« (28.1.7) 中国株式市場の落城 「殿、サーキットブレーカーも効きませぬ、お覚悟めされい!!」 | トップページ | (28.1.9) 世界経済の転換点 中国経済崩壊の始まり 「大変だ、中国経済が脳死した!!」 »

(28.1.8) 北朝鮮は水爆実験だというけれど・・「あんた、原爆実験と何ら変わらないじゃないか!!」

Dscf5312 
 
 北朝鮮のすることはいつもドン・キホーテ並みだが、今回の水爆実験の発表もそのたぐいだ。
朝鮮中央テレビは1月6日の正午に特別重大発表があると予告し、いつもの絶叫おばさんがその重大発表を読み上げたが、内容は水爆実験に成功したというものだった。
新しく開発された試験用水爆の技術が正確であることを完全に実証し、小型化された水爆の威力を科学的に解明した
そう言って絶叫おばさんは満面の微笑みを浮かべた。

 このニュースに世界中が大騒ぎになりさっそく国連で制裁決議をすることになったが、実験の規模が明らかになるにつれ発表内容と実際の規模との乖離があまりに大きいことに専門家が気が付いた。
通常水爆は原爆の1000倍程度の爆発規模があるのに、今回の実験は今までの原爆レベルとさして変わらない小規模爆発だったからだ。

 爆発の大きさはTNT火薬の爆発規模を基準に決めるのだが、誰が計算しても10キロトン前後で北朝鮮が13年に実験を行った原爆の8キロトンとさして変わらず、広島の原爆の15キロトンよりも爆発規模が小さい。
原爆より爆発規模の小さな水爆とはいったいなんだろううか?」誰もが首を傾げた。
アメリカのアーネスト報道官はもっと明確に「我々の初期の分析と、北朝鮮が水素爆弾の開発に成功したとする主張は一致しない」と切り捨てた。

 アメリカや中国や韓国の専門家は「これは水爆の実験でなく水爆もどきの実験だろう」と認識している。
原爆と水爆の違いは前者がウランやプルトニウムの核分裂のエネルギーを使用するのに対し、後者は重水素の核融合のエネルギーを使用する。核融合とは太陽の爆発とおなじだとおもえばいい。
ただし核融合は高温・高圧下でないと発生しないため、まず原爆を爆発させて高温・高圧にしてそれから核融合を行うという手順が必要だ。

 今回北朝鮮が行ったもどき実験の可能性は二つあるという。
一つはブースト型核分裂兵器といわれるもので、これは原発をほんの少しの重水素でくるんだもので本質的に原爆の改良型である。
もう一つは水爆の起爆装置としての原爆の実験で、水爆部分は完成されていないので、とりあえず起爆装置の実験だけを行ったというものだ。

 いづれにしても北朝鮮のいう水爆の実験に成功したというのはいつもの誇大宣伝で、未だに原爆のレベルを越えていないというのが専門家の見方だ。
なんだ、また嚇かしやがって、水爆なんてどこにもないじゃないか・・・・・

 北朝鮮の誇大宣伝は世界の専門家の物笑いの種になっているが、なぜ北朝鮮はクロウトが見たらすぐに水爆実験ではないと見破られるのに水素爆弾だというかというと、キム・ジョンウン第一書記の命令が水素爆弾の実験だったからだ。

科学者「困まりました。まだ水爆なんてできていません。実験のしようがありません
政府関係者「第一書記の命令だから、背くわけにはいかない。できないなどと言ったら関係者は全員銃殺される。なんとかならないか
科学者「水爆もどきの実験ならできますが、これは水爆の実験とはちがいます
政府関係者「第一書記はもどきかどうかまでは分からない。我々がこれは水爆実験だと報告するから、あんたらはその実験の準備をしてくれ

 独裁国家では独裁者の命令は絶対だからその命令の内容に合わせて物事がすべて運ぶ。しかしできないものはできないので、その場合はそれらしく担当者が装うことになり、キム・ジョンウン氏をだまして水爆実験が行われたと信じさせることになる。
今回の発表も外から見ればとても水爆実験ではないが、北朝鮮内部ではれっきとした水爆実験になるのはそのためだ。
そうでないと関係者は全員銃殺にされるので銃殺になるよりもキムジョンウン氏を信じ込ませた方がいいに決まっている。

 かくして朝鮮中央テレビの絶叫おばさんは相変わらず「水爆だ」と叫んでいるが、何ともお粗末なドン・キホーテの喜劇になってしまった。独裁国家北朝鮮のサガといっていい。

 

|

« (28.1.7) 中国株式市場の落城 「殿、サーキットブレーカーも効きませぬ、お覚悟めされい!!」 | トップページ | (28.1.9) 世界経済の転換点 中国経済崩壊の始まり 「大変だ、中国経済が脳死した!!」 »

評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢」カテゴリの記事

コメント

引き金、水爆起爆装置の実験確認だったんでしょうね。 世界への宣言ですよ、ほとんど現実に水爆完成宣言そのものと思いますが。
アメリカは成分確認ですぐ知ることになるでしょう、単なる原爆ではなかったと。 日本にもすぐ偏西風で飛来、確認はできるはず。
小型化、少なくとも航空機積載可能となれば、ましてミサイル搭載まで進化すると日本はひれ伏すのみ。 核開発は出来ませんからね。
いい考えがあります。日本はロシアにお願いして併合してもらいますか。 
そうなって嫌、困るのは支配階級だけ。安全と北方領土もそれどころかあの広大な領土が日本領土と思えば悪くない考えでしょう。ロシア美人もいいですよ。
ロシア語の勉強を始めましょう。 あ、あのアメリカは勿論ダメです。一切当てになる国なんかではありませんから。

投稿: 絶望人 | 2016年1月 8日 (金) 11時02分

ロシア語が共通語になって、日本人はウイグル人と同じ運命でしょう。
中央アジアのロシア支配は苛烈を極めました。日本人は歴史を知らないからそういうことをいえるんです。ロシアの生き奴隷になるのはまっぴらごめんです。

投稿: NINJA300 | 2016年1月 8日 (金) 18時45分

核兵器であることに変わりはありません。
重大事態です。西村真吾先生が主張しているように、西独のシュミット首相がやったように、日本にパーシング2が必要になりました。
シールズの頭の上で戦術核が爆発しない限り、日本人はお花畑にいつづけるつもりでしょうか?冗談じゃない!!

戦術核シミュレーター
http://www.carloslabs.com/projects/200712B/GroundZero.html

投稿: NINJA300 | 2016年1月 8日 (金) 18時50分

水爆云々以前に本当に核なんですか? 

毎度 「Xe133の検出のためのデータ収集を行っています」 とは報道されても、「たしかにXe133の撒布が確認されました」 という報道はありません。
「北朝鮮が核を保有している!」というのは誰にとっても利用価値のある能書きですが、それが事実であることのしっかりとした根拠はいまだ確認できないのですが…。

(山崎)今は全世界的規模でチェックしていますから近いうちに明確なデータが検出されると思います。

投稿: ココシュカ | 2016年1月19日 (火) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.1.7) 中国株式市場の落城 「殿、サーキットブレーカーも効きませぬ、お覚悟めされい!!」 | トップページ | (28.1.9) 世界経済の転換点 中国経済崩壊の始まり 「大変だ、中国経済が脳死した!!」 »