« (28.1.24) 天動説の韓国人 「日本が要請するならばスワップ協定を結んでやる!!」 | トップページ | (28.1.26) 「翁長知事の野望を阻止せよ!!」 政府 首の皮一枚の勝利  宜野湾市選挙結果  »

(28.1.25) 大相撲が長いトンネルを抜けた。 日本人力士琴奨菊が10年ぶりに優勝

Dsc_00141
(友達のブログ「ちば公園のベンチから」に掲載された朝焼けの利根川。すごい雲が映っている)

  私は昔からの相撲ファンだから大相撲の中継は必ず見てきたが、今回は大関琴奨菊が14勝1敗で初優勝し10年ぶりで日本人力士が賜杯を手にした。

やれやれ、やっと日本人力士が優勝したか。とてもうれしいがそれにしても長いトンネルだった・・・・・
何か日本経済の失われた10年のような感じだ。

 ここ10年、優勝といえばほとんどがモンゴル勢で白鵬か日馬富士か鶴竜と相場が決まっていたのでよもや琴奨菊が優勝するとは思わなかった。
それほどモンゴル勢の力は圧倒的でとても日本人がかなうとは思われなかったからだ。

 琴奨菊についても大関として十分な成績を残してきたわけでなく、なんとか8勝7敗でかろうじて大関にとどまっていたのが実態でいつ大関から陥落するかはらはらしながら見ていたものだ。
ガブリ寄りという独特の押し相撲が身上だが、いままでは足が出て行かずせっかく追い詰めても土俵際で突き落されることが多く見ていてがっくりした。

 それが今場所は痛めていた胸の大胸筋が改善したからか、特に胸の筋肉が盛り上がっており、出足も鋭くなり土俵際で突き落されることもなくなった。
ガブリ寄りの圧力もまして3横綱を撃破し、目を見張るような活躍だ。

 私は白鵬が好きだから白鵬が優勝すればそれなりに嬉しいが、一方日本人がモンゴル勢に蹴散らかされてばかりいたのには、さすがに忸怩たる思いもあった。
日本人はモンゴル人より体力が劣るのだろうか。横綱はすべてモンゴル人だし、優勝するのもモンゴル人だ。どこに体力の違いがあるのだろうか・・・・・・・・

 スポーツの世界では確かにある特定の人種が活躍している種目があり、たとえばマラソンなどはアフリカの東部のケニア、エチオピアの選手が優勝と相場が決まっており、一方短距離種目はアフリカの西部からアメリカ等に渡ったニグロ系の黒人選手と相場が決まっている。
私の友達の実業団の選手が、「長距離種目では体格的に明らかな有意な特徴があり、そのために日本人がどんなに努力してもマラソンで東部アフリカの選手を破ることは不可能だ」といっていた。

 しかし大相撲に関してモンゴル人と日本人の間に有意な相違があるという研究などは見たこともない。体格なども全く同じようなものだし、顔つきを見ても日本人とほとんどかわらない。
私はモンゴル人と日本人の間に特別な相違はないと思っている
そうなるとあとはどれだけ堪えて力士として大成するかにかかってくるが、日本人が大相撲の古いしきたりと厳しすぎる上下関係と激しい稽古に堪えられなくなってきたのだと思う。

 スポーツで言えば野球やサッカーといったはるかに近代的でしかも高い所得が得られるスポーツがいくらでもあるのだから、相撲界のような江戸時代そのものの世界に入ろうとする若者はいないし、またいたとしても厳しい修練に堪えられないのだろう。
昨今の日本人力士のほとんどが親方二世か大学相撲で横綱を張った学生相撲出身者で、かつてのような北海道や東北地方の貧しい山村出身者はほとんどいなくなっている。
第一山村に子供自身が存在せずいるのは老人ばかりだ。

 大相撲もしばらく前に は八百長事件が発覚してすっかり人気がなくなり、特に九州場所などは観客がほとんどおらず閑古鳥が鳴いていたが、ここ数年大相撲の人気が復活した。
大相撲は他のスポーツにない特色がって、それは6時までに興業が終了することだが、野球やサッカーは6時以降が中心だ。
そうでないと一般のサラリーマンがスポーツを観戦できないからだが、相撲が6時に終わると言うことはサラリーマンを相手にしておらず、もっぱら暇人の金持ちと企業接待が大口需要先だったことが分かる。

 企業が重要な顧客を接待してもてなす場が大相撲でそうした意味で力士は芸者とさして変わらない立場にあった。
しかし停滞の20年で企業は接待費の削減を続けてきたから接待需要が低迷し、さらに八百長が発覚したこともありほとんど観客からそっぽを向かれていた。
それが復活してきたのは日本経済の復活と足取りをあわせているからで、大相撲と日本経済は明らかな正の相関関係がある。
そうした意味で琴奨菊の優勝は本格的に日本が復活してきた象徴でもあるといえる。

 

 

|

« (28.1.24) 天動説の韓国人 「日本が要請するならばスワップ協定を結んでやる!!」 | トップページ | (28.1.26) 「翁長知事の野望を阻止せよ!!」 政府 首の皮一枚の勝利  宜野湾市選挙結果  »

スポーツ 大相撲」カテゴリの記事

コメント

相撲には変なものがはびこっているようですから、モンゴル人が優勝してくれたことで、ちょっとは浄化して、とても良かったと思っています。変なものをはびこらせる、たまり水では困ります。国技なんですから。

投稿: NINJA300 | 2016年1月25日 (月) 09時00分

日本国内だけの競技の相撲ですからどうしても国内出身者を応援、気になると言う事なんでしょうね。
出身地元の応援はいいですがあまり国籍を言うのはどうでしょうか。 経済と絡めての分析は大変結構です 成程と思います。御見識ですね。
マスコミ報道はちょっと恥ずかしく思いますモンゴルはじめ外国出身者は今寂しいでしょう。国籍はあまり言わないことにしませんか。 
大横綱白鵬関も一代親方を認めるべきと思いますが。

投稿: 絶望人 | 2016年1月25日 (月) 17時44分

まあ、不思議な現状ですね。世界中から有望な人材をスカウトしといて日本人に優勝して欲しいと願うのはどんなものでしょう?国技国技と騒ぐわりには、外国人力士が相撲精神の神髄を理解しているとも思えないし。

投稿: ken | 2016年1月26日 (火) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.1.24) 天動説の韓国人 「日本が要請するならばスワップ協定を結んでやる!!」 | トップページ | (28.1.26) 「翁長知事の野望を阻止せよ!!」 政府 首の皮一枚の勝利  宜野湾市選挙結果  »