でも目がしょぼしょぼしているので肉体作業は実に疲労感がたまる。
家に帰ってからは中学生と高校生に勉強を教えたのだが、この日は眩暈がした。
こりゃたまらん、カラダが悲鳴を上げている
今年は70歳になる。体力限界に近づき神様からお呼ばれになる日も近そうだ。

 

|

« (28.1.31) 日銀黒田バズーカの炸裂 「驚いたか、今度はマイナス金利だぞ!!」 | トップページ | (28.2.2) 復興団地は作っても入居する人がいない。東日本大震災の5年後の現実 »

ボランティア おゆみ野クリーンクラブ」カテゴリの記事

コメント

頭が下がります。お疲れ様です。

投稿: NINJA300 | 2016年2月 1日 (月) 10時53分

どうかお体ご慈愛ください。 毎日ブログ楽しみにさせていただいてます。

(山崎)心配してくださってありがとうございます。

投稿: 小東洋 | 2016年2月 2日 (火) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.1.31) 日銀黒田バズーカの炸裂 「驚いたか、今度はマイナス金利だぞ!!」 | トップページ | (28.2.2) 復興団地は作っても入居する人がいない。東日本大震災の5年後の現実 »