« (28.1.6) カントリーリスクの時代 中国やインドネシアから融資を引き上げろ!! | トップページ | (28.1.8) 北朝鮮は水爆実験だというけれど・・「あんた、原爆実験と何ら変わらないじゃないか!!」 »

(28.1.7) 中国株式市場の落城 「殿、サーキットブレーカーも効きませぬ、お覚悟めされい!!」

Dsc_00121
(友達のブログ「ちば公園のベンチから」に掲載された朝もやの利根川。とても美しい写真だ)

 中国の株式市場が世界の笑いものになっている。
おやおや、サーキットブレーカーを導入した途端に発令かい!!」
サーキットブレーカーとは株価がある一定の値幅を越えて値下がりしたときに取引を停止する措置だが、中国はこれを1月4日から適用することにしていた。
その1月4日にさっそく株価が7%以上値下がりしたため慌てて中国の株式市場は取引停止に追い込まれた。

注)発動の条件は上海と深圳に上場している大手300社のCSI300指数が7%以上値下がりしたときはその日の取引が停止になる。

 中国政府はいつものPKO(株価維持政策)を発令して株式の5%以上保有している大口の株主に取引を停止させ、さらに外為市場に介入し元買いドル売りを行って人民元を買い支え、加えて金融機関に2兆円の資金供給を行った。
人民元の買い支えは資金流失を防ぐためで、元安が続くと国内の株式市場から資金が国外に逃げ出して株価が低迷するのを防ぐ措置だ。また2兆円の資金供給は「これで株式を購入しろ」と金融機関に指示をしたものだ。

注)昨年の夏場に行った中国政府のPKOについては以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/ppp-17.html

 この結果上海等の株式市場は落ち着きを取り戻したが、これは明確な官製相場で、実態経済とは無関係だからPKOの効果が薄れるとまたじわじわと株価は低下する。
現在の中国経済、特に製造業は惨憺たるありさまでどこも過剰生産に悲鳴を上げている。
なぜ過剰生産に陥るかというと生産縮小ができないためだ。

 たとえば鉄鋼業界などは典型的な国有企業からなっているが、ここは共産党幹部にとっての利権であり一方従業員にとっては大事な職場だから、間違ってもリストラなどできない。
ひたすら生産を続け場合によったら増産までしているが、一方生産された商品は販売先がないので鉄鋼の場合は世界中にダンピング輸出を行っている。これは鉄鋼だけでなく石炭、アルミといったその他の製品も全く同じで、中国はひたすらダンピングだけを行っているのでこうした商品の価格は世界的規模で値下がりしている。

注)中国鉄鋼業界のダンピング輸出の実態は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/pppp-9210.html

 それでも中国の国営企業が倒産しないのは赤字部分はすべて国有銀行が面倒を見ているからで、日本でもかつての旧国鉄がいくら赤字でも倒産しなかったがそれと全く同じだ。
ただしその結果として国有銀行の資産は劣化の一途をたどっており、日本やアメリカの基準で言うと国有銀行の資産のほとんどが不良債権になる。
1990年代後半の不動産融資にのめり込んだ長銀や日債銀や拓銀と同じだといったらイメージがわくだろう。

 だからいくら中国政府がPKOで株式を支えても一時的なもので、この過剰生産が解消しない限りどうにもならない。ひたすらじりじりと値を下げて行き、その都度中国政府はPKO を発動するがすべては一時的なカンフル注射以上の意味を持たない。
今年一年をかけて中国の株式はとめどもなく値下がりをしていくだろうが、これは1990年代に日本がいくらPKOを行っても株価が低下したのと同じだ。

 これほどひどい過剰生産恐慌になるとは中国政府も予想外だったろうが、国有企業を倒産させなければこの苦境は乗り越えられず、一方倒産させてしまうと共産党幹部の利権がなくなり、また失業者が巷に徘徊して社会が不安定になる。
それでなくてもいたるところで暴動が発生しているのにさらにそれが増加したらいくら公安警察が優秀だといっても限界がある。

 結局は国有企業は支えられる限界まで支え続けることになるが、それは赤字を垂れ流しているだけだから中国経済にとって何のメリットもない。
市場はそれを見抜いているから機会さえあれば株式市場に襲い掛かり、中国政府はその都度サーキットブレーカーを発動することになる。
そして最後は中国政府は市場に食い物にされ落城する。
殿、サーキットブレーカーも効きませぬ、城を枕に討ち死にでござる!!!」


 

|

« (28.1.6) カントリーリスクの時代 中国やインドネシアから融資を引き上げろ!! | トップページ | (28.1.8) 北朝鮮は水爆実験だというけれど・・「あんた、原爆実験と何ら変わらないじゃないか!!」 »

評論 世界経済 中国経済」カテゴリの記事

コメント

まったくです。北は核実験したし、今年は世界中が酷いことになるような気がします。
シナだけの問題ではなくて、日本ほかに大きく影響があるはずです。

投稿: NINJA300 | 2016年1月 7日 (木) 13時53分

つい昨年末でもシナはまだ大丈夫、上海総合株価は落ち着くと言ってた経済評論家がいましたが。
サーキットブレーカー(過電流遮断器)とは随分ストレートな命名だがこうも頻繁にブレーカーが落ちるとは電線の欠陥、使用機械の異常、契約アンペアの少なすぎなど原因追及と徹底的根本的対策が必要です。

もう明日は電気は通電してはいけない状態ですから、市場は絶対閉鎖すべきです。 隣家に住む住人として全く不安迷惑です。

ところで安倍さん、年金資金を株に投入しましたがどうしてくれますか。 株などに手を出すとこうなるのです。 年金資金いくら吹っ飛びましたか。
あなたも今そうなれたのは直系でなくとも祖父と父親のおかげ、北のあの男と似たようなとこを私は感じますよ。

投稿: 絶望人 | 2016年1月 7日 (木) 18時20分

>>つい昨年末でもシナはまだ大丈夫、上海総合株価は落ち着くと言ってた経済評論家がいましたが。

あれはシナの工作でカネやハニトラで弱み握られていますから。小林節なんかが代表例。

投稿: NINJA300 | 2016年1月 8日 (金) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.1.6) カントリーリスクの時代 中国やインドネシアから融資を引き上げろ!! | トップページ | (28.1.8) 北朝鮮は水爆実験だというけれど・・「あんた、原爆実験と何ら変わらないじゃないか!!」 »