« (28.1.4) 日本の再生医療がようやくブレイクスルーし始めた。頑張れニッポン!! | トップページ | (28.1.6) カントリーリスクの時代 中国やインドネシアから融資を引き上げろ!! »

(28.1.5) イスラムの30年戦争が始まった。宗教的情熱がなくなるまで戦闘はおわらない!!

028 

 宗教戦争
ほど厄介なものはない。これに対する適切な対処方法はほとんどない。唯一その有効性が確認されている方法は互いにへたばるまで戦わせることだ。
これには先例があり17世紀の前半の30年をかけて互いに相手を殺しまくったプロテスタントとカソリックの30年戦争がある。

 この戦争の舞台は当時の神聖ローマ帝国(現在のドイツ)で当時1800万人いたと推定される人口が戦争終結時には約700万人になっていた。
人口が4割に激減したのだが、大事なことは戦闘員になる若者や男性の人口がいなくなって、後には非戦闘員の老人や女性や子供しか残っていなかったといわれている。
ここまでくると戦争そのものができなくなり、あまりの馬鹿馬鹿しさにこれ以上宗教的情熱で戦争を行うことを止めることにした。それがウェストファリア条約で以来ヨーロッパでは大規模な宗教戦争は収束した。

 現在中東ではサウジアラビアイランが真っ向から対立する宗教戦争が勃発している。サウジはスンニ派の盟主で一方イランはシーア派の盟主だ。
イスラム教の世界ではスンニ派とシーア派は水と油の世界でありともに相手の存在を認められないと憎しみ合っているが、日本人から見ると何がそんなに問題なのかさっぱりわからない。
宗教的対立は対立している本人しか理解できないのだが、それは心の問題だからであり心は他人にはうかがい知ることのできないものだ。

 この1月2日にサウジアラビアがシーア派の宗教指導者を含む47人の死刑執行を行った。なぜサウジがこの時にシーア派の大量死刑を実施したかというとサウジ自身がシーア派に追い詰められつつあり、国内に約15%いるシーア派教徒の反乱を抑えるためだ。
シーア派による策動は絶対に許さない」とのメッセージである。

注)サウジアラビアの実情については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/pppp-4.html

 これに対しシーア派のイランが激しく反発し群衆がサウジのイラン大使館を焼き討ちした。かつて1979年のイラン革命時にイランは同様にアメリカ大使館を襲撃して多数の人質をとったがその再現を図ったものだ。
これに対しサウジは国交断絶を宣言し、実質的に戦闘準備段階に入っている。
やるならやるぞ、かかってこい!!!」

 サウジとイランは今までは直接に戦闘は交えていないが代理戦争はいたるところで行っており、シリア、イラク、イエメン、レバノンで互いに支持する勢力に資金と武器の援助をしているし、イエメンではサウジがシーア派に対し直接空爆を行っているがその報復攻撃はシーア派によるイランから供与された地対地ミサイルによる反撃だ。
サウジはIS(イスラム国)に対しても資金と武器の援助を行っているが、これはISがスンニ派武闘組織だからで、サウジにとってみればシーア派の打倒を叫ぶ組織はすべて味方になる。

 従来中東で戦闘状態になるとアメリカが出張って行って「まあ、悪いようにしないからここはあっしに任せなせい」なんて言って仲裁していたが、現在のオバマ政権はそうした仲裁を本気で行う気持ちはない。
理由はオバマ氏が優柔不断な性格なのと、もう一つは中東で何が起こってもアメリカ経済に及ぼす影響がほとんどないからだ。
アメリカはシェールガスとオイルがいくらでも出るから中東から輸入する必要はない。まあ戦争したければやってなさい」という態度だ。

注)アメリカとサウジアラビアの隙間風については以下参照http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/ppp-5.html

  サウジとイランのイスラム社会の戦争は17世紀のヨーロッパの30年戦争に匹敵する宗教戦争になるだろう。
この戦争で両陣営はあらゆる資源を動員して相手を打ち負かそうとするだろうが、30年戦争がそうであったように容易に決着はつくことがない。
その間宗教的情熱にかられた若者がジハードに参戦し、両国から若者や戦闘員がいなくなるまで戦争が続けられ、最後には馬鹿馬鹿しくなって止めるというのが宗教戦争の結末だ。

 宗教戦争を外部から止めようとしても無駄で相手を殺したいという情熱にかられている戦闘員がいる限り戦争は終わらない。だからこうした場合は十分に殺し合いをさせて戦闘員が互いに死滅するまでほっておくのがいい。
他国はこうした宗教戦争に巻き込まれず傍観しているのが一番でなまじ手を突っ込むとひどいやけどをしてしまうから注意がいる。

 

 

|

« (28.1.4) 日本の再生医療がようやくブレイクスルーし始めた。頑張れニッポン!! | トップページ | (28.1.6) カントリーリスクの時代 中国やインドネシアから融資を引き上げろ!! »

評論 世界経済 サウジアラビア経済」カテゴリの記事

コメント

ロシアとトルコもくすぶっています宿敵なんですね、燃え上がらなければいいですが・・・
難民問題もすごいですね、EU消滅か?
隣の国の独裁体制でもまだいいんだ難民がでるよりも!
すごい年になりそうです。

投稿: ゴマメの歯ぎしり | 2016年1月 5日 (火) 13時36分

双方に武器を提供しているシナと北は大儲けですから。傍観してばかりはいられないのでは?

投稿: NINJA300 | 2016年1月 5日 (火) 16時30分

日本人は生まれたら神社に行き、結婚式はキリスト教で、それ以降は仏教徒になる。クリスマスで騒いだ後、正月になると初詣に行く日本人の「ええ加減さ」は世界から見たらありえないです。この両国にとっては到底理解できないでしょうね。信用できないというとこかな。

投稿: たぬき | 2016年1月 5日 (火) 23時24分

西洋では30年戦争後のウェストファリア条約で寛容さを認めました。日本は多神教の神道と仏教の融合で、本地衰弱説などその上を行く寛容さをもともともっていました。
中東は30年戦争前の西欧の状況にあると思います。
つまり、日本がもっとも進歩した社会なのですね。

投稿: NINJA300 | 2016年1月 6日 (水) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.1.4) 日本の再生医療がようやくブレイクスルーし始めた。頑張れニッポン!! | トップページ | (28.1.6) カントリーリスクの時代 中国やインドネシアから融資を引き上げろ!! »